鯵餃子セット

CIMG0322_convert_20120716210023.jpg
初夏の夜から早朝。
保冷剤2つで足りると思っていましたが、思いのほか鯵の鮮度が落ちています。
保冷剤を足すか、クーラーボックスに中敷を施すかをして、夏の釣魚鮮度管理をコントロールしていかなければなりません。
さて・・・どう料理したものか・・・。生食は避けたいなぁ・・・



う~ん・・・

困ったときは、餃子にしてしまえ!




ブログランキング・にほんブログ村へ







CIMG0329_convert_20120716210156.jpg
一度家に帰ったのに、また食材を買いに出かけるのも面倒です。
家にネギ、大葉、生姜があったので、これらを具にしちゃいましょう。
この食材ならタタキコースなんですけど・・・食中毒がはやる季節ですからね~。





CIMG0323_convert_20120716210242.jpg
餃子の皮は小麦粉があれば作れます。
焼き餃子の場合は、薄力粉100gに対して水40g、塩一つまみ。およそ12個の皮ができます。
水餃子の場合は比率そのままで、薄力粉に強力粉を混ぜます。


CIMG0326_convert_20120716210421.jpg
打ち粉をしながら生地を練ります。
20分ほど寝かせ棒状に伸ばし、12個に切り分けていきましょう。



CIMG0328_convert_20120716210457.jpg
切り分けた生地を丸め、麺棒で伸ばしていきます。
生地を円形に伸ばすコツは、麺棒の位置は固定して、生地をまわしながら伸ばすこと!
・・・・と。中華料理屋のおばちゃんに教えてもらいました。



CIMG0333_convert_20120716210655.jpg
生地に具を詰め包みます。
フライパンにサラダ油を敷き、焼き蒸しします。



CIMG0340_convert_20120716214250.jpg
余った具はチャーハンにしちゃいましょう!
多目の油をよく熱し、溶き卵→ご飯→具の順番に投入。
炊き立てのご飯を使う場合硬めに炊いた後、ざるに上げて水で洗います。
始めは”ご飯を洗う”ことに、抵抗を感じますが
糊分が取れて、パラパラチャーハンに仕上がります。



<いただきます!>


CIMG0344_convert_20120716210750.jpg
おまちどぅ~!
アジ中華セット1人前ネ!



餃子は、醤油:黒酢=1:1の酢醤油でいただきま~す!
CIMG0349_convert_20120716215059.jpg



んん~ん・・・

すっごいヘルシー!


餃子にしては油分が少ないですが、
旨みの強いアジの脂が生地に包まれて、いい感じです!

・・・・しかし・・・私のような背脂系豚骨男子には
酒の肴にも、ご飯のおかずにもパンチがかけますねぇ・・・。
今回は初めての魚餃子と言うことで、下味を付けていませんでした。
具、調味料の選定をもっと練って行きたい所ですね!





CIMG0347_convert_20120716210815.jpg
さて。チャーハンは中華スープの元で味付けているから程々の食味として、
問題なのはこの、アラスープ
ほんとに、何で鯵はアラからこんなにイイ出汁が出るのでしょうか?
酒と塩だけのスープなのに、臭みのない滋味深いスープです。
う~む・・・釣りの本命じゃないにしろ、
鯵料理はまだまだ発展の余地が多いです!

<ご馳走様でした!>


スポンサーサイト
[ 2012/07/16 22:15 ] 釣魚料理メニュー マアジ | TB(0) | CM(2)

れおん

シーバスを釣った時に餃子にしてみました。
といっても、豚ひき肉にシーバスを混ぜたのですが、

焼いた時にはシーバスの味は全くなかったのですが、
とんこつラーメン(イオンのインスタント)のスープで水餃子にしたときには
最高の味でした~

この次はこのスープで水餃子にしてみるのはいかがでしょうか~?
[ 2012/07/16 23:37 ] [ 編集 ]

豚骨と魚肉・・・・!?
す、すごい組み合わせだ!
是非挑戦してみたいですね!!
[ 2012/07/18 21:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kodokunogibier.blog.fc2.com/tb.php/104-1e0334c8