魚達はその旨さを知っている 『コウジの刺身』

マテ貝がなかなか出てこないことに痺れを切らせ、
そこらじゅうをスコップでほじくり返していると
半透明のピンク色をした怪しげな生物を発見・・・

・・・・んん!?
ここここここコイツは!!











imgp1827.jpg
コウジじゃねぇか!!



釣りを全くされない方には、ただの気持ち悪い生物にしか見えないと思いますが、実はこいつ、
真鯛、石鯛、スズキ、マゴチ、ヒラメ、カレイ、アイナメ等、
大型高級魚の特効餌です。

さらに驚きなのはその値段。
何と1匹200円。
周囲の地面を念入りに調べてみると、
こいつの糞らしい物がそこら中にあります。





うおぉぉぉぉ!
金脈じゃぁぁぁぁ!!


うえっへっへっへっへっ・・・・
こりゃ、春からの釣りが楽しみじゃ!



しかしせっかく捕まえたコウジ、今日は釣具を持ってきていません。
リリースするのは、ちょっと勿体無いので・・・










・・・食べちゃいましょう。














2時間で5匹。
マテ貝そっちのけで本格的に採取したら、1時間で10匹はいけそうです。

imgp1834.jpg
それでは初めて出会う獲物は
セオリー通り刺身で頂きましょう。




捌き方はわかりませんが、
こいつ見た感じ攻撃力も防御力も0ですから、
内臓を除去すれば問題ないでしょう。


とりあえず包丁の先っぽでお腹をツン!

プチュ!




うっ・・・グロイ・・・!!

『このわた』のように長い内臓には、糞がびっしり詰まっています。
内容物を除去すれば、消化器官も食べられそうですが・・・
ちょっと・・・パスさせてください。





ちなみに
ユムシコウジは、姿形がよく似ていますが、
どうやら別物のようです。(wikiには同じ生物と書いてありますが・・・)

ユムシは千切ると血のような体液が飛び散り
コウジは上図のような透明な体液が飛び散ります。
また、さきっちょに生えている『毛』の数などで見分けられるそうです。
そう言われても、よくわからないですけどね・・・。


今回コウジを食べてみようと思った理由は、
『ユムシは韓国などで食用とされている』と聞いたことがあったためです。
インターネットで『コウジを食べる』と言う直接的な記述は見つかりませんでしたが、
似たような生物なので喰えないことはないでしょう・・・たぶん。






imgp1838.jpg
内臓を綺麗に除去して、水で軽く洗います。
処理すれば見た目は『貝』のようですね。



ともかく、いただきます!
















くに・・・・・







くにくに・・・・・












くにくにくにくにくにくにくにくにくにくにくにくにくにくにくに・・・・・













ごっくん・・・・。


・・・・・





噛み切れませんでした。
厚い牛ミノのような食感です。





問題の味ですが・・・・














う、ウメェ・・・!

咀嚼するごとに、赤貝に似た甘みが染み出します。

臭みや癖などは全く無く、
姿形からは全く想像が出来ないほど、

お上品な甘味が感じられます。



う~ん・・・意外だ。
魚が喜んで喰うわけだ。




imgp1877.jpg
残りのコウジは火を通して見たいので、天ぷらにしてみましょう。










んん~・・・・?








火を通せば食感に変化があると思いましたが、

刺身と変わりませんね。

相変わらず身が噛み切れないのでひたすら咀嚼・・・





くにくにくにくにくにくにくにくにくにくにくにくにくにくにくに・・・・・






衣がはがれ油っぽさが消えると、
身からヌメっとした体液とともに、
刺身で感じた甘さが・・・





なるほど・・・・



どうやらこの甘味の出所は、
体表から出る粘膜のようですね・・・。



コウジの姿を知ッた上で、粘膜に味があるなどと聞くと、
発狂するぐらい気持ち悪がられる方がいらっしゃると思いますが、
姿形がどうであれ、コウジは旨い。






ただ、あの姿とこの旨みから、
肉を食べれば万病に効くといわれる妖怪
ぬっぺふほふのイメージが、頭から外れないんですが・・・。


ぬっぺほふ






\ごちそうさまでした!/

ブログランキング・にほんブログ村へ
マテ貝料理回じゃないんかっ!と思われた方、
当分先送りになります・・・ごめんなさいね。
ワンクリックいただけたら幸いですっ!


スポンサーサイト
[ 2013/02/13 21:56 ] 釣魚料理メニュー ユムシ | TB(0) | CM(9)

ジビエさん、相変わらず攻めますね。尊敬します。
コウジって初めて知りました。
写真見たときはユムシだと思いました。
確かにユムシ食べるのはテレビで見たことあります。
美味しいって言ってました。
僕もお店で出てきたら食べてみたいのですが、
なぜか自分で取ったのは怖くて食べられません。
[ 2013/02/13 23:37 ] [ 編集 ]

 僕自身はコウジをこのブログで初めて拝見させてもらいましたが、
 尾道育ちの知人(漁師の知り合いが多い)が以前、海へ漁(釣り?)に行って魚がとれないままお腹がすいたら、エサのコウジを食べるという話をしていました。
 美味しいんだと力説されてたのですが、コウジを知らないのでよくわからなかった記憶が(笑)

 なるほど。
 本当に美味しいんですね。
[ 2013/02/14 01:56 ] [ 編集 ]

どんたろう

そのうちヒトデとかカメノテも食べるんだろうなぁとは思っていましたが・・・
いきなりコウジとか吹っ飛んでますねw
クサフグ食ってる時点でおかしいですが。

でも、実際に体験する行動力は素直に尊敬できます。
[ 2013/02/14 06:13 ] [ 編集 ]

よかったじゃん!美味しかったって~

牡蠣とムール貝の宝庫、ヒトデ島(勝手にそう言ってる)
は干潮の時だけ降りられますが、そこのヒトデはまずかったぁ~

やっぱね、何喰ってるかは重要だよね。
胃袋はいつも確認するタイプです。

そうそう、ありがとうね。コウジ を検索していたら、偶然にも引っかかった!

今まで謎だった、キノコの名前が、『ヌメリコウジタケ』というキノコだと

特定することが出来ました~ しかも食用きのこやってぇ~

次回からは、見つけても、持って帰れるわ^^
[ 2013/02/14 08:40 ] [ 編集 ]

す、すげぇ!!

こうじは知りませんでした!!
ユムシはよく見かけますが、あれを喰うっていう発想はなかったです!
食への探求心、脱帽です。弟子になりたいです。。。
[ 2013/02/14 11:04 ] [ 編集 ]

>>ねぎ夫さん
私も獲ってきた生物(特に怪しい生物)は、
『環境汚染で悪い物質が蓄積されているかも・・・』
なんて思っちゃう事が多々あります。
ただ、お金を出しても食べられないような『味』に出会えたときは、
格別な喜びがありますよ!

・・・・まぁ酒があればプラスチックでも刺身で食べる男ですがね。私は。

>>ひいらぎさん
コウジは、真鯛やヒラメ漁師さんの餌として使用されているそうですね。
確かに美味しかったですが、おやつとして食べるのはコストがかかりすぎなような気が・・
日持ちしない餌なんでしょうかね?

>>どんたろうさん
等ブログのカテゴリーに、『地獄のジビエ』と言うタグがあるのですが、
本来『えぇ~!ジビエって奴、こんな物食べるんだ!気持ちわる~!』
と言われたいがためのネタカテゴリーとして設置していました。
しかし、いい加減『ゲテモノとそうでないもの』の境が怪しくなってきましたね・・・
まぁ、食べている本人が、ゲテモノと思ってないんですが。

ちなみにヒトデは食べたことがありませんが、カメノテはすでに捕食済みです。
よろしければこちらをご覧ください。↓
http://kodokunogibier.blog.fc2.com/blog-entry-33.html


[ 2013/02/14 22:07 ] [ 編集 ]

>>れおんさん
ママさん!その通りですっ!!
釣った魚の内容物を確認することで、その海の生態がわかりますからね!
次に同じ対象を狙う際に、餌の選択岐が広がりますしね~
・・・しかし、たまにとんでもない『グロ』が胃から飛び出してくることがありますが・・・

何もしていませんが・・・・お役に立てて幸いです!!
ヌメリコウジタケの食味レビューをお待ちしております!

>>ジプキンさん
弟子!?それはできません!!
そのかわり、私がジプキンさんの『カナリヤ』になりましょうか?
何かオススメの『食べさしてみたいもの』があればご提案ください。
・・・ど、毒見しますんで。

[ 2013/02/14 22:18 ] [ 編集 ]

あはあはあは...。

とうとう釣りエサにまで...。

さすがとしか言いようがありません。


と言いつつ、以前韓国出張に行った時にお客さんに夕飯をご馳走して頂いた際に、なんだか得体のしれないクニュクニュしたモノを食べたことがあります。口にする前にも少し想像できていたのですが、店を出てから店の水槽を覗いてみると、釣りエサっぽいピンク色の軟体動物がゆらめいていて、一瞬クラっときました。

今回ジビエさんが食されたモノとは少し違っていましたが、意外と美味しかったのを覚えています。
[ 2013/02/16 20:20 ] [ 編集 ]

>>海流美丸さん
それはおそらく『ユムシ』ですね。
『あれ』をディスプレイして食欲がそそられるかと言えば、
絶対に客避けにしかならないと思うんですが・・・

韓国・・・恐ろしいところ!!
・・・一度は行って見たい・・・。
[ 2013/02/18 01:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kodokunogibier.blog.fc2.com/tb.php/157-f0b2ff2f