チュー・・・していいかな「ゴンズイの味噌汁」

imgp1204.jpg
ゴンズイの幼生はゴンズイ玉といわれる密集隊形で活動します。
なのでカゴ罠が経路上にあると、この通り。
これでも、半分以上リリースしてます。


imgp1351.jpg
対して20~25cmほどの成体は単独で活動するようです。
このサイズは捕獲できても日に1匹以上かかっていることはありませんでした。








さて。小さいゴンズイは、柳川風にして賞味しましょう。

imgp1217.jpg
ごぼうをささがきに削いで、水にさらして灰汁抜きをします。
醤油、酒、みりん、水を2:1:1:3の割合で火にかけ、
ごぼう、玉ねぎと長ネギの薄切り、を投入し、煮立ったら三枚におろしたゴンズイを入れます。

最後に卵で閉じて、できあがり~

imgp1220.jpg
・・・・う~ん。なんか微妙な見た目だな。
よく考えてみたら、柳川風の料理なんて食べたことが無いんだし、
何が正解なのかも良くわかりません。
柳川って言ったら、ドジョウで作る鍋のはずですが・・・今時ドジョウってどこで釣れるんですかね?
とりあえず、恋しちゃう味のゴンズイちゃん!いただきます!












・・・うん。
おいしいですね。





ゴンズイの身は火にかけると見離れがよく、
生でモチモチしていた身が、フワフワな食感に変わります。


ゴンズイの毒はタンパク質性の毒なので、
加熱することで分解してしまいます。
よって、万が一毒針を抜き忘れていても安心して食べられます。


・・・まぁ、後はすき焼きみたいな味付けをどうにかできればよかったのですが。
この辺は勉強が必要ですね。






さて。残った大きなゴンズイは・・・
カボチャと味噌汁にしましょう。
ゴンズイはカボチャと味噌味にすごくよく合うそうですし、
この時期カボチャ、安いですもんね。


ゴンズイは頭をとらず、毒針を三本しっかりと切り取ったら
内臓を出し、出汁をとるために水から火にかけます。

imgp1358.jpg
う~ん・・・・
ひげが水の中でヒヨヒヨしているゴンちゃん。
ちょっと気持ちが悪いですね。



ゴンズイを入れた鍋が沸騰したら、下茹でしたカボチャを投入。
一煮立ちさせ味噌を溶き、浅葱をまぶしていただきます!

imgp1365.jpg














こ、これは・・・・






















うますぎる

ネット上には結構ゴンズイの食味レビューがあって、
どこも「うまい!」「うまい!」と絶賛されていましたが、
私的には刺身も柳川もそれほど「ウマイ!!」とは思いませんでした。






・・・・しかし・・・・なるほど。



このサイズのゴンズイは確かにウマイ!!




まず。出汁!!
鰹や昆布とは全く異なる、深みがあるやさしい味。
どこまでも滋味深い味わい・・・・

汁に浮いているフツフツとした脂と旨みは、小魚とは思えません。

imgp1367.jpg
さらに身。
見離れがよく、ふっくらとした身はカワハギ・・・・!
いや、ねっとりと甘い脂はカワハギ以上の食味!!




imgp1372.jpg
最後に皮目。
火にかけると身の皮は萎縮して食べるところがなくなってしまいますが、
頭の皮は健在!!

見た目・・・・かな~り気色の悪い、デロデロの頭と、

濃厚なKISS!をすると・・・

とろけるうまさがぁ・・・・あふれ・で・る!!
頭と骨をチュチュチュ!っとしゃぶり上げると、
いやいや・・・悪名高いゴンズイとは思えないほどの満足感があります。


ちなみに、ゴンズイの表面のヌメリですが、
今回、(ミスで)取らずに調理してしまいましたが、
全く臭みがありませんでした。
ウナギやナマズは確かに臭みになりますが、ゴンズイの場合は
わざわざ取る必要は無いと思います。



gonnzu22i.png
さぁ!皆さんもゴンズイとの熱いチューをいかがです?
ほら!・・・・可愛くみえてきたでしょう?







味噌汁美味しそう。
フォーラムは若い人も15人以上はいたかな。
見かけが若い人と若者には負けないぞってキモチが若い人もたくさんいました。
[ 2012/11/05 08:48 ] [ 編集 ]

気持ちが若い人・・・
燃え滾るおっさんが多かったのでしょうかw
楽しそうですね~
次の機会があれば、絶対に参加したいと思います!
[ 2012/11/05 23:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kodokunogibier.blog.fc2.com/tb.php/135-3c911924