鳥獣×判別×予備講習

imgp1737.jpg
ハンターへの次なる関門の狩猟免許試験!!
・・・の前に勉強しましょ。

狩猟の試験で覚えなければならないことは色々ありますが、
私にとって、一番の覚えなければならないのは
『狩猟鳥獣の判別』です。



要は『獲って食べてもいい動物は何?』と言う問題ですが、
私は動物の知識はからっきし!特に鳥の知識は
「にわとり、すずめ、からす。」程度です。



しかし、このブログで
「美味しそうな鳥、とったったwwwwww」
と、非狩猟鳥獣をさらして犯罪自慢をしないためにも
狩猟鳥獣の区別はしっかりとしなければなりません!!



と、言うわけで今回は自分の勉強もかねて、
狩猟鳥獣、ご紹介していきます!







イノシシと鹿
まずは大型獣
イノシシニホンジカ
イノシシと豚の混血であるイノブタ、北海道に住む大型のエゾシカも狩猟対象です。

狩猟鳥獣には、一日に獲っていい捕獲数が決まっているのですが、イノシシは無制限です。
鹿は1日1頭ですが、近年ニホンジカによる食害の被害が増加した事もあり、
福岡県を含む多くの県で、無制限に緩和されています。



ヒグマとツキノワグマ
北海道のヒグマ、本州・四国のツキノワグマ

九州のツキノワグマは1957年以降「絶滅」とされていますが、
現在でも幻のくまさんの目撃情報が多数あるようです。
そんなプレミアムな熊さんでも、遭遇はしたくないですね・・・。









マガモ・カルガモ
続いて鳥類、陸鴨
マガモカルガモです。

鴨の中の鴨と言えばマガモ。馴染み深い鴨と言えばカルガモですね。
ちなみに繁殖期の鴨類は、カルガモを除いてオスとメスで毛色が大きく異なります。
今回、図に出しているのは全てオスになります。



コガモ・ヒドリガモ・オナガガモ
手前から、コガモヒドリガモオナガガモ

『よく見かける鴨』とwikiには書いていますが・・・
いままで興味が無かったので見たことはありませんでした。
今回を期に、ちょっと近くの池でも散歩しに行ってみようかしら?



ハシビロガモ・ヨシガモ
ハシビロガモヨシガモ

鴨は冬に日本へ来る渡り鳥で冬鳥と呼ばれます。
ただし、カルガモだけは一年中日本に居る鳥で留鳥と呼ばれます。










スズガモ・キンクロハジロ
次は海鴨
手前から、スズガモキンクロハジロ

上記と同じ鴨でも、こちらは海に好んで住むタイプですね。
陸鴨は水中に潜るときお尻が浮き上がるのに対して、海鴨は完全に潜水できます。
また、垂直離水する陸鴨に対して、海鴨は水面を蹴って助走をつけて飛び立ちます。
同じような顔して、何でそこまで違うのでしょうかね?



クロガモ・ホシハジロ
クロガモホシハジロです。

海鴨は陸鴨に比べて、『肉が臭くて喰えたものじゃない』・・・とか。

ふ~ん・・・そうですか・・・
じゃあ、食べてみないと気が済みませんね。


鴨類は合計して1日に5羽。
例えネギを背負って来ても、5羽以上はお帰り願ってください。








2013012022441457a.jpg

鴨以外の水鳥
左から、ゴイサギカワウ

ゴイサギはフクロウ類以外ではあまり聞かない夜行性の鳥。夜目は大丈夫なんでしょうか?

カワウは30年前は絶滅寸前だったのに、今は増えすぎちゃって困られている鳥です。
人間の都合で、守られたり殺されたり、なんだか可愛そうな気もしますが・・・。



バ2ン

バン


こいつと似た名前に『オオバン』が居ますが、こちらは非狩猟鳥獣です。
名前だけで覚えていると混乱します。
また、黒い鳥は非狩猟鳥獣の中にも多いので、しっかり見分けないといけませんね。

捕獲数は1日3羽です。






キジ・ヤマドリ・コジュケイ
陸鳥
左から、コジュケイヤマドリキジ
ヤマドリとキジのメスは非狩猟対象です。


日本の国鳥!非常に美しく、なおかつ肉も旨い!
狩猟でも人気が高いキジですが、一般的の猟法では相棒aibou.pngの存在が必要です。
ハンターとしては、いつかは捕獲したい獲物ですね。

捕獲数はヤマドリ・キジの合計2羽まで。
コジュケイは5羽までです。

ヤマシギ・タシギ
ヤマシギタシギ

すずめの倍ほどしかない大きさですが、知る人ぞ知る旨い鳥なのだとか。
う~む。見かけでは判らないものですね。

捕獲数は1日合計5羽です。




キジバト
キジバト
『鳩』で取れるのはこいつだけ。
その辺にいる『ドバト』は非狩猟鳥獣ですよ。

朝早くに目が覚めると「クークー・ポポゥ。クークー・ポポゥ。」と聞こえる鳥の声。
小さい頃、この泣き声がすごく怖かった思い出があります。
いつかあの時の恨みを晴らしましょう!

ただし捕獲数は10羽までです。


ヒヨドリ・ニュウナイ;すずめ
ヒヨドリニュウナイスズメスズメ

ヒヨドリの『ヒヨヒーヨ!』といった声は、よく梅林などで聞くことができます。
また飛び方が独特で、羽ばたきと滑空を繰り返してジグザグに飛び進みます。



ムクドリ・エゾライチョウ・ウズラ
手前からムクドリエゾライチョウウズラ

ムクドリは多く見かけますね。
追いかけると「トコトコトコトコ」と限界まで飛ばずに走るので、トコトコ鳥と勝手に呼んでいました。
地元の駅前の街路樹には、夏の夜に大量のムクドリが寝床を作り、とんでもない煩さになります。

エゾライチョウは北海道に住む鳥で、捕獲数は1日2羽。
ウズラは狩猟鳥獣ですが、現在は全国で狩猟が禁止になっています。





カラス達
ミヤマガラスハシボソガラスハシブトガラス

ミヤマガラスは冬鳥。
河川敷や農耕地で見かけるハシボソガラス。
そして、一般的に『カラス』として見られるハシブトガラスです。

普通、有害鳥獣駆除として捕獲されますが、
最近、カラスのジビエ料理が注目されている・・・とか。

これは試してみなければいけませんね。






タヌキ・きつね
小型獣類
キツネタヌキ

両者ともイヌ科に属する獣類です。
在来種なので、個人的にはあまり狩猟の対象にしたくはありませんね・・・。



タイワンリス・ウサギ・シマリス
タイワンリスノウサギシマリス

リスはリスでも、在来種のニホンリス、また似たようなモモンガやムササビは非狩猟対象です。
有害鳥獣として駆除する以外、リスって狩猟する目的ってあるんですかね?

ノウサギには、雪国で毛皮が白くなるユキウサギも含まれます。



テン・ハクビシン・ミンク・イタチ
左から、テンハクビシンミンクイタチ
ただし、イタチのメスは非狩猟鳥獣です。


キャワィ~~!!
っと手を出したら、指を噛み千切られるので注意してください。


イタチ科(ハクビシンはジャコウネコ科)の動物は、基本食用とされることは無く
あまり進んで狩猟はされないようですが・・・・


・・・いつかクロケット帽
・・・作ってみたいんですよね。




アライグマ・アナグマ
アライグマアナグマ

食用に向く小型獣類は、ウサギとアナグマ、アライグマでしょうか。
「アライグマを食べる?」と思われるかもしれませんが、
アメリカでは普通に食べているそうですよ。


アナグマの肉は特に旨く、古くから世界中で狩猟の対象になってきました。
ダックスフンドはアナグマの巣穴に入るために、あれほど胴長に改良されたそうです。


どちらにせよ小型獣類は夜行性なので、銃猟ではなく罠により捕獲になります。
今年は銃猟だけなので、小型獣類の捕獲はまだ先ですね。





以上が狩猟鳥獣です。いかがでしたか?
ハンターになったら狩猟鳥獣全種捕食を目指しましょう!!




・・・・と、








後2種、狩猟鳥獣が居るのを忘れていました。






ノイヌノネコです。


つまり、山にいる野良イヌやネコを食べていい!ということになるのですが・・・

本当に野良かどうかは本人に聞くしか手が無いですからね。
さすがに私でも・・・イヌとネコは・・・・タベマセンヨ。




\本試験につづく!!/
ブログランキング・にほんブログ村へ
画像の編集にどえらい時間がかかり、全部覚えてしまいました。
ワンクリックいただけたら幸いです!



スポンサーサイト

頑張って!!

鉄砲に釣りに酒…まさに私と趣味が同じですね(笑)
いや、同じ種族かと思われます

射撃練習はお金も時間もかかりますが、猟の成果や安全な取り回しに必ず結び付くので進んで練習すべきです!!
その他にも猟や銃の情報交換の場になりますし、生安の担当官からも信頼されますんで♪

あと福岡総合は入場料と皿代がチョイ高め…ゴニョゴニョ…
[ 2013/01/21 02:42 ] [ 編集 ]

>>アルファ~さん
はじめまして!
趣味がお合いしますねw
今年の猟期までには人並みに銃を取り扱えるようにならなければいけませんので、
どんどん練習しに行く予定です!

ア。。。やっぱりちょっと高めナンデスネ・・・あそこ。
[ 2013/01/21 22:12 ] [ 編集 ]

昨年9月に免許をとった経験から言いますと、銃の初心者講習からみたらはるかにハードルが低いですから、ジビエさんなら楽勝です。と言いつつ私は受講前に少しビビっていましたが。

しかしジビエさんの地方に生息している野生鳥獣はヘタにジビエさんの前を横切れないですね。アフリカではバッタが大発生すると、大群が通った後にはペンペン草も残らないそうですが、ジビエさんの通った後は様々な鳥獣の骨だけが残りそうです。
[ 2013/01/22 19:14 ] [ 編集 ]

>>海流美丸さん
初出猟おつかれさまです!
早く初物がとれるといいですね!

そんな無差別に動物を食べるようなことはしませんよw!
遵法精神です。
ただ、ロードキルなら非狩猟鳥獣でも食べられるはず・・・
今から戦車にでも乗り換えましょうかね?

[ 2013/01/22 21:51 ] [ 編集 ]

風邪をひいていたので、遅米です!

れおんくんがいなくてホッとしました^^

私、おばに譲ってもらった毛皮があるのですが、

最近の風潮でなんか流行遅れですよね。

クロケット帽ならいいよね^^

どうしてもあの帽子の猫にぽちっとしたくなる。
[ 2013/01/25 22:45 ] [ 編集 ]

>>れおんママさん
お風邪は大丈夫でしょうか?
銭湯を巡られていたので、風邪引いている感じがしませんでしたがw

皮や毛皮は覚えるよていですが、
クロケット帽子を作ると鳴ると、『裁縫』を覚えないと・・・
大の男がお裁縫って恥ずかしい・・・のかな?
[ 2013/01/26 21:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kodokunogibier.blog.fc2.com/tb.php/151-7dc41a9c