超香味兵ボケロネス 『アンチョビのペペロンチーノ』




IMGkinngu P8357




ブラボー湾くぇ


http://blog-imgs-95.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/20160903152643fc6.jpgこちらボケロネス・α。
目標の冷蔵庫最奥エリアに到達した。
これより調査を開始する。オーバー!




http://blog-imgs-95.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/201609031526422be.jpgケッ・・・。大佐は
「高知に引っ越すから冷蔵庫の整理だ」

とかぬかしていたが、冷蔵庫の奥に使える食材なんて
あるわきゃねぇだろ・・・





http://blog-imgs-95.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/20160903152643fc6.jpg作戦行動中は私語を慎めボケロネス・β。
・・・もっともお前が言うとおり、見つかる食材なんて
一度しか使ってないピーナツバターや、
正月にもらった切り餅ぐらいだろうけどな。




IMG_5344.jpg

http://blog-imgs-95.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/201609031526422be.jpg・・・ッ!?
な、なんだあれはッ!?




http://blog-imgs-95.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/20160903152643fc6.jpgどうした!?
何か見つけたのか!?



IMG_5346.jpg

 


http://blog-imgs-95.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/201609031526422be.jpg友軍の死体ッ!?
いや・・・





ボケろ熱砂


http://blog-imgs-95.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/201609031526422be.jpgこいつ、生命反応があるぞッ!?




スポンサーサイト
[ 2016/09/03 20:20 ] 釣魚料理メニュー カタクチイワシ | TB(-) | CM(7)

土佐釣り日誌



chochonn.jpg


http://blog-imgs-95.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/20160911192318d42.jpg高知県東部の主な釣りエリアは3つ、
1つが遠浅の海が広がる『土佐湾エリア』。
2つめが荒波と暴風で生まれたジオ『室戸エリア』。
そして3つめが四国東部、長く延びるリアス式海岸の
『東洋エリア』です。







IMG_1459.jpg


http://blog-imgs-95.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/20160911192318d42.jpg東洋エリアは大昔にフェリーが来航していたため
岸壁から海底が深く、波止釣りもできます。
また、はるか広がる太平洋はまさに絶景ッ!
かの英雄坂本竜馬も、このはるか広がる海を見て





いってなxxい  



http://blog-imgs-95.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/20160911192318d42.jpgさて、いよいよ始まります土佐釣り編。
はたしてこの海で、どのような魚たちとの
出会いがあるのでしょうか?







[ 2016/09/12 00:16 ] フィッシング ウキ釣り | TB(-) | CM(8)

タカノハダイ



ブログランキング・にほんブログ村へ
『だがそれがいい!!』
ワンクリック頂けますとうれしいです!
[ 2016/09/19 00:00 ] 釣魚料理メニュー タカノハダイ | TB(-) | CM(0)

もう料理しない 『タカノハダイのすがた焼き』


(釣り編はこちら)

RIMG0028.jpg
『タカノハダイ』
斜めのストライプが『鷹の羽』に見えることから名付けられたこの魚は、
南日本の岩礁帯に生息する一般的な磯魚です。


身近な魚であることから地方名も多く、タカ、タカノハ、タカッパ。
盛り上がる背びれを筋肉隆々のキコリに見立てて
キッキリ、キッコ、キッコリ。
東洋町周辺では、同じくタカノハダイ属の『ミギマキ』に対抗して
『ヒダリマキ』と呼ばれています。

RIMG0029.jpg

タカノハダイの特徴は、なんといってもそのデザイン。
ビビットな色使いと迫力あるタッチ、
クッキりと縁取られたアイラインや尻尾の斑点模様など、

派手な柄が多い南方系魚の中でもとりわけ傾寄かぶいてるのがこの魚です。



あいごくんいすすみくん
さて、このタカノハダイ。
嫌われながらも歓迎される地域も多い『アイゴ』や、料理法によってはメジナよりも
食味が上がる『イスズミ』と比べても
評価は低く、市場価値はまったくありません。
その理由は季節や地域によって身に酷い磯臭さが出るため。
料理するまで当たり外れがわからないため、値が付かないのです。

う~む・・・
これまで色々なクセのある魚と勝負してきたが
このタカノハダイ、まちがいなく

IMG_20160923_0003.jpg




[ 2016/09/26 00:00 ] 釣魚料理メニュー タカノハダイ | TB(-) | CM(4)