三国戦記カルパッチョ

戦国_convert_20120725230751



名称未設定_convert_20120725231114
天下無敵の食材と、その名を轟かせる真鯛に対し、
巨星フエダイ連合が牙を向く!
時は来たれと根魚ノ国より焔立つカサゴが参戦し、
天下分け目の三番勝負!
今、熱い火蓋が切って落とされた!


一本目、カルパッチョ対決!



ブログランキング・にほんブログ村へ







さて。
CIMG0262_convert_20120725233517.jpg
前回、真鯛釣りの話題で全く触れていませんでしたが、
ヨコスジフエダイ
こいつもまた、強い引きで楽しませてくれました。
フエダイ科の中では、フエフキダイよりも知名度が高いようですが・・・。
スーパーなどでも見たこともありませんでした。
三枚におろしてみると、綺麗な薄ピンクの身が取れます。
フエフキダイのように身が柔らかく少々水っぽく感じますが・・・果たしてお味のほうは?


CIMG0272_convert_20120725233607.jpg
お腹から出てきた真子は捨てるのはもったいないので、アラと一緒にたて塩をして寝かせて置きましょう。




次に鯛を三枚におろします。
CIMG0267_convert_20120726000930.jpg
う~ん・・・身が少し残ってるな・・・
40数センチとは言え立派な鯛。
頭近くの血合い骨を、包丁を滑らせながら抜くには、大分技量が必要です。


こ、これは困った・・・






大鯛が釣れても、捌けなかったらどうしよう・・・(杞憂)






はい。
次。
CIMG0274_convert_20120725233813.jpg
カサゴを三枚におろすことは、対して難しくないのですが、
カサゴの血合い骨は変な場所についているので注意が必要です。
普通の魚は側線(写真の上側の横線)に沿う形で血合い骨が並ぶのですが、
カサゴは下側の線にもぐりこみように血合い骨が並んでします。
なんで、こんな体の作りなんでしょうね?カサゴだけなのでしょうか?



CIMG0322_convert_20120726002440.jpg
削ぎ切った身をベビーリーフ、さらし玉ねぎ上に並べ、
オリーブオイルT3、酢T2、醤油T1、レモン汁T1、おろしニンニク一欠けら、
乾燥バジルをを混ぜて完成!




<いただきます!>

CIMG0326_convert_20120725233951.jpg
先制の攻撃は・・・






真鯛!


CIMG0327_convert_20120725234029.jpg
ん、んん~ん!





旨い_convert_20120726225357

鯛の味を月並みながらも的確に表現できる日本語が他にあるでしょうか!?

脂の乗り具合と深みのある味わい!釣りたてのコリコリ感といい、
正に至高!「鯛」と書いて”うまい”と読む!!






続いて二番手・・・・







カサゴ

CIMG0328_convert_20120725234330.jpg
シューン!と締まった身に、確かな味わいが・・・・


これもまた・・・旨い!




しかし・・・・





味が上品過ぎて、オリーブオイルと酢に完全に負けていますね・・・。
試しにポン酢と紅葉卸で頂いてみましょう。
CIMG0293_convert_20120725234409.jpg












すばらしい
鯛の旨さが、煌びな華としたら、
カサゴの旨さは、滾滾と湧き出る岩清水のようです・・・

騒いではいけません。

心を落ち着かせて、味わいを楽しみましょう。






三番手・・・







ヨコスジフエダイ

CIMG0329_convert_20120725234438.jpg








和
調和。

味の調和です。

ドレッシングをかけていない身は、いまひとつ感がありますが、
見事に私の怪しい味付けドレッシングに調和してくれました。

確かに、鯛のカリスマは素晴らしいものです。


しかし!


しかし!私はオリーブオイルにも酢にもベビーリーフにも玉ねぎにも調和してくれる
君に感動した!

一本目、カルパッチョ対決の勝者は・・・・
<ヨコスジフエダイ!>



スポンサーサイト

いつもブログを楽しく拝見しています。
一つ質問なのですが、魚は寝かせるとうまみが増すといいますが、
ジビエさんは釣った魚をどうやって味わわれてますか?
先日、釣ったカワハギをその場で食べた所、
身はコリコリしてるもののまったくうまみがなかったもので・・・
[ 2012/07/27 02:48 ] [ 編集 ]

お疲れ様です(^_^)
先日は結局イカには巡り会えず途中からアジングに夢中でした

相変わらず料理上手で羨ましいです
実は私、恥ずかしながら魚の内臓に指を突っ込めない人でして…

自分で捌くのはイカのみ!
釣ってきた魚はすべて嫁に丸投げです
いい加減練習しなくては…!
[ 2012/07/27 17:10 ] [ 編集 ]

>>キャラメルマンさん
初めまして!こんなブログですがよろしくお願いします。
私は釣った魚は、できるだけその日の家に食べちゃいますね。
魚の保存は結構めんどくさく、悪い保存の仕方をしてたら逆に旨みが抜けちゃいます。
カワハギはもともと旨みが少ないので、刺身で食べるならば肝溶き醤油で食べるのがベストでしょう!

>>リーマン戦争2009さん
お疲れ様です!
ブドウイカ釣り・・・ちょっと残念でしたね・・
魚をさばくのも慣れれば楽しいですよ!
内臓に噛まれる心配は無いので、レッツチャレンジです!
[ 2012/07/27 23:27 ] [ 編集 ]

天然のタイは姿がきれいですねぇ。
いいなぁ。
[ 2012/07/28 16:04 ] [ 編集 ]

非常に綺麗ですよね~
青いアイシャドーと斑点が素晴らしく美しかったです!
こんなサイズの真鯛を見るのは初めてだったので感動しました!
[ 2012/07/29 00:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kodokunogibier.blog.fc2.com/tb.php/106-61bdd1f5