海でも陸でもハンティングの神髄は同じ


RIMG0887.jpg


スピアーフィッシング
それは、海のハンティング。(2回目)








RIMG0917.jpg


(ついに、スピアーフィッシングも今日で最終日。
でも、これまで『自慢できる』ような獲物は獲れてないなぁ・・・。)


 


「んッ?」

 
x7dfwr.jpg


x5dert.jpg

(今、岩陰から飛び出した魚はスズキ!?
でもあんなに速く走られたら、突けるわけないよな~・・・

ううむ、スピア―フィッシングにはやっぱり
スピアーを神業レベルで構える反射神経
が必要なのだろうか?)




RIMG0912.jpg

(おや?アリエルさん、潜行するのか?
今、飛び出していったスズキをどうやって狙うつもりなんだろう?)





x1dddd.jpg

 x2dddd.jpg 

x3ddsd.jpg

x4dfsfs.jpg

(なにッ!!
スズキが”きびすを返す”ことを読んで、
その進路に待ち伏せ
をしたのかッ!?)



RIMG0918.jpg

(さすがアリエルさん・・・・でも待てよ?
『獲物の習性を読んで、その裏をかく』・・・・
これって、かなり『狩猟に近い』のではないか!?)





suzuki.jpg






ハッサン ヘラクレス


👉Next:すいません、来週は必ず!スピア―編、大物を突け!
👉Prev:
ハリセンボンは飲み物
👉オススメ:フグの自家消費はご注意を

ハリセンボン


👉Next:スピア―編ファイナル!大物を突け!
👉Prev:
ハリセンボンは飲み物
👉オススメ:フグの自家消費はご注意を
[ 2017/11/06 00:00 ] 釣魚料理メニュー ハリセンボン | TB(-) | CM(0)

飲む、 『ハリセンボン汁』


<釣り編はこちら>

IMG_56082.jpg
『ハリセンボン』
皆さんも名前だけなら聞いたことがあるこの魚、
その名の通り、体中にびっちりと鋭い針が生えており、
あの生態系最強のサメですら避けて通るほどの
敵知らずです。
そのためスピアーマンが近づいても『我関せず』。
まったく逃げる気配を見せません。

ただ、初心者でも簡単に突けるターゲットではあるのですが、
海中でハリセンボンから銛先を回収するのは至難の業
なので、『別の意味で』捕獲難易度の高い
ターゲットだったりします。




https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru39.jpgん?もう上がったのか?
まだ昼前だぞ?



はぁ・・・、今日はハリセンボンぐらいしか見かけなかったので、
もういいかな~・・・と。」

(死にかけたから、もう潜る気力も湧かないし・・・。)


https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/2017100123102444d.jpgそうか?朝、島の裏側を潜ったんだが
結構魚影が濃かったぞ。





「ん・・・あれ?この魚って・・・」


DSC_6215.jpg
「スジアラじゃないかッ!!」




スジアラさん
「島の裏の方はこんな魚もいるんですね。」

https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru39.jpgまぁ、一休みしたら行ってみるといい。
・・・ところでそのハリセンボン。
食べるのか?



「え?いや、銛先が取れないから切ろうとしているだけです。
てかこいつ、全然包丁の刃が通らないんですけど!!
それにハリセンボンなんて食べられないでしょ?



http://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru4.jpg何を言っている。
ハリセンボンは最高に美味いぞ。
ただ、捌くのにはコツが必要だからな。
せっかくだから、捌き方を教えてやろう。



[ 2017/10/30 00:00 ] 釣魚料理メニュー ハリセンボン | TB(-) | CM(0)

生き残る唯一の方法は、何もせず神に祈る



RIMG0914.jpg

(本日も透明度が高く視界良好。
・・・でもスピアーフィッシングでは少し濁りがある方が、
魚の警戒心も低くなっていいんだけどなぁ~。)




(・・・んっ!?)


aakkkk15.jpg  
(なんだあの魚の群れ・・・
高速でこっちに近づいてくる!!)



kkkk16.jpg

(青物!?結構大きいぞ!?)



kkkk17.jpg

(あわわわっ!?どれを撃つ!?どれを撃つ!?
ええい!適当に撃ってしまえッ!!)




kkkk18.jpg

kkkk19.jpg

(・・・・あ、あ~あ。
なんで手からヤスを離してるんだ、俺。)




かんぱち22




ハッサン AT44W


👉Next:命の危険もある・・・スピア―フィッシング
👉Prev:ブダイ、ナンヨウブダイ、アオブダイ、オスはみな同じ色

👉オススメ:ハッサン姉妹。一応、彼女は末っ子
👉オススメ:中価格・高性能といえば
[ 2017/10/16 00:00 ] ハンティング エアライフル | TB(-) | CM(0)

アオブダイ


👉Next:命の危険もある・・・スピア―フィッシング
👉Prev:意外とオイシイけど内臓には注意を!

👉オススメ:同じく磯の仲間です
[ 2017/10/09 00:10 ] 釣魚料理メニュー アオブダイ | TB(-) | CM(0)

内臓には要注意 『アオブダイのみぞれ揚げ』

<突き編はこちら>


DSC_6117.jpg

『アオブダイ』

磯やサンゴ礁帯に生息する代表的な魚種のブダイ、その中でも頭のコブと
大型ペンチのようなくちばしが特徴的なのがこのアオブダイです。
スピアーフィッシングでは警戒心もさほど高くなく、群れて泳ぐ習性もあることから
比較的簡単に突くことができます。

さらに、迫力ある大型魚なので、
突いた姿をインスタに乗っけると魚に詳しくないパンピーに
自慢できる
という、まさに初心者にはうってつけの獲物です。



http://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru4.jpgん?アオブダイなんか突いてきたのか。
スピアー初心者でもあるまいし、もっと美味しい
魚を突いた方が良かったのではないか?




「え、ええ・・・・ちょっとリハビリを兼ねて・・・
そ、それに、アオブダイって沖縄の
『イラブチャー』ですよね?
昔食べたとき、以外とオイシイ魚だったので。」



https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/2017100123102444d.jpgいや、「イラブチャー」はブダイの総称で
アオブダイ単体を指す言葉ではないぞ。
それに沖縄でよく食べられているブダイは
ゲンナー(ナンヨウブダイ)やアーガイ(ヒブダイ)だ。


「え?そうなんですか?
ブダイってそんなにたくさんいるんですか?」



https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru39.jpgああ、ブダイ科の魚は種類が多い。
しかも雄雌で色が大きく変わるので厄介だ。
例えば
アオブダイのメスは赤みがかった色をしており、
別種のアカブダイのオスはアオブダイに似た青色をしている。
ブダイの世界は専門家でも混乱するぐらい非常~に複雑なのだ。




「ううむ・・・ブダイの世界、おそるべし・・・。」



あの~・・・・
https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/201708220138048f0.jpg

 

RIMG086312345.jpg


うお!アオブダイ2匹かよ。
こりゃ今日はアオブダイ料理祭りだな。
https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/201710012315512e8.jpg


ところでそのアオブダイ、
目玉が飛び出しているけど、
頭にヤスが刺さったのかい?
https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/20171001231552147.jpg



いえ~、これは鮮度を保つために『神経〆』をやろうと思いまして、
脳みそをぐるぐるかき回してたら、こんな風になっちゃいました~
https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/20171001231531fdd.jpg


https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru39.jpgい、いや、神経〆は魚の脊柱を抜くのであって、
脳を取り出すわけではないぞ・・・?





yabadaba.jpg








[ 2017/10/02 03:20 ] 釣魚料理メニュー ブダイ | TB(-) | CM(0)

教えてスピアーフィッシング ~実践編~


<スピアーフィッシング装備編はこちら>


アリエルさん説明1



http://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru4.jpg水を吸い込んでしまった時に気を付けなければならないのは
『咳』をすることだ。
水中で咳をしてしまうと反射的に水を吸い込んでしまい
確実に溺れてしまう。



で、でも、水を吸い込んだのに咳を我慢するのは
生理的に難しいんじゃないですか?
https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/201708220138048f0.jpg

https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru39.jpgうむ、なので咳が出そうになったら
思いきって息を噴き出せ。

咳をしてしまうとその時点で溺れるが、息を吐き出せば
5秒程度は体内の酸素で意識が保てる。
体勢を立て直して浮上するには十分な時間だ。


ひぇ~・・・水中って
思ったよりも恐ろしいんだね。
https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/2017082201380607a.jpg

とにかく水中でパニックにならないように
念頭に入れておかないとな。
http://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/201708220138033f2.jpg



DSC_5919.jpg

http://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru4.jpgよし、それでは実技に移ろう。
みんな自由に魚を突いてもいいが、
あまり離れすぎないように。


イラストマニュアル・はじめての養蜂



カバーWeb用RGB

『エアライフル猟の教科書』からわずか3カ月ではありますが、先日新刊が出版されました。
3作目のテーマは『養蜂』ッ!今回はちょっと著書の宣伝をさせていただきますヨ。




 IMG_5979cv3
んぁー、おっしゃりたいことはよくわかります!!
僕が執筆のテーマにしている野生動物を捕まえて食べる
『キャッチ&イート』というテーマと
ミツバチを育ててハチミツを採る養蜂
何の関係があるんだよ!?
と思われる方も多いでしょう。

しかしですね!あるんです!!
狩猟と養蜂、その意外な共通点とは!?




[ 2017/09/18 02:53 ] はじめまして! | TB(-) | CM(2)