炊き込みご飯の乱

222.png
お酢とオリーブオイルの援助を受けて、
カルパッチョの乱に接戦ながらも勝利を収めたヨコスジフエダイ!
しかし、勝って兜の緒を締めよ!

真鯛の大太刀が鈍く輝く!
カサゴの眼光が鋭く光る!
勝負2本目は炊き込みご飯対決!!






ブログランキング・にほんブログ村へ

炊き込みご飯は塩焼きした魚を、酒T1、醤油T1、コブ出汁少々で味付けした米2合で炊き上げ、
身をほぐして混ぜ込みます。



まずは真鯛
CIMG0309_convert_20120727225229.jpg
内臓や鱗、血合いを良く取りたて塩をしてこんがりと焼いていきます。






・・・・




んもぉ!この時点で食べたいぃ!!







・・・いや。我慢だ!!



CIMG0311_convert_20120727225312.jpg
お釜に米と調味料を入れたら焼いた鯛を乗っけて、設定「炊き込みご飯」で炊飯開始。






20分後。





はlaん


あばばば!!な、なんだこの香り!!
この、欲望を掻き立てられる香りはぁ!!
思わず、Hな声が漏れちゃったよ!!



CIMG0330_convert_20120727225455.jpg
だ・・・・だめだぁ・・・・
身をほぐそうとしてるのに、
こいつの前に立っていると、香りが良すぎて腰から砕けちまう・・・
よだれがジュビィ!ジュバァ!止まらねぇぇ・・・



<鯛飯、頂きます!>
CIMG0331_convert_20120727225556.jpg
うぅ・・・・炊き上げた後の骨で取った吸い物すら、旨そうな匂りが出てやがる・・・
出がらしの骨なのに・・・汁。ウメェ・・・
一体、どこまで旨みを引き出せるというのかね!?君は!



そして、本丸、鯛飯は・・





もしゃもしゃもしゃもしゃもしゃもしゃ
もしゃもしゃもしゃもしゃもしゃもしゃ
もしゃもしゃもしゃもしゃもしゃもしゃ



お、おかわり!!



もしゃもしゃもしゃもしゃもしゃもしゃ
もしゃもしゃもしゃもしゃもしゃもしゃ
もしゃもしゃもしゃもしゃもしゃもしゃ


うぉおん!!箸がトマラナイィ!!

骨にまだ旨みが詰まっていたはずなのに、
ご飯の旨いこと旨いこと!

真鯛はどんな風に料理しても美味しいですが、
この無限の旨みを引き出すには、
プロ級の料理スキルが必要でしょう!!

修行するぞ!僕は修行するぞぉ!!



つづいて、カサゴ!
CIMG0011_convert_20120727225758.jpg
う、ううむ・・・鯛飯の力を見せ付けられた今、
果たしてカサゴとフエフキダイで勝負になるのか!?


いや、しかしカサゴの塩焼きも旨そうだぁ・・・
ムチムチパッツン!とした身に薄っすらと脂がにじみ出ている・・・

うへへ・・・一匹ぐらいなら食べちゃっても・・・・








いや。我慢だ!


CIMG0013_convert_20120729012823.jpg
炊き込み中、ほのかで上品な香りが漂います・・・。
しかし、鯛の官能的な香りを嗅がされた今となっては、いささかセクシーさに欠けますね。




<カサゴ飯、頂きます!>

CIMG0021_convert_20120727225930.jpg
さてはて・・・いかがかしら?









ん!?








sdf.png



うほぉぉぉ!!旨いぃ!!


ご飯に絶妙かつ、極上の旨さと上品な香り!!
これは鯛を上回る!!
鯛を上回る旨さですよ!!


確かに香りでは鯛飯の足元にも及びません。
しかし、米粒一つ一つにキメの細かな旨みのある脂がコーティングされている!!


この旨みはカサゴの味噌汁からも判るように、アラの出汁だ!!
骨身の旨みが大量に溶け出してるんだ!!


カサゴ飯!旨い!旨い!


あ。





おいしいので、もしゃもしゃ食べたいんですけど
小骨がご飯中に混じっていますね。


前回ご説明しましたが、カサゴの血合い骨は変な箇所についています。
また、カサゴは炊き上げたときの身が柔らかく、ほぐした時に骨が引っ付きやすいため
分離するのがとても難しいです。

身の旨みはほとんどご飯に染み出していますので、
炊き上がった身はご飯に混ぜないほうがいいかなと思います。
ちょっともったいない気がしますが・・・。

ただし、そのようなハンデがあってもご飯の旨さは格別。
天上界に誘われる旨さです!


最後にフエフキダイ!
CIMG0029_convert_20120727230045.jpg
素焼きにすることで、水がかなり出て身が締まっています・・・





おいしそうだなぁ・・・
ひと口(略



CIMG0033_convert_20120727230143.jpg
香り的にはカサゴより劣りますね。
さて、お味は・・・・








ちょっとまて。
何でそんなに身に旨みが溜まってるんだ!?

ポアレや天ぷらの時に比べ、
身に格別なコクがあるんだが・・・・




あ!これはもしや・・・






ちょいと、ほぐした身を確認しますよ
CIMG0031_convert_20120729201036.jpg
あ。
まちがいない。
この子、調味料の旨さを全部独り占めにしてる!

旨い、調味料の旨さを吸収したフエフキダイは、確かに旨い!
しかし、ご飯に調味料の味が活かされていない事は失策だ!
今回は悪魔でもご飯がメインの勝負。
前回と違い、自身を引き立ててはならないんですよ!


汝、「調味料の味」と言う着物を纏い美しく見たてたことは誉れ高き。
しかし、自身を引き立たせるために、米に周る旨みを吸収したとは
驕りである!!




ご飯への旨さの提供。
この点を最大の焦点として、今回の勝敗を下す・・・



この勝負!判定は
<カサゴ!>


[ 2012/07/29 01:55 ] 釣魚料理メニュー カサゴ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kodokunogibier.blog.fc2.com/tb.php/107-d95078d2