メバル属?コレガヨクワカラナイ 「クロソイの煮付け」

imgp1584.jpg

早朝いつもの波止へ着くと、猛烈な北からの季節風が吹いており、即撤退。
昼過ぎからは風が収まってきたようなので、半夜釣りを結構と相成りました。

本当は前回から引き続き、浮きフカセ釣りと行きたかったのですが予定変更。
日が暮れる前まではサビキ釣りで、サッパを釣って泳がせ釣りを、
日が暮れたら赤ケブと集魚灯を用いて、浮きでセイゴ(スズキ)釣りといきましょう。



しっかし、釣りってたのしいですよね~!
浮き釣りや泳がせ釣りもですが、投げ釣り、ブラクリ、サビキ、ルアーなど、
どんな釣方も、それぞれが必要とするテクニックが異なりいつも違う発見がありますからね!

例えば、浮きフカセ釣りと、泳がせ釣りの持つ、それぞれの楽しさを、
釣り初心者の方にもわかりやすく説明すると、

浮きフカセ釣りは、
シュピィシュッシュシュスパン!と釣り上げます。



対して泳がせ釣りは、
グゥィ~ンゴゥゴゥゴゥゴゥバシィ!と釣り上げます。




全然楽しみ方が違うって事がわかりました?








・・・え?長嶋茂雄調ではよくわからない?









まぁ。
・・・魚が釣れないと、楽しいも何も無いんですがね。

1週間前まではあれだけいたサッパやサヨリがすっかり姿を消していました。
ここ最近寒かったですからね。海の季節は、陸よりも1ヶ月遅れるといわれていますが、
もう冬の海なんですかね・・・。


imgp1592.jpg
さて、日がとっぷりと暮れて第2ラウンド。
仕掛けを電気浮きに切り替え、2本竿を出してセイゴを狙います。



imgp1590.jpg
集魚灯(もどき)を使って海面を照らし、
光と影の間を低層で流していると・・・・












スゥーーーー・・・・・・


いやー!最高!!電気浮きが沈む瞬間って!!


真っ暗--------な、中、
一人、波がテトラを打つ音を聞きながら、
日ごろの雑多な事を忘れて電気浮きを眺めていると、


ジワァ~~~・・・・

と海中に滲んでいく、赤ポッチ!


寒さにかじかんでいた指先に血が通い、汗ばむ手のひら、
瞳孔がキュィとしぼまり、脳汁が溢れ出す!
糸ふけを取って一閃!!

闇の中浮き上がってきた魚体は!






・・・セイゴじゃなかった。
imgp1587.jpg
う~~~ん・・・・なんだっけ!?この魚!!
カサゴではない!
メバルでも・・・ない。
タケノコメバル・・・・だったかな??
いや、ムラソイだったような??
クロソイだった気がするぞ!?


う~ん!!根魚はあまり釣れた事がないので、
よくわからん!!




imgp1598.jpg
結局セイゴは現れず。寒さに耐えあぐねて撤退し、
釣果はアナゴ1匹と、27、28cmのフカカサゴ科

まぁ、よくわからないものを食べるのはなんですし、ここでよく観察して同定してみましょう。





まず、カサゴとの違い。
kasagoto.jpg
まず、体色、体表の柄が大きく異なりますね。
また胸ビレの形がカサゴはギザギザしているので一目瞭然です。

imgp159121.jpg
メバルとの違いは、目からエラにかけて通るストライプ状の柄ですね。体色も大きく異なります。
また、メバルのほうが目が大きく位置が高いので判別できます。



タヌキメバル、タケノコメバルとは、体色、柄が似ており非常に見分け辛いですが、
imgp1600.jpg

目の下の涙骨を確認してみましょう。
この魚は涙骨が三本、刃が立っているのに対し、
ムラソイ、タケノコメバルは涙骨が尖っておらず目立ちません。

つまり、この魚は(おそらく・・・)クロソイ
フカカサゴ科メバル属・・・・判りにくすぎです。








ま。大事なのは
味。
水、酒を等量、醤油、みりん、砂糖を沸騰させたら、
下処理したクロソイを入れ、落し蓋で弱火にかけます。
10分ほどで取り上げ、煮詰めた汁を回しがけて完成。
メバルやカサゴは熱を加えすぎると味が飛びます。
あまり煮付けないようにし、後から濃い目の煮汁をかけてやるといい塩梅になりますよ!

imgp1602.jpg
さぁ。食味にはメバルやカサゴと違いがあるのか?
クロソイの煮付け。いただきます!















くほぉぉ?旨っ!!


どちらかと言うと真鯛に近い白身で、
旨みの効いたムチッ!とした食味が濃い目のタレと
絶妙マッチ!!

imgp1606.jpg

メバルはサラサラとしたきめ細かな繊維質で、カサゴはむっちりとた上品な味わい。
クロソイはカサゴに近い食感に、メバルの繊細な旨みを足した感じです!!

私的には、カサゴやメバルよりも・・・・旨いと思います!!





秋の釣りシーズンはもう終わり・・・。
冬の夜は、おいしい根魚を釣りに行く!!・・・のもいいですが、






ヘェーーーークション!!
・・・・うぅ・・・・風邪・・・引かないようね。






  \ごちそうさまでした!/

ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加しています。
1日ワンクリックいただけると幸いです!




スポンサーサイト

テナガエビはトントントトーン ビビビビビぃ~
これしか知らないれおんくんのママです。

肉厚な魚ですねぇ~^^
目の裏側とか召し上がりますか?

煮汁は凝縮するカンジでいいのですねぇ~^^

あ。コーヒー届きましたでしょうか?
遠いので心配していました。
[ 2012/12/03 21:05 ] [ 編集 ]

>>れおんさん
テナガエビって見たことがないんですよね・・・このあたりにいるのかな・・・?

ほほ肉目の周りのお肉とフルフルは残さず食べますよ♪

コーヒー!まさか郵便で来るとは思っていませんでしたw!
頂いてみましたが、エグエグかとおもいきや、あっさりとした味なんですね~。
紅茶よりもコクがあり、コーヒーよりも飲みやすい・・・ん~!初めて出会う味です!!

ところで、同封されていた乾燥キノコ・・・どうやっていただいたらいいでしょ?
[ 2012/12/03 22:50 ] [ 編集 ]

穴釣りはチョンチョン、グイン、ズボン!で楽しいです。
クロソイは魚すきにしても美味しいですよー。
これからは穴釣りも鍋も良い季節です。
[ 2012/12/05 00:21 ] [ 編集 ]

>>ねぎ夫さん
歩き回る穴釣りや探り釣りじゃないと、じっとしているのは寒いっす!

魚スキ・・・初めて聞きました!次は是非作ってみますね!
[ 2012/12/06 02:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kodokunogibier.blog.fc2.com/tb.php/142-4eff7d97