夏枯れの海。キノコの夏。

imgp3264.jpg
日曜日。
狩猟関係の用事が一段落したので、
およそ一ヶ月ぶりの釣り!

場所はおなじみ『若松沖波止』、釣り方はもちろんアジモンバトル(泳がせ釣り)です。







imgp3257.jpg

(さっ今日も暑くなりそうだから、朝一で豆アジを釣って昼前には撤収だな。)

(久しぶりにアジの南蛮漬けが食べたいし、この際アジモンが釣れなくてもいいや。
さ~!豆アジちゃん達、いらっしゃ~い!




~4時間後~








imgp3258.jpg

(・・・・何・・・・だとっ!?)













豆アジが4匹!?
いや、ちょっと待て!コレは何かの間違いだ!!)

(き、きっと『潮』が悪かったんだな!
なら潮あたりのいい『凸口県』まで行って見よう!)






~その日の夜~





imgp3248.jpg
(・・・・何・・・・だとっ!?)








~次の日~

(う~ん・・・昨日の釣れなさは
異常だったな~。原因は海水温か!?

そういえば気象庁のHPで『海水温観測結果』が見れたよな。
ちょっと調べてみよう・・・って、

んなにぃ~~っ!?


feeeeeeeewus.jpg




(海水温が30℃を越えてる!!




(確か海水温の30℃って、熱帯魚が生息する水温・・・いや、
『さんご礁が死滅し出す水温』だったよな!?


ちなみに
アジが釣れていた2年前の海水温は・・・)


VerteddVeeVeee無題





(24℃・・・てことは、比較すると+6℃!!

『海水温の1℃上昇は気温10℃に匹敵する』とか言う説を聞いたことがあるが、
室温がサウナに変わったようなもんじゃないかっ!?
こりゃ魚が居るわけないわ!!)





(う~ん・・・それにしても、近年の相次ぐ天災、異常気象、
そして生態系の崩壊・・・

一体・・・


「一体、この地球はどうなってしまうんだ~っ!!」










          \仕事しろや/

仕事し31ろや

(し、しまった・・・仕事中なのを忘れていた!!








(しかし今この海水温なら、適温に下がりきるまでには1,2ヶ月かかりそうだな。
釣りに行けない週末なんて面白くないよな~・・・)

(う~ん・・・まとまった雨が降れば海水温も少しは下がると思うんだが、
ココ最近はずっとピーカンだしなぁ~)






(・・・ん?)





(窓から見える外の芝生に、なにやら白い物体が・・・。)





sibafu.jpg
(あれ・・・キノコじゃないか!!
(なんで会社の敷地内に、こんなキノコが・・・)




img_0669.jpg

(大きさは~7cmほど。白くフワフワした触感で、匂いは・・・『キノコっぽい』匂い。
傘に小さなイボがあり、『ツカ』(茎に当たる部分)は短く『ツボ』(根に当たる部分)は浅い。)




img_VVV0668.jpg
(中身は密に詰まったスポンジ状(管孔)、『ツバ』は無し・・・か。)







img_0672.jpg
(同じ場所に生えていたコイツは、おそらく老菌だろう。)
(傘に小さな穴が空いて、なにやら土が出ているのだが・・・)








img_0677.jpg
(うっ!この匂い土じゃないっ!『胞子』だっ!)




(・・・この胞子、形状、夏に草地に生えるという性質・・・・)






(確か君の名前は・・・『ホコリタケ』
img_0669.jpg




        \正解~♪/
ponn.jpg

(おおおっ!やった!!
生まれて初めて、自分の力で・・・・
『キノコの鑑定』に成功したぞ~っ!!

しかも『食べられる』はずだったな・・・)

(この時期は釣りしかないと思っていたが、『夏キノコ』があるじゃないか!


よ~し・・・・)





「がんばってキノコの勉強をするぞ~っ!!」





    \だから仕事しろや/
仕事しろやdfsfsf






ブログランキング・にほんブログ村へ
夏枯れの時期ですが、忙しい!忙しい!!
もう『仕事中』しか休む時間がありません\(^^)/
ワンクリック頂けましたら幸いです!




スポンサーサイト
[ 2013/08/26 01:00 ] ギャザリング キノコ | TB(0) | CM(8)

何もかも、環境がおかしくなってきてますね~
アジモンをしようにも、肝心のネタが確保できないと・・・どうしようもないですね(汗)

そういえば・・・数年前に実家の竹林にたけのこ堀りに行ったら、
キヌガサタケが自生していたことがありますね~
京都府では準絶滅危惧種らしいので、そっとしておきましたが。
[ 2013/08/26 19:09 ] [ 編集 ]

ジビエくん、おめでとう^^

ギャザリングキノコのカテゴリーデビューですね^^

こっちとの時差はどれくらいなんだろう?

でっかいやつが去年の月末にあったから、

来週ぼちぼち探そうと思ってます〜
[ 2013/08/26 20:46 ] [ 編集 ]

Re: EYWさん

『キヌガサタケ』
手持ちのキノコ辞典で早速調べてみましたが、穴あきマントをつけててものすごく面白いキノコですね~!!
『食べられるけど臭すぎるので食べないほうがいい』ですか!!
うおおおおっ!出会ってみたい!絶対にいいキャラが誕生しますよ!!

ブログはどんな事でもネタにできるのですが、『豆アジの南蛮漬けが喰いてぇぇぇ!!!』のに
豆アジが釣れなかったのは苦痛でした・・・ショックでした・・・
プレミアムモルツしか喉を通りませんでした・・・
[ 2013/08/26 20:59 ] [ 編集 ]

Re: れおんさん

ありがとうございます!

このキノコ。おそらく去年も2年前も同じ時期に同じ場所に生えていたはずなのですが、
これまで気が付くことがありませんでした。
しかし今回、キノコに興味を持ち勉強していたから、このキノコが『見えた』のだと思います。

たかが、どこにでも生えている『ホコリタケ』ですが、僕にとっては非常に大きな一歩です。
これから本格的にキノコの勉強をしていきたいと思いますので、是非御指摘・御教授下さい!
[ 2013/08/26 21:23 ] [ 編集 ]

キノコねぇー(^.^)

3、30度!!
マジかー!大変だぁ!
そりゃ、魚も少ないですね(゜o゜)
でも魚からちょっと離れ、野草やキノコ系統にいけますね(^。^)
ホコリタケは、地方によって本当に大きくなるらしいですよ(約50㎝ほど)
正しければ・・・。ホコリタケの部分は勉強をまだなんですよ(>_<)
でも、いいですね!美味しく食べれる事を願います!

僕も、八ヶ岳など行くとキノコを見つけ「何だ?」と考えます。
僕が、正しければ・・・「アメリカウラベニイロガワリ」「オオキツネタケ」などを。
アメリカウラベニイロガワリは「ヒダの部分を触ると色が変わる」などの特徴からきたと・・・。そして、オオキツネタケは「キツネがおしっこをしたところに生えると」(゜_゜)
本当に、秋が楽しみですね!ドングリが楽しみです!

では、またコメント書きます(*^_^*)
[ 2013/08/27 16:03 ] [ 編集 ]

Re: ワン太郎 さん

このブログは『釣り』や『狩猟』を主題にしているのではなく、
『色んな生き物に出会おう!(そんで食べよう)』と言うことがメインテーマなので、
な~んでもネタに出来るのが強みですね~。

『オオキツネタケ』
動物の糞に生えるキノコだそうですね~
『アメリカウラベニイロガワリ』
イロガワリというキノコはメジャーですが、ウラが赤いタイプも居るんですね。

ちなみにどちらのキノコも『見た目が悪いから食用にしない』だそうです。
バカ言ってんじゃないよ!毒が無ければ何でも食べて見ますよ!!
・・・死なないためにも、しっかりと勉強しないとなぁ~
[ 2013/08/28 00:32 ] [ 編集 ]

『凸口県』と表現してるのがグッときました


海水温の上昇は深刻ですよね・・・
居る魚が居なくなって、居ないはずの魚が居たりとか

伊勢湾でもヒョウモンダコが見つかったようです(^_^;)
[ 2013/08/28 12:31 ] [ 編集 ]

Re:モンタナさん

近年の異常気象や海水温の上昇、生態系の変化は、おさらく人為的なものではなく
レジームシフトによるものだと思いますが、不安になりますよね~・・・

こちらも『ソウシハギ』などを良く見かけるようになったそうです。
環境の変化による毒魚や毒虫などの発生には、十分アンテナを張って気をつけたいですね!
[ 2013/08/29 01:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kodokunogibier.blog.fc2.com/tb.php/210-9b356317