アマチュア無線4級なんて楽勝~でしょ?

銃の所持許可が下りて、狩猟の免許も取得できたわけだけど・・・
ジビエ君は今年、何を『メインターゲット』にする予定なの?

 



「M12が『カモ』に特化しているから、色々迷ったんだけど・・・やっぱり、ルーキーイヤーは
グループに所属して『イノシシ』を追おうと思ってるんだ。

「銃を持っているから我流でハンティングってわけにはいかないからね。
今、オリオン銃砲店さんのツテで所属できるグループを探してもらっているところだよ。」








おっ!じゃあオイラと同じだね!
去年は空気銃で単独鳥猟だったからね。
今年はグループで『巻き狩り(大物猟)』するぞ~!!

 







「それじゃあ後は所属するグループとの顔合わせぐらいだね。
それまではクレーで射撃の腕を磨くって感じかな。」











ザザ・・
ザザ・・・・フフフ。
ザザ・・ザザ・・

 






「ん!?」











ザザ・・何か・・・ザザ・・大事なことを忘れていないか!?

ラジオ




「こ、これは・・・・無線機?











\おっちゃん達!グループ猟で必須の『無線』、忘れてない!?/

テレフケン君







(・・・子供!?)










もしかして、無線の存在自体忘れていたわけじゃないでしょうね~?
そうだとしたら無線も無しに、
どうやって山の中で仲間と
コミュニケーションを取ろうと思っていたんだ!?










「そ、それは・・・・」














a合いフォンがある













『無線機』なんて使わなくても、今は山の中でも携帯の電波が入るからなぁ~
スマートフォンがあれば無料通話も、ストリーミング配信も可能だし。

 




「あえて資格を取って、高い無線機を購入するのもね~・・・。」
「はっきり言って、無線通信なんて時代遅れだよね。」











じ、時代遅れぇぇっ~!!酷いよっ!
無線通信は携帯電話が使えないような災害時に役に立ってるんだ!!
それにいくら携帯の電波が良くなったって、S○FT BANKは山岳や海上では電波スカスカじゃないか~っ!







「わ、わかったよ!なにも泣くことないだろ?







まぁ、狩猟グループの人たちは大体年配者だからね~。
スマホなんて持っている人は少ないかも。
そういった意味では、無線が必要なのかもね。

 






でしょ!でしょ!!
やっぱり、本格的なアウトドアには『無線』の力が必要だよ~!!
と言うわけで、
無線を使用するための国家資格
『第4級アマチュア無線技士』
に興味が湧いてきたでしょ~!







「う~ん・・・まぁ、それほど言うのであれば・・・
取得しておきますか・・・面倒臭いけど。









おいおい!アマチュア無線4級だろ?
そんなに面倒くさいこと無いって!・・・確か
小学生がよくチャレンジする資格
だから!

 










「な~んだ!小学生でも取れる資格なのか。」
「んなら楽勝だな。」









・・・そう簡単にいくかな?










「・・・あのね~、僕たちは大人なの。」


「きみみたいなこどもとちがって、『むずかしい かんじ』
もよめるし、
『むずかしい さんすう』だってできちゃうんだよ。」










じゃあ、
アマチュア無線4級の過去問にチャレンジしてみる?








そこまで言うのなら、ちょっと付き合ってあげるよ。
まぁ、狩猟免許や銃所持許可の試験をパスしてきた
オイラたちの相手になるかな?

 










※ 無線通信に興味の無い方は、ちぇりーさんの福岡民謡『炭坑節』をご覧下さい。


aモンダイデス1 炭坑節1cv


      










第1問答え:① こういう定義です。

モンダイデス2 炭坑節vv2











第2問答え:④ 『電波の質』とは、アンテナ(空中線)から発信する電波の周波数の偏差(ずれ)、
      周波数の幅(占有周波数帯幅)、高調波の強度等が許容値以内である事を指します。
      いずれも、他の通信に障害を与える『混信』に関係するパラメーターです。



モンダイデス4   炭坑節fffe4












第3問答え:④ 災害時や緊急時のいわゆる『SOS』。
      通常アマチュア無線4級では、アンテナからの電波の強度(空中線電力)が決められていますが、
      緊急時にのみ、この範囲を超えて通信することが可能です。


モンダイデス335   zawww炭坑dd5














第4問答え:②ローレンツ力(電動機)に関する『フレミング左手の法則』、
      左手の中指(電流の方向)、人差し指(磁界の方向)、で磁界内の電流が流れる導体にかかる
      力の方向(親指)を示します。
      ちなみにフレミング右手の法則は電磁誘導(発電機)の法則。


モンダイデス6 shuusei炭坑節9














第5問答え:④ FMラジオ放送の周波数帯は76~90[MHz]。
      基本波28[MHz]がこの周波数帯に混信を与えたとすると、
      第3高調波 3×28 = 84[MHz]が関係していると考えられます。


モンダイデス7 炭坑節112











第6問答え:② 春から夏ごろにかけて主に昼間に上空約100[Km]付近に発生する局地的な電離層。
      電子密度が高い場合は、一般には電離層で反射しない高周波数(VHF波)を反射するため
      数1000[km]以上もの遠距離に電波が届き、混信の原因となります。


ま、真面目に聞けよぉー!!









現実逃避もしたくなるよ!!
なんだこの難易度!
小学生が取得する資格じゃねーよ!!

 







でも無線通信には、高度な知識と技術が必要である事がわかってくれたよね?








「う~ん・・・電話やメールのように『与えられた通信手段』ではなく、
原理を理解して自分の力で通信を行うところに、なかなか面白さを感じるよ。」


「・・・でも、この問題の難易度!ちょっとやそっと勉強しただけじゃ受からねぇな・・・」
「今から勉強しても間に合うかわからないし・・・やっぱり今年はスマホで・・・









ちょっと待って!諦めないでっ!!
アマチュア無線4級の試験には、ちゃんと『対策』があるから!!








アマチュア無線4級は、合計10時間の講習会(費用22,750円)を受ければ
国家試験免除ってインターネットに書いてあったけど・・・
この講習会参加をオススメする気?

 






講習会費22,750円っ!!そんな金持ってないぞっ!!」







い、いや・・・講習会に出なくても、
アマチュア無線4級のテストは・・・・












歴代、過去問がそのまま出るんだ!!







「な、何ィ!!つまり、
過去問を丸暗記してればOKって・・・こと?










ま、まぁ・・・傾向は変わるかも知れないし、
できれば、しっかり原理を把握して欲しいんだけど・・・








ジビエ君・・・どうする?
次の試験、挑戦してみる?
オイラは受けるよ。

 






「・・・ああ。挑戦しよう!
アマチュア無線4級試験!!







ブログランキング・にほんブログ村へ
👉Next:無線技術、もうちょっと詳しく!
👉Prev:散弾銃・・・いきなり壊れる!?
👉オススメ:ー射撃、どんな競技?

👉オススメ:巻き狩りで無線、超重要


何年か前に宅建を取りに行ったんですが、なんと同じ年に6歳で挑戦した猛者が居たそうです。合格者の中には12歳なんて子も。小学生ですね

あれは大人でも10人中8人ぐらいは不合格になるんですが・・・子どものポテンシャルって、なかなか侮れません(-_-)

自分も教養がてら次の危険物の試験でも受けに行こうと思ってます。
頭は使わないと衰えてしまいますからね
お互い貪欲に勉強していきましょう(^o^)
[ 2013/08/14 03:40 ] [ 編集 ]

Re: リーマン戦争2010 さん

現在の日本社会には年齢で小・中・高・大・社会人と暗黙の縛りがありますが、
教育は何歳になっても興味があれば学びなおせますし、
何歳からでも興味が芽生えれば学び始めれるものなんですよね~

また若い頃教育に興味の無い人は無理に進学せず、社会人になって
興味が芽生えたら教育課程に戻るなどの制度(というか社会通念)を設けるべきだと感じます。

もちろん僕は高校大学で勉強しなかったくせに、社会人になって『もっと学びてぇ~!』と
思っている人種です。


[ 2013/08/14 04:18 ] [ 編集 ]

答えの文字反転?がよーわからんので、

ちぇりーちゃんと一緒に踊ってました~

盆踊りのあの振りはそーゆー意味だったのかぁ~

見よう見まねでやってたけど、

全部ストーリーがあったんだねぇ~

スコップで掬うだとか、カゴに入れるだとか、

車を押すだとかぁ~ これはぽちっとせねば!

あ。途中、あれ、フレミングの法則?

わざとか!さすがや!
[ 2013/08/14 07:34 ] [ 編集 ]

Re: れおんさん

記事を少し修正しました。
前編漫画形式だと校閲スカスカですね・・・申し訳ございません。

僕もこの歌が福岡県の民謡だとは知りませんでした。
振り付けも意味があったんですね~

余談ですが絵を描くときは絵のテーマにあわせた曲を聴いているのですが、
今回は旧ドイツ軍戦車兵の歌『パンツァー・リート』と『炭坑節』がエンドレスで流れていました。
カオスな作業場ですね
[ 2013/08/14 11:17 ] [ 編集 ]

今でも四アマの対策は過去問なんですね。開局は有限ですけど、無線技師の免許は書き換えがないから、何か得した気分になりませんか?

無線機は、通信だけでなく猟隊の犬の声も聞く可能性があるのでしたらデュアルバンドがお奨めです。師匠の請け売りですけど『スタンダード50/144/430MHz VX-8D』はいかがでしょうか。
[ 2013/08/14 18:39 ] [ 編集 ]

炭坑節

筑豊人なんでツッコミますが、
押したあとの、開くがないっす
[ 2013/08/14 18:48 ] [ 編集 ]

4級アマチュア、3級アマチュアともに講習で取得です(w
ついでに、第1級陸上特殊無線技士も認定学校に通っていたので、
授業で取得しました~
自力で、筆記試験で取得したのは第4級海上無線通信士ですね~

仕事でも無線を利用していますが、
携帯電話との最大の違いは、「タイムラグ無しで、大勢の人に、同時に、同じ内容を知らせることができる」
コレが無線の利点ですね。しかも、音声なので周りを注意しながら耳だけ傾ければよいということですね。
ちなみに、少年が持ってるのは特小無線(特定小電力)っぽいかな??

私も、できればグループ猟にまぜていただきたいな~と、考えてます。
[ 2013/08/14 19:12 ] [ 編集 ]

Re: 海流美丸 さん

昔から過去問が対策なんですね~

『スタンダード50/144/430MHz VX-8D』!!
スペックのよしあしは今の僕にはわかりませんが、デザインがかっこいい~ですね!
楽天で4万ですか・・・一生使えると考えると・・・安いのかな?
[ 2013/08/14 22:35 ] [ 編集 ]

Re: こうたる さん

御指摘頂き誠にありがとうございます!修正いたしました。
にわかですみませ~ん!

歌詞と振り付けのタイミングも合っていませんが、
そちらは仕様となっております・・・
[ 2013/08/14 22:38 ] [ 編集 ]

Re: EYW さん

うぉぉっ!!『第1級陸上特殊無線技士』・・・・って、
名前がカッコいいですが、一体どのような資格か想像すらできませんねw

やはり本来ならば講習会を受けて、しっかりと原理を理解すべきだと思います。
普通に生活する上で必要性は無いとは言え、自分の力で通信を行う事に面白さがあると思います。
ひとまずは実地訓練を積みながら都度勉強・・・と言った形でしょうか。

テレフンケン君が持っているのは1万程度の小型トランシーバーです。
この程度のものでも狩猟なら使えそうですが・・・安物買いになりますかね?
[ 2013/08/14 22:57 ] [ 編集 ]

陸上特殊無線技士は、業務用無線(例:タクシー、消防、警察など)で必要な資格ですね~
これの上に「陸上無線技術士」が存在し、これは放送局など大出力の無線用になります。
さすがに、「技術士」と付くと難易度がかなり高くなります・・・

アマチュア無線と、特定小電力無線(特小)とでは、法律の定めにより
使用する周波数が異なるため、交互で通信ができないんですよ~
ですので、参加する予定のグループの方々がどの種類の無線を使用しているか、ですね・・・
特小は、資格や届出が不要な代わりに出力電力(電波の強さ)が10mW(0.01W)に制限されており、
電波の飛距離がかなり狭いですね・・・
アマチュア無線のハンディ機でしたら、資格及び届出が必要ですが、
機種によりますが数W程度出せますので、飛距離がそれなりにあります。

なお、一部のオークションや通販で海外製を扱っている場合がありますが、
日本の法律で定める規格に不適合だったり、必要な申請や認可を受けていない場合もありますので、要注意です。
(電波法違反になります)
[ 2013/08/15 00:38 ] [ 編集 ]

グループに入って巻きをやるとは意外でした。
「孤独じゃないジビエ」ですね!
[ 2013/08/15 10:39 ] [ 編集 ]

Re: EYWさん

特定小電力無線、いわゆるオモチャのトランシーバーって、たった0.01Wしか出力できないんですね!!
アマ4級で扱える10wでどの程度届くのかは想像できませんが、それを調査するのが
アマチュア業務の『通信及び技術的研究の業務』当てはまるのですね~

なるほど、無線機も怪しい所から買うのは危険なのですね!
しょっちゅう安物買いをして、バッタ物を買ってしまうのでよく注意します!!

[ 2013/08/15 16:18 ] [ 編集 ]

Re: RED さん

私も初めはグループに所属しない、いわゆる『流しのハンター』で行く(行ける)つもりでしたが、
銃を実際に所持して撃って見ると、それではあまりにも危険すぎると感じました。

狩猟の世界はライセンス取得までは筋道が決まっていますが、
その後のノウハウの習得方法は、全く決まりがありません。
私は狩猟の世界に『全くコネが無い』状態からのスタートなので、
『どのような出会いを通して、狩猟の技術を学んでいくか』と言う点を
重点的に記事できたらと思います。
まるでH×Hの天空闘技場編ですね。

『孤独じゃないジビエ』は語呂が悪いですね~・・・
タイトルを変更するときは『孤独そうで孤独でない少し孤独なジビエ』でいきましょう。
[ 2013/08/15 16:38 ] [ 編集 ]

そうですね、よく使われる周波数(144MHzとか430MHzとか)ですと20Wまで出力できますが、
ハンディ機では、数Wが限界です。(電池の持ちの問題もありますし。)
周波数が違うだけでも、飛距離は大きく変わりますし、地形にも大きく左右されます。
さらに、特小は空中線の交換が出来ませんが(法的に)、アマチュアは交換可能ですので、
この空中線の利得によっても飛距離は左右されますね~

とりあえず、「技術適合」を受けた無線機ならOKかと思います。
もしくは、アマチュアの場合は自分で作った無線機であっても、
きちんと電波の質を調べた上で、きちんと手続き(届出)を行い、認可をうければ
合法的に使えるという点もありますよ~
[ 2013/08/15 23:48 ] [ 編集 ]

Re: EYWさん

なるほど・・・飛距離や地形によってどのように通信状態が変化するかについては、
やはり実際に体感してみないとわからないところですね~
しかし、あえて小型無線機を購入するのではなく、勉強代と思って特小を購入し、
どのような点に不具合があるのかを調べてみるのも勉強になるかも知れません。

ところで、アマチュア無線4級が扱える周波数と空中線電力は、~8[MHz]、21~30[MHz]で
10[W]と定められていますが、なぜ20[W]よりも小さいのでしょうか?
21~30[MHz]の周波数帯は無線電話以外に使われてたりするのでしょうか?

いつも教えていただき大変申し訳ございませんが、
御存知でしたら是非御教授ください!!
[ 2013/08/16 00:12 ] [ 編集 ]

その低い周波数はHF帯と呼ばれますが、電波の性質上、かなり遠くまで電波が届きやすい為、
出力を抑えた規定になっていると思います。
10Wでも利得の高い八木アンテナを高い位置に設置し、
気象などの条件がよければ北海道~九州での通信が可能と聞いたことがあります。


ちなみに、スマホや携帯電話も日本の法律上「無線電話機」で、
きちんと電波法に基づき「技術基準適合」認定を受けているんですよ~
[ 2013/08/16 07:32 ] [ 編集 ]

確かに、内地の事はよく知りませんが、北海道で流しをする人はみんなライフルですからね。
散弾のうちはグループでやって、10年修行ということにして、そののち、単独猟でもいいかもしれませんね。
犬を飼うのは大変そうだし…。
[ 2013/08/16 10:15 ] [ 編集 ]

Re: EYWさん

『HF帯』、電離層と地上で反射して伝搬する性質があるんですね。
勉強になりました!ありがとうございます!!
携帯電話も回線を携帯会社が管理しているだけで本質的には同じものなんですね~

電波についてはこれまでほとんど知識がありませんでしたが、調べてみると面白いですね~
ずっと『電波の媒体』が何か疑問でしたが・・・
まさか『エーテル』だったとは!!(違う)
[ 2013/08/16 20:37 ] [ 編集 ]

Re: RED さん

過去・現在を含めて、日本でどのような狩猟スタイルがあるのか、
どのようにして獲物を仕留め精肉にするのか、また日本古来のジビエ料理などは、
狩猟人口の減少と高齢化で『ロストテクノロジー』になりかけているそうです。
僕はこれから狩猟の世界に踏み出しますが、同じスタイルをずっと続けていくのではなく、
色々な狩猟スタイルを経験し情報を集め、体系的に狩猟文化を学べるように勉強していきたいと思っています。

余談ですがサマルトリア王子は超晩成型で、最終的(LV45)にはローレシア王子と攻撃力が同じ位になるそうです。
さてさて、僕は狩猟の世界でどのような成長特性を持つのか・・・
最後まで低ステータスだったらどうしよう?
[ 2013/08/16 20:59 ] [ 編集 ]

そうですね~、おそらく「空気」「水」と同じくらい
全く気にせずに使っているのが「電波」でしょうね~
TV、ラジオ、無線LAN、携帯電話(スマホ)、車のキーレス等等、
身近な物なんですけどね~

あ、ちなみに「EYW」は私の無線のコールサインの一部です。
[ 2013/08/16 21:35 ] [ 編集 ]

Re: EYWさん

普段私たちが使用しているのに、とてつもなく理解しがたいのが『電磁気』ですよね~
僕は学生の頃、電磁気学の単位を欠点ギリギリ・補習とレポートの嵐で乗り切りました・・・
目に見えない事なんか理解できませんよぉ~!!おのれ4次元!!おのれミンコフスキー時空っ!

コールサインは確か開局時に割り振られるんでしたよね~
どんなコールサインがもらえるか楽しいみです。

[ 2013/08/16 22:47 ] [ 編集 ]

こちらは田舎なので、そこらここらに良好な猟場があり私も最初は一人でカモやキジを撃ってました。

一人で山中の池に藪漕ぎしながら分け入り、息を潜めてカモを落とすのって、ロマンですよねぇ〜

でも、そんな私も一度グループ猟に出かけると老若関係なく、大人数で和気藹々とやる猟の楽しさに目覚め、気がつけば土曜はソロ、日曜はグループに毎週通ってました(笑

ジビエさんも良いグループに入れてもらえるといいですね(^∇^)
試験頑張ってください!!
[ 2013/08/17 22:31 ] [ 編集 ]

Re: よんさん

聞きかじりの話ですが、カモ猟にも色々な方法があるそうですね~。
川上から偽装したボートに乗って近づく方法や、勢子を使う方法、
カモが飛来する池に張っておく方法など様々だそうです。

またグループ猟の場合でも、所属するチームのやり方で違いがあるそうですから、
この辺り、狩猟技術の話は体系立てて狩猟関連記事のメインテーマにしていきたいです。
これから、僕自身が体験したことや聞いたことなどを記事にしていきますので、
よろしければ色々と情報を提供していただければ幸いです!

あ、試験はもう終わって結果もきてま~す!

[ 2013/08/18 02:38 ] [ 編集 ]

小学生スゴイな・・・。

小学生であんなのを解くなんて無理ですよ!!(ぼくは!)
あれって、ちゃんと試験を受けるために勉強しておくんですかね!?
でも、スマホも進化してるけど・・・。スマホではできない部分もありますからね(・。・)/
けど、無線機ほしいなw

<やっと分かった「あの魚!」のコーナー>ですw
えー、ある番組のDVDを観ていたら・・・。釣ってたんですよ!!
その名前は・・・「ハゼ」!「ハゼ」ですよ(゜o゜)!!
黒くて、小さくて、近寄ってくる魚!!
でも、ハゼって顔じゃないんですよね~。
だけど、やっぱりハゼですかね!
一軒略着ですな!!

小さな魚の小さな話をみつけるだけでも「良かった」って思えますw
いや~、でもみつかって良かったです(*^^)v

では、またコメント書きます(^◇^)
[ 2013/08/18 23:08 ] [ 編集 ]

Re: ワン太郎さん

無線機ってカッコいいですよね!
試験会場には小中学生らしき方がたくさんいましたよ~

興味があれば、どのような難しいことも難なく覚えちゃうものですよ!
ワン太郎さんも是非、色々チャレンジしてみてください!

『ハゼ』ですか・・・う~む。
その魚は海底を泳いでいましたか?それとも海中をフヨフヨ?
・・・う~ん、ハゼでは無い気がしますが。

ハゼは秋ごろ釣りに行きますので、是非ご覧下さい!
[ 2013/08/19 03:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kodokunogibier.blog.fc2.com/tb.php/207-520b0141