400円の特売5号ラインは巻き痕だらけ

CIMG0233_convert_20110816155813.jpg

前回と同じ!潜りの後の中アジ狙いだ!




サビキ仕掛けを投げ込んで当たりを待つが・・・
生体反応が無い。


ん?豆アジすら浮いてこない。
大潮の上げ時なのに潮が止まっている・・・?



その後、辺りが真っ暗になるまで生体反応無し。
さらに、買ったばかりの5号竿の穂先と1番が折れる!!
CIMG0254_convert_20110816143951.jpg


一度も穂先に触れていないし、竿は海に向けていたし、なぜ折れた!?

トップの写真を見て気がついたのですが、ガイドの1つが変な方向に向いていますね。
道糸もよれよれなのでおそらく絡み付いて、キャストの反動で折れたのだと思います・・・


う~むむ・・・10号のオモリに耐える硬い竿は持っていない・・・
うまい人ならば、さっさと引き上げる場面ではあるが・・・・
1.5号の磯竿、2号の道糸に10号のオモリという、
とんでもない組み合わせのタックルで再開!!


CIMG0234_convert_20110816144026.jpg


竿への負担に極力注意しながらキャストを繰り返すと、やっと豆アジが釣れ出し、一匹子アジが釣れた!

期待が高まる中、シュッ!と浮きが沈む!!

かなり強い引きだ!!アジの引きじゃない!!!


暗くてよく見えないが、寄ってきた魚影は・・・!!






あ。ボラだ。

瀬戸際の引きに負け、2号ラインを切られる。
まぁ、仕方が無いわな。と思っている矢先、再びボラのあたりが!!
寄せていくが、またもラインブレーク・・・・



こんのボラ野郎!!絶対ブッッ釣り上げてやる!!!!

3度目のボラの当たり!
引きにあわせてドラグを調整し、じっくり寄せていく!
タモに収めて、なんとか50cmほどのボラを捕獲!

CIMG0236_convert_20110816144103.jpg


実は私、ボラを釣り上げたのは初めて。
フカセ釣りでもお目見えしたことはありませんでした。

よくボラは臭い!まずい!!と聞きますが・・・



うん。確かに臭い。

でも、なんか酸っぱいような、ツーンとくる臭い。
もっとドブ臭いか、腐敗臭がするものかと思っていましたが、これならば・・・



喰えますね。

CIMG0238_convert_20110816182643.jpg

〆るための包丁を忘れてきたのですが、ダイビング用のネイビーナイフを持っていたので、これで〆ることに。
大抵活け締めにすれば臭さは緩和されます。

しかし、このネイビーナイフ。小さいシースナイフだと思っていたのですが、
実際は刃渡り20cm

警察の知人いわく。
「俺なら連行する。」
そうです。


とりあえず、内臓と頭を落とします。
しっかし、グロテスクな内臓だ!臭いもキツイ!!
話によると、ボラの内臓からはヘソという部分がとれて美味らしいのですが、今回はパス。


スポンサーサイト
[ 2011/08/16 16:53 ] フィッシング 波止釣り | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kodokunogibier.blog.fc2.com/tb.php/16-fbc87181