忍法貧乏料理の術 『ヤブガラシの天ぷら』

・・・ぐっ!!



imgp2827.jpg


散弾銃代の+5万円を捻出したら
今月の生活費の残り350文!!

携帯代やらインターネット代やら支払ったら、
今月、ほとんど食費が残らないっ!!


こうなれば・・・・もう・・・




img_0569.jpg


『よくわからん茸』でも食べてしのぐしかない・・・・!










待てっ!茸を甘く見るでない!!

 




「だ、誰だっ!?」












\我こそは、正義と茸と野草を愛す!/
茸忍者たまちゃん











おぬし、食費に困って茸を食べようとしているのか?
キノコではなく、もっと他の物を採取すればいいじゃろうが。

 




「で、でも、この時期は食べられる山菜や木の実なんて生えてないですよ?
例え生えていても場所なんてわからないし・・・」








食材となる植物は、なにも山菜や木の実だけではない。
ほれ、そこに今のお主にぴったりの野草が生えているではないか。

 









imgp2785.jpg

「『僕にぴったりの野草』・・・・って、













imgp2795.jpg

・・・・これ?」








そう。それは『ヤブガラシ』
通称、『ビンボウカズラ』じゃ。

 








imgp2787.jpg

「び、貧乏って・・・・」




生命力の非常に強いツル性の植物で、他の植物に巻きついて
枯らしてしまうほどの繁殖力を持っておる。
『貧乏な家は庭の手入れができず、こればっかり生えている』
と言った意味でビンボウカズラと呼ばれておる。


 






「で、この家の裏に生えていた、このビンボウカズラ・・・・
本当に食べれるんですか!?」



imgp2799.jpg


うむ。
薄い赤みを帯びた新芽を採取するのじゃぞ。

 











imgp2805.jpg


水で洗ったら茹でるんじゃが・・・
・・・ちょっと、生で食べてみよ。

 






imgp2808.jpg

「は、はぁ・・・・いただきます。」

















~ん!?



葉の質は柔らかく食べやすいですね!
それにモロヘイヤのような風味のイイ粘りが!
こいつはなかなか美味し・・・・






・・・・ぐっ







うぉぉぉぉっ!!
ヒリヒリヒリヒリヒリ!!
な、何か舌と喉がヒリヒリ痛いんですけどっ!?








imgp2811.jpg




ヤブカラシには痺れるような辛味成分が含まれておる。
茹でた後は水に一晩ほどさらし、好みの辛さになるまで
灰汁抜きをするんじゃ。

 















imgp2820.jpg



「おっ!?一晩水にさらした、ヤブガラシのおひたし・・・
この粘り気と辛味は、お店に並ぶような野菜には無い
・・・なんて言うか『ワイルドな風味』がしますね。」







灰汁抜きの処理が面倒なら、
天ぷらにするといいじゃろう。

 









imgp2817.jpg


「こ、こいつは美味しいっ!!」
「モロヘイヤのような食味と、独自のピリピリ感で、
今まで食べたことが無いですよ!こんな天ぷら!!」













身近な植物を利用して、作り出した食料や薬・・・
これらは『忍者食』
と呼ばれておる。

 










「・・・そういえば『忍術』って、魔法使いみたいなイメージがついてますが、
実際は敵地で諜報活動を遂行するために、
『身近なものをうまく利用する技術』
なのだそうですね。」

「忍者食って、究極の『節約料理』ともいえますね~」






そうじゃな。
それに、野草は栄養価が非常に高いんじゃよ。

 





「なるほど!わかりました・・・・
僕も今回学んだことを活かして・・・・










   \節約に努めます!!/

imgp2825.jpg








\って、ビール買ったら意味ないじゃろがっ!/
煙変化











ブログランキング・にほんブログ村へ
今週わかったこと。
①ジビエ君、お金ない。
②忍者のたまちゃん、タマゴタケが好き。
次週わかること。それはまだ・・・混沌の中。
ワンクリック いただけましたら・・・・ドロヘドロ!






スポンサーサイト

ウサギも野草好きよ。
葛とかどうかなって?今いっぱいあるっしょって?
(私は食べたことないよ。れおんくんが美味しいって言ってる)

。。。だから、あれほど、去年の秋にどんぐりを拾っておけと。。。



[ 2013/06/27 05:41 ] [ 編集 ]

こうしてみると、ただの雑草→食べられる山菜の違いって大きいですね~

・・・ビール、それも高級品ぢゃないですか!
第3のビールっぽいもので凌いでください~

あ、私はアルコール類は呑みません。
[ 2013/06/27 07:15 ] [ 編集 ]

 今の時期、木苺とか山になってますよ。桑の実とかもあるかも。山椒も実がそろそろかと!

 そしてそして、ガマガエル!雨降りの日に、山の中を通ってるアスファルトの林道を見てみると、よくちょこんと座ってます。
[ 2013/06/27 11:36 ] [ 編集 ]

かっちん

いやー

生きるって、素晴らしいです


ジブリのアニメを見た後の気分になりました。

俺も一生懸命生きないと


今日はポイ太郎に「くまモン」の座椅子買いに行って無かったので店員に尋ねたらカスを見る様な目で女性店員に見られました…

ウォォォォ~

今回の話しで元気出てきた!
[ 2013/06/27 14:56 ] [ 編集 ]

予算外の5万円もきっちり払われたのですね。もしかして射撃練習もおあずけ?
シーズン前に必要な狩猟登録やハンター保険の費用を払ったら猟に使う弾が買えないなんてことが無いように、今からお金を貯めておいてくださいねぇ。
[ 2013/06/27 19:57 ] [ 編集 ]

Re: れおんさん

『葛』ですね~!根を掘って葛粉を精製できれば、料理の幅が広がりますね~!
是非チャレンジしたいと思います!

れおんさん、桑の葉もモリモリ食べてましたよね~
『去年の秋のどんぐり』・・・何か思い入れがあるのでしょうか?
[ 2013/06/27 21:41 ] [ 編集 ]

Re: EYWさん

ビールは高いですねぇ~・・・第3のビールはあまりおいしくありませんし・・・・
そこで忍法『脳内アルコールの術』!!

炭酸水80円にレモン汁少々を加え、『これはお酒』と思い込み飲むと酔えます。
マジです。
[ 2013/06/27 21:49 ] [ 編集 ]

Re: 長宗我部元親 さん

九州はキイチゴ、ほぼ終わってますね~
桑の実は5月一杯探していましたが、結局発見できず・・・
狩猟をすれば山に入りますので、色々と探索しています!!


・・・ガマガエル。食べちゃうのでしょうか?
皮膚から毒が出るんですよね・・・確か。
[ 2013/06/27 21:52 ] [ 編集 ]

Re: かっちんさん

僕も道端の草を食べながら『平成タヌキ合戦ぽんぽこ』を見たような哀愁を感じています。

(ポイ太郎の店にくまモンの座椅子があったかは疑問ですが)
なんと酷い扱いっ!ちょっと僕もポイ太郎のところに行ってみます!!
・・・で、それって30分いくらのコースでしたか?
[ 2013/06/27 21:55 ] [ 編集 ]

Re: 海流美丸さん

射撃練習はもちろん行きますよ~!

そうなんですよね~・・・ハンター保険やら猟友会費やらお金がかかりますよね~
ウェアやガジェットもそろえないといけませんし・・・

海流美丸さんは装備に詳しそうですので、相談に乗ってくださ~い!
[ 2013/06/27 21:58 ] [ 編集 ]

かっちん

くまモンの座椅子は「プロックス」の製品です。

プロックスはコスト安いから良かですよ。

竿はちょと厳しいけどタモとかは、カーボン製品なのに激安ですよ。

その他の小物もコストパフォーマンスに優れてます
[ 2013/06/27 22:58 ] [ 編集 ]

Re: かっちんさん

http://www.point-i.jp/fish/recommends/view/35476

うははww本当にあるんですね!
色々調べて見ますね~

・・・てか熊本関係ないし。
[ 2013/06/27 23:06 ] [ 編集 ]

分かりますよ!

良い天ぷらのネタが手に入ったら、良いビールで飲みたくなりますよね
[ 2013/06/28 07:59 ] [ 編集 ]

どんぐりころころ

「どんぐり」とひとくくりに言われることも多い「どんぐり」ですが、あくが強くてあく抜きが大変なのもあれば、あくが少なくあく抜きをしなくても食べられるような種類のものもありますので、調べてから拾いに行きましょう♪
(木の実の形が同じようなのは、いろんな種類の木の実が、いっしょくたに「どんぐり」って言われてるんですよね)
[ 2013/06/28 09:51 ] [ 編集 ]

あ、書き忘れー

もちろん、季節的には今から拾いにいってもアウトだと思いますがー(笑)

ついでに、ガマガエル。
ヒキガエルですよね?(ニホンヒキガエル・・・であってるのでしょうか?)
ヒキガエルは皮膚から毒を分泌、と記憶してますが、皮膚をはがして取り除いて流水でよく洗えば食べることは可能だったように思います。
(もし食べられるのでしたら、きちんとご自分で調べてからのほうがよいですが)

まあ、無理してヒキガエルを食べるよりは、ウシガエルを釣りに行く方が気も楽だと思いますが(笑)
(ヒキガエルは毒があって天敵が少ないためか道具無しでも簡単に捕まえられます。ウシガエルは生息している沼や池を見つけて釣るのが一番簡単でしょうか。けっこう簡単に釣れます)

[ 2013/06/28 10:01 ] [ 編集 ]

Re: ひいらぎさん

御教授頂まことにありがとうございます!

『どんぐり』ですね!秋にチャレンジしてみます!
丁度、どんぐりの大先生ともお知り合いになれたことですし・・・

ヒキガエルは肉に毒があるわけではないんですね~
そういえば、アマガエルも食べる人がいるみたいですよ・・・
色々チャレンジしてみますね!
[ 2013/06/28 21:04 ] [ 編集 ]

Re: モンタナさん

特に揚げ物の、シュワシュワパチパチの聞くと、
ビールが飲みたくなるんですよね~!

え?キッチンドランカーじゃないかって?
いいじゃないですか・・・うぃ~っ!
[ 2013/06/28 21:07 ] [ 編集 ]

食べられる野草って意外とたくさん、
しかも身近にあるんですよね。
タダで取れる食材は格別な味に感じます(笑)
食事は質素ですがビールが贅沢すぎます。
これからはビッグマンの麦茶割りにして下さい。

[ 2013/06/30 00:59 ] [ 編集 ]

Re: ねぎ夫さん

釣りや狩猟で大物を仕留めることは、確かにマルチハンティングの魅力ではありますが、
野草やキノコ、どんぐりなど、身近にある物を利用すること・・・
これもまた、このブログの非常に大きなテーマだと思います。

そうですね~・・・ビールは高いので、
消毒用アルコールを蒸留して果物をぶっこんだ『ミステル』はいかがでしょうか?

蒸留に失敗すると失明しますがね。
[ 2013/06/30 10:17 ] [ 編集 ]

リンクありがとうございます!

 そちらでは有害鳥獣の駆除許可はどうなって居ますか? 地区によって許可の方式が違い、私の方では狩猟免許取得と同時に駆除許可が発行されてました。

 また、地元が駆除の依頼を猟友会に委託している場合には、罠猟での駆除は単独行動でもOKだけど、銃での駆除の場合は猟友会で参加出来る人が集まって土日祝だけする、というやり方の所もありました。

 
[ 2013/06/30 12:27 ] [ 編集 ]

Re:長宗我部元親 さん

こちらこそ、相互リンクを結んでいただき誠にありがとうございます!

近年、20代~30代を中心に、狩猟に対する注目が非常に高まっています。
このような層に情報を発信できるサイトを目指していきたいと思っていますので、
その際は、専業猟師として活動されている長宗我部元親 さんのアドバイスがいただければ幸いです!

詳しいことはわからないのですが、当方の駆除許可はハンター歴『2年以上』で、
猟友会が信頼認定するグループに所属している場合に限るようです。

有害鳥獣駆除の地域による違い・・・
このあたり、情報を整理して記事にしたいですね。


[ 2013/06/30 20:35 ] [ 編集 ]

初めまして!

初めましてです!

ヤブガラシは、春の若い時に食べたことがあります。
きっと春に収穫したヤブガラシよりも、今の時季の方が辛みがあるんですね。
本当、今の時季のヤブガラシは長いです( ˘ω˘ )フムフム

あと、ジビエさんの絵はすごい上手いですよね。
内容がすごい面白いです(笑)

では、またコメント書きます!(・。・)/
[ 2013/07/02 14:12 ] [ 編集 ]

Re: ワン太郎 さん

初めまして!

ヤブカラシ、多年草ですが季節によってちがいがあるんですか~
季節によっても食べ比べてみても面白そうですね・・・ところで『長い』って!?

ゲーム・漫画などのインドア好きも、釣り・狩猟などのアウトドア好きの方も
どちらも楽しめるブログを目指して行きたいと思います!
これからも是非よろしくお願いします!
[ 2013/07/02 23:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kodokunogibier.blog.fc2.com/tb.php/194-b0636ae5