爆釣祈願!始動、秋のフカセ釣り!

imgp3779.jpg

やって参りました『若松運河』

生まれて初めてクロダイを釣ったこの場所で、
華々しく『チヌ』(大型のクロダイ)を釣り上げ、
皆様に僕の釣りの腕を自慢しようっ!!』




・・・と、息巻いたのが5ヶ月前の春。
結果シーズン中『クロダイが1匹も釣れない』
と言う、醜態をさらしたのでした・・・。



だがね!
5ヶ月前とは違うんですよっ!


imgp3768.jpg
それがこの磯竿、『飛竜 1.2号 5.3m』の存在っ!!
磯竿にしては並みの値段ですが、2万5千円の支払いは、
僕にとって内臓を売り払うぐらいの覚悟が必要でした。






それでも・・・


imgp3792.jpg

前の中古竿に比べて軽く、細く、扱いやすいっ!
こんなにも違うなんて・・・
買って損は無かったぜっ!!



そんな感動に浸っているなか、

ウキに獲物の反応がっ!!



(さぁ~、相棒飛竜の初物っ!
竿を握るごとに思い出すであろう
記念すべき獲物第一号は・・・・

お前だぁぁぁぁっっ!!











imgp3780.jpg

・・・い、
『イシガニ』っ!?



スポンサーサイト
[ 2013/10/02 23:02 ] フィッシング ウキ釣り | TB(0) | CM(22)

黄泉送り 『ショウサイフグのヒレ酒』

iVmgp3823.jpg
『ショウサイフグ』
可食部は筋肉と精巣。
ただし筋肉はクサフグと同じ弱毒なので、100g以上の喫食は危険です。





(ちょいグロ)
捌くのは割と簡単です。

内臓を傷つけないように背骨を絶ち、
頭を持ったら、メリメリっと皮と一緒に内臓を剥ぎ取ります。







内臓が残っていないことを良く確認しながら、流水で洗います。
フグには『血合い骨』が無いので、サクに取ったら下準備完了。

imgp3850.jpg
サクをキッチンペーパーに包み、
水気を切ったらそぎ切りにして
完成っ!





『ショウサイフグのてっさ』!!
「いただきます~!」


imgp3861.jpg
(うんうん!身がムッチリしていて食べ応えがあるねぇ~!)
(ただ、ちょっと旨みが少ないかな?水っぽさがあるからか?



・・・お、そうだ!『アレ』なら、
ショウサイフグの美味さがより引き立つんじゃないかな?)





(このヒレの部分をよく包丁の柄でこそいで~・・・

imgp3846.jpg


冷蔵庫の中で乾燥させて1日・・・
ふふふ、明日が楽しみだ~!







『法』を破る愚か者めっ!!

 


「ん!!誰だっ!?





 
\我は冥府の神『アヌビス』!!/
waganahaanu.jpg



「アヌビス!?あの死神のっ!?」




免許を持たずフグ調理を行う事は法律違反
罪人よ、冥府の捌きを受けよっ!!

 





(うっ!死神に目をつけられるとは
・・・これまでか!!)








dtrtfru.jpg



お嬢様。ちょっと神経質過ぎませんか?

imgp3934.jpg

秋釣り編2戦目も引き続き、『若松運河』にてクロダイ釣りです。


秋晴れに恵まれた休日・・・なのに釣り人は少ないですね。
ポイ太郎にはたくさん車が並んでいたので、おそらくこの海域にはびこっている
アイツを皆さん嫌がっているのでしょう・・・







imgp3938.jpg
そう。フグですね。
コイツは『ショウサイフグ』





imgp3951.jpg
今日は『クサフグ』もお出迎え・・・




一応『クロダイ』も当たってきますが、やはり『メイタ』クラスです。

imgp3936.jpg

今回の撒き餌は、パン粉2kg、オキアミ1/4角、米ぬか500g、麦1kg。
値段が高い配合餌は外しましたが、それでも餌代1700円!
・・・さらなるコストダウンを目指しましょう。



さて、しばらく釣りを続けているとフグ以外にもう一つ
釣り人が少ない理由が判明しました!!



imgp3935.jpg


(・・・今日、大潮だった。)



この海域は大潮だと、流れがものすごく速くなります。




(この速すぎる潮流はまずいな~。釣りにならん。
餌が1/3ほど残っているが、こりゃ撤収かな?

・・・ん?)







imgp3772.jpg

水面をジャンプするあの魚影・・・
『サヨリ』が湧いているのか!





[ 2013/10/10 02:30 ] フィッシング ウキ釣り | TB(0) | CM(24)

モダンガールに私はなりたい 『サヨリのエスカベッシュ』

imgp4008.jpg
『サヨリ』
20cm程度の今年生まれたデキサヨリは『エンピツ』と呼ばれます。

小魚と思われがちのサヨリですが、春先には40cm以上の『カンヌキ』
と呼ばれるサイズが接岸し
、これは料亭などで扱われる超高級魚です。




さて、サヨリと言えば必ずついてくるのがこの寄生虫

imgp4013.jpg
ウオノエの一種である『サヨリヤドリムシ』です。
普段はサヨリのエラにしがみ付いて目につきませんが、宿主が死ぬと外に這い出てきます。

人に危害を加えませんが、苦手な人は釣ったらですぐに頭(エラごと)を切り落とせば
目に付くことはありません。







imgp4018.jpg
エンピツサイズは手開きが出来るので案外楽に捌けます。
包丁を使うと難儀ですので、この方法で硬い背骨まで取ってしまいましょう。




ちょっと大き目のサヨリは三枚におろして腹骨を剥き、皮を引きます。
皮は薄いので、手で簡単にはがすことが出来ます。

imgp4105.jpg

血合い骨は細かく抜けないため、骨切りをして
完成っ!
『サヨリのお刺身』





imgp4117.jpg

エンピツサヨリは皮下脂肪(銀色の部分)が少ないですが、
青物らしい、マアジを爽やか~っ・・・
にしたような甘味を感じます!

ただ、あまりに爽やかすぎるので醤油との相性がイマイチだと感じます。
サッと酢で〆るか、塩ベースの付けダレを使うか、何も付けないのも一考ですね。






imgp4020.jpg


「さ!残ったサヨリは・・・
全部『南蛮漬け』にでもしてやろうかね!!」











ぷん



[ 2013/10/15 01:04 ] 釣魚料理メニュー サヨリ | TB(0) | CM(14)

1に安全!2にマナー!3に貴方もホルスの目

~10月某日~


imgp4120.jpg






おはようございます。
北Q州警察署を代表いたしまいて講和をさせていただきます
生活安全課の『ホルス』です。

 




来る銃猟解禁日の11月1日(イノシシ・シカ)に向けまして、
本日はこの場をお借りして『狩猟の事故と違反』
についてお話をさせていただきます。







ホyoidesune









お集まりのベテランハンター様にとっては、何度も聞かれた内容だと思いますが、
今期、貴猟友会に入られた5名の新メンバー様のためにも、
皆様いま一度初心に帰って、お聞きいただくようお願いいたします。






狩猟の主役は『猟犬』だ!

(総会が終わって帰ろうとした時、
猟友会の事務局長さんから・・・)





ジビエ君、今日これから時間があるのなら、
グループ猟でお世話になる『北Q州猟団』のクラブハウスに
行って『ある御方達』に顔合わせをして来なさい。
しっかりと覚えてもらえるようにね!!

 






(・・・と言われて、指定された家に着たのだが。)






imgp4134.jpg
(・・・これは、イノシシの頭骨?)



imgp4143.jpg
(大きな箱罠だな。)






(それにしても、事務局長さんが言っていた『ある御方達』って誰なんだろう?
偉い人でもいるのかな?)






あんたが、事務局長が言っていた新人かい?

 



「え!!は、はい、そうですけど・・・・」









\俺は『北Q州猟団』の古参メンバーだ。/
柴犬男




ほら、手を出せ。

 




imgp4131.jpg

(なんだコレは!?)

「あ、ありがとうございます!」
(味も香りも歯ごたえも無い・・・不思議な『何か』だ。)



「・・・ところで、その事務局長さんに
『ある御方達』に挨拶するように言われてきたのですが・・・?
どちらにいらっしゃるんですか?」







・・・ああ、
家の裏にいるよ。

 




真剣に遊べてアングラー

imgp4162.jpg
秋のフカセ釣り後半戦、
今回も引き続き『若松運河』でクロダイ攻略戦です。



 
さっそく撒き餌を打ってみると・・・

ざccccわざわ

海面が慌しく泡立ち(ボイル)
台風の影響か、海水がかなり濁っており、
今日の魚達の警戒心はかなり薄いようです。


このボイルしている魚の正体は・・・




imgp4171.jpg

手のひらサイズの『メジナ』!!




imgp4163.jpg

そして『マアジ』!!
コイツら1週間前までは全く姿を見せませんでしたが、どこに居たんでしょうね。




高活性のマアジに、しばらく翻弄されていましたが・・・

ゴッゴッツ!ゴッゴッン!!


imgp4167.jpg
現れたのは30cm強の『クロダイ』!!
まだまだ『メイタ』サイズですが、
強い引きを見せてくれます!




さぁ!この調子で、タイムリミットまでにはさらなるサイズアップを・・・・

・・・ん?)







majidemajide.jpg







[ 2013/10/25 01:00 ] フィッシング ウキ釣り | TB(0) | CM(20)

メイタとチャリコ 『黒鯛とカボチャの包み焼き』

imgp4178.jpg
『クロダイ』
釣りの世界では非常に人気が高い魚ですが、
食味の話となると意見が分かれます。




imgp3870.jpg
クロダイを同じタイ科の『マダイ』と食べ比べると、
身は水っぽく、旨みにやや欠けるように思います。

またクロダイは、生息場所や餌の種類などによって臭みがでるため、
リリースしてしまう人も多いようです。






imgp3776.jpg

また、見た目的にもクロダイよりマダイのほうが美しいですね。

地味~な配色のクロダイに対して、
マダイは美しいエメラルドグリーンの斑点と、
アイシャドーのように目の周りを縁取るスカイブルーが輝いています。


ちなみに、この美しい体色は
死ぬと消えるため、
釣り人のみが拝むことが出来ます。




imgp4183.jpg


(まぁ・・・『マダイの下位互換』
と言ったところか。







  \あ、あの~・・・ご、ごめん下さい!!/
meitachan.jpg