孤独のジビエはマルチハンターに憧れる

imgp2070.jpg







imgp2097.jpg


料理






何度と無く繰り返し手馴れた包丁捌き。


1ページ


包丁を眺めていたジビエは数年前、

初めて釣った魚と、それを捌いた事を思い出していた。









ジビエは北Q州市に生まれ、そしてこの地で育った。



kitakyuu.jpg



豊富な文化と豊かな自然に恵まれた環境の中、

少年ジビエは日々野山を駆け巡り、海川で日がな遊ぶ少年期を・・・











過ごしていなかった。




p222222222







超インドア派という性格は青年期に入っても変わらず

学校に行って、バイトをして、漫画やゲームを読む生活。

毎日続く同じような生活は、学生時代の食生活にも現れていた。

食事



毎日毎日同じ食事のルーチン。

同じように20数年間、変化の無い単調な生活。

化学調味料にまみれた食生活と同じように、

普段の生活も代わり映えの無い日々であった。













そんなある日のこと。















4sssxcf.jpg






56ss.jpg






(・・・。)








(・・・ったく。TVはいつもいつも・・・)








dsfsdfsdfsfdsdf.jpg

『美味しい』以外言えんのか?)





(・・・一皿数千円も出せば、そりゃ美味しいもんがでてくるだろ。)









(オレならもっとマシなコメントが出来・・・








are.jpg






・・・あれ?)







(でも俺、いつもこの弁当食べてるけど・・・)






(美味しいから食べてるんだッけ?)








(毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日・・・同じ物喰ってるし)





(今、正に弁当を食ってるんだが・・・)






(どんな味がしてるか・・・覚えてねぇ)









544444pkai.jpg

(オレ・・・毎日ナニ喰ってるんだ?)






自分の食べている物にすら疑問を持たなかった事は

自信の過ごしてきた人生に何の疑問を持たなかったことと同じであった。

これから先も『何かわからないもの』を考えもせずに食べ続けるように、

よくわからないまま、何の疑問も持たずに流されるような人生を過ごしていいのだろうか・・・








ジビエは人生に変化が必要だと感じた・・・



















p8



p10.jpg



魚釣り


ジビエが出した『変化』に対する答えが、釣りをしてみることであった。

別に誰かに薦められたり、誘われたりしたわけではなかった。

ただ、これまでやったことが無いアウトドアと言う世界と

自分の釣った魚を自分で捌いて食べてみるといった経験から

食と人生に少しだけ変化をもたらすことが出来るのではないか・・・

そんな安易な理由であった。












5月某日。



初めての釣りでジビエは・・・








何も釣れず。

釣りにすらなっていなかった。


111sdfsf


アウトドア全くの初心者のジビエにとって、チヌ釣りは難を極めた。
(なぜ釣具店は、全くの初心者にサビキ釣りや投げ釣りを薦めなかったのか未だに疑問)

次の週、2度目の釣行でもボウズ。これもまた釣りにならず。

そして3度目の釣行、

やはりトラブルが頻発。

周りは釣れているのに、

一向に自分のウキには変化が無い。

撒き餌も残り数投。

「もう、2度と釣りなんかするものか・・・」

そんなボヤキがでた時だった。





p14








155.jpg



ジビエは初めて感じる竿の振動に興奮した。

『チヌ』という魚が掛かったと確信した。

そしてジビエは震える手で魚を抜き揚げた。











ajiajiajdddiaddddjip16








3度目の釣行で

15cm程度の子アジが1匹

釣れた。








m444e




p19.jpg





そもそも自炊すらしたことが無いジビエにとって、

釣りと同様、魚を捌く事は難を極めた。

至難の末、15cm程度の子アジから僅か一切れの切り身が出来上がり、

それを食した。







p20.jpg






スーパーの半額で売られているそれとはまるで異なる外見。

おそらく店で提供されればクレーム必須の味。

しかしジビエは・・・








gynyaap2d2.jpg


初めて苦労をして獲物を捕獲し、

初めて食べるために生き物を殺し、

初めて料理して頂いたこと。


ジビエの放った『美味しい』と言う言葉は命に対する感謝の気持ちがこもっていた!


そしてジビエは釣りの世界にのめり込んだ!






ジビエはいつも一人で釣りに出かけた。
はたから見ると孤独な男だったが、毎度同じ人と同じような釣りをするよりも、
あらゆる釣りのスタイルで多くの魚と出会う事がジビエにとっての楽しみであった!
修正333p24









それまでの無味乾燥な人生とは一転して釣魚の種類と料理の腕が向上するごとに、
これまで代わり映えのしなかった人生に思い出が刻まれていった!

cimg0034.jpg





またジビエは、釣り以外にも『命を食べる』事に興味を持ち始め、多くの人から影響を受けた!








ima題


グレムリ2ン


自分の獲った肉を食べてみたいと感じた。ジビエは狩猟に挑戦することを決めた。









sddddfsdfdf.jpg

「知らない人が見たらゴミに見えるかもしれないけどそれを糧に生活していた時代もあるの。
現代にそれを再現できれば、面白いと思わない?」

Rチェリー

道端に生えている植物にも食べられる種類があり、
『雑草』にも名前があることを学んだ。







こうしてジビエは、狩猟、釣り、採集、突漁、罠・・・

あらゆる手段で食料を手にしてそれを食することに命を賭ける






マルチハンター














fugumaturi.jpg







\ごちそうさまでした!/

ブログランキング・にほんブログ村へ
ちょっとだけ変わった『孤独のジビエ』
これからもどうかご贔屓に!
ワンクリックいただけましたら幸いです!

[ 2013/04/01 00:00 ] はじめまして! | TB(0) | CM(16)

うまい醤油とお天気にかなり笑いました(笑)
ジビエさん、ハードコア→ポップ→ハードコアと路線変更してますね。まるで一流のアーチストみたいです!
是非釣り場でお会いできることを楽しみにしております!
[ 2013/04/01 15:31 ] [ 編集 ]

やはりあの人ですか?

コメントは二回目です。

やはりジビエさんは千葉のあの人の影響を受けてましたか!!
[ 2013/04/01 20:17 ] [ 編集 ]

>>コバさん
今回は路線変更の試験的なものとしてに考えられる表現方法を全てつぎ込んで見ました。
楽しんでいただけましたら幸いです。

しかし最も描きたかったのは、『チヌの詩』が消しこんでいくシーンです!
釣り人だけが知っているあの脳汁が吹き出るあの一瞬っ!!
今後も写真や動画では表現できない場面を、稚拙ながら絵に起こしていきますので、よろしくお願いします!


>>直方さん
色々な人から影響を受けておりますが、やはりあの人の割合が一番大きいですね~
この先同じような記事を書いても、あの人の2番煎じにしかならないと思いましたので、
今回思い切って路線変更!マイナーチェンジをする形となりました。
ちょっと異色なブログですが、楽しんでいただければ幸いです。
[ 2013/04/01 22:03 ] [ 編集 ]

私はジビエさんほど悪食グルメではなく、食材について用心深いところがあるものの、なんか美味しそうだと思える食材のひと口目には期待しますね。ただ横着なもので、ジビエさんの様に凝った調理に手を出しませんけど。

ところで魚の写真の中にヘラブナみたいな写真がありますが、食べられたのですか?
[ 2013/04/01 23:19 ] [ 編集 ]

毎回ホント面白いですねー(笑)

房総の鬼才のあの殿方は神様みたいな存在ですからね!

ずっと前から見させてもらってたのですが、やはり有名だったのか(笑)

ジビエさんもロードキル食材でやってみて下さい(笑)
[ 2013/04/01 23:54 ] [ 編集 ]

おぉ~千葉房総の人だったの?私も、モチロングレムリンさんは存じ上げております!

ファミコン、GB、プレステ パソコン買うまではゲームオタクだったので~懐かしのぉ~

そうね、ひとりでいくと、必ずいろんな人が教えてくれるね。

ムダな知識や余計なことも語るけど。。。

たまに、人生の相談を持ち込まれることも。。。

そして、ひとりで行くと、必ず、大漁のお賽銭がゲット出来ます。。。

手ぶらで帰ってきたことは今まで一度もありません~

ちぇりーちゃんの正座姿。。。萌~

とにかくさ、上から、下まで、絵がすごすぎる。臨場感出すのパーフェクト~

イラストのプレゼント撤回するわ。。。ホンビノスに替えていいかなぁ。。。
[ 2013/04/02 07:20 ] [ 編集 ]

素晴らしい!

短編映画を一本観たような感動…まさに鬼才!!
[ 2013/04/02 10:58 ] [ 編集 ]

今年はチヌ釣りまくって「孤高のジビエ」にレベルアップですよ

自分は赤坂海岸では8連続ボウズですよ・・・

明日は馬島テトラかめかり一文字に行ってきます
[ 2013/04/02 15:52 ] [ 編集 ]

やはり房総の方の影響を受けていたとは!!
いつもブログの更新たのしみにしてます♪
[ 2013/04/02 20:43 ] [ 編集 ]

>>海流美丸さん
グルメな海流美丸さんには、狩猟の先輩としてだけではなく、
ジビエ料理の勉強もさせていただけるかとおもいます!

ギンブナは本ブログ記念すべき第一回目の獲物ですね。
こいつを料理するために圧力鍋を買ったのに、
その後ギンブナを釣ってませんね・・・釣りに行かねば。

>>雷魚マンさん
大人気ですねw「千葉のグレムリンさん」
狩猟で最も影響を受けているのがこの人ですね。
その他、スピアーフィッシングに憧れたのもこの人の影響です。
ロードキル、パチンコ猟、ラジコントローリング・・・正に鬼才です。

>>れおんさん
「友達が忙しくなったから釣りに行かなくなった」という人を多く知っていますが、
少しかわいそうな気がします。一期一会の出会いも楽しいんですけどね・・・。

実は「グレムリンさん」のような絵を「うさぎママ」として描いていたのですが、
どうしても『髪形』が決まらずお蔵入りとなってしまいました。
もしプレゼントしていただけるご予定でした下書き等ございましたら、こっそり交換しませんか・・・?


>>ジプキンさん
いつも美味しそうな料理の話を見させていただいております。
これからもよろしくお願いします!

>>かっちんさん
先週は3連休(月曜が休み)だったのですが、絵に時間を使いすぎて釣行できずっ!
本職(釣り)のほうがおざなりになってしまいました・・・正に本末転倒!
え?本職は会社だろうって?・・・糊口をしのぐだけの活動なんて・・・しくしく


>>愛媛県さん
はじめまして!
狩猟に憧れを持ったのは「グレムリンの人」の影響ですが、
狩猟の入り口としては「ブリタニーの人」の影響も大きいですね。
(「ハンターへの道」なんてサブタイはまんまですね。)

また釣りに関しては、ネタ絵を随所にちりばめるブログスタイルなどと合わせて
「沖波止のアジモンマスター(泳がせ釣りの人)」の影響が強いです。

今まではこのような方々のツギハギでブログを構成していましたが、
そろそろ自己色を出すために、新たな方向に舵を切ることになりました。
このような諸先輩方に一歩でも近づけるようにがんばっていきますので、
これからもよろしくお願いします!
[ 2013/04/02 22:02 ] [ 編集 ]

今回はまじめクンですね。
新しく何かを始めるって素晴らしいと思います。
新しい方向のブログ、がんばって下さい。
さらにぶっとんだギャグを楽しみにしています。
[ 2013/04/03 00:33 ] [ 編集 ]

お疲れ様です(^o^)
自分も独身時代はカップラーメン→ペヤング→どん兵衛のローテーションでしたよ。たまに贅沢してスパ王とかラ王も食ってましたが

最近はジビエさんを見習って包丁を握ってます。
料理、楽しいです(^o^)
[ 2013/04/03 03:53 ] [ 編集 ]

中学生のとき、理科の先生が少し変わった人で教科書以外の話もされる方だったのですが、
あるとき、「食」の話の一環として食肉用に屠殺された牛の頭蓋骨を持ってきて説明したり、
ソーセージの本来の作り方を説明したり・・・
やはり、普段、自分が食べている物を知るのは大切だな~と。
あとは、うちは少しだけ農業もやっているので、野菜やお米については家で学んだ感じですね・・・
[ 2013/04/03 19:56 ] [ 編集 ]

>>ねぎ夫さん
ありがとうございます!これからもよろしくお願いします!
将来農業をすることになったら、ねぎ山さんをキャラ化にして・・・ぶつぶつ

>>リーマン戦争2009さん
まぁ、実は未だにほとんど自炊はせず、冷食とのり弁のルーチンなんですが・・・
一人暮らしだと下手に自炊すると逆にお金がかかるんですよね~・・・
包丁を握るのは魚を釣ったときだけ・・・


>>EYWさん
なかなかナイスな理科の先生ですねw
今は魚など屁でもありませんが、初めて捌いたときは怖かったぁ・・・
今後、鳥獣を捌いていくことになると思いますので、
『素人目から見た狩猟の世界』を楽しんでいただければ幸いです。
[ 2013/04/04 00:34 ] [ 編集 ]

おっ!やはり千葉のあの方の影響もありましたか!
僕も彼のファンですよ~
たしか「マムシ」でググってたらあそこに辿り着いたんだ記憶が(笑)


しかし、そこのまでインドア派だとはとても意外でしたね
これからも更なる活躍を期待しております


初心者にチヌ釣りを勧めるって意味不明ですよね
[ 2013/04/04 07:54 ] [ 編集 ]

>>モンタナさん
あの人はコンテンツの面白さに加え、文章力の高さも素晴らしいですからね。
一歩でも近づけるように、私も独自の色を磨いていきたいものです。

ポイ太郎さんにチヌ釣りを薦められ、半年ほどは本当に後悔しました。
しかし今では磯竿大好きっ!あの悔しい経験などがないと、これほど釣りに
熱中することは無かったでしょうね。

リンクをいただいている事に気が付かず、大変申し訳ございませんでした。
こちらからもリンクを晴らせて頂きます。
問題等ございましたらご連絡下さい!!
[ 2013/04/05 01:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kodokunogibier.blog.fc2.com/tb.php/169-8777c0c4