滋養強壮 『イノシシの睾丸スープ』


imgp4737.jpg



(・・・ふぅ・・・ふぅ・・・・・ようやく内蔵の下処理が終わった・・・・)

「ゴホッ!!ゴホッ!!」

(それにしても・・・・体調が悪いなぁ・・・・





ん?お前、
何、
死にそうな顔してるんだ??

病気

「いや~・・・・体がダルイし、悪寒が酷いし、せきとクシャミが出て・・・・
ものすごく体調が悪いんだ・・・・。

ヘックションっ!!


・・・最近、気温の変化が激しすぎるからね。

ゴホッ!ゲホゲホッ!!






ふ~ん・・・
でもまぁ、そういう時こそ、
『百獣(ももんじ)』料理だよ!!





「も・・・『ももんじ』?
・・・何それ?





いわゆる日本語での『ジビエ』だ。
日本では野生鳥獣を食べる食文化は無かったと思われているけど、
実は畜産が盛んになる明治時代前までは、
一般に食べられていたものなんだ。






「へ~。日本人は全く肉を喰わなかったと思っていたよ。
・・・でも、体調不良と『ももんじ』に何の関係があるの?」






ももんじは、その高い栄養価から食材としてではなく、
『薬』として取り扱われていたんだ。つまり、
食から健康改善を図ろうとしていたんだね。
これは漢方医学の真髄である・・・







食医道元





・・・と呼ばれている。ちなみにイノシシ肉は、
滋養強壮、保温機能を高める作用があり、
気温の変化が激しい、この季節の変わり目に
非常に人気のあったジビエなんだ。






「なるほどね・・・食べるものを気をつけていれば、
風邪引かないっていうもんね・・・」



imgp4709.jpg



「でも、今手元にあるのはイノシシの内臓だよ?
肉じゃなくても効能があるの?」



薬食同源には『体の悪い部分を食べて治す』という
『以類補類』という考えがあるんだ。
根拠の無い話に聞こえるかもしれないけど、
傷ついた内臓と同じ栄養素を摂取する事は、
栄養補完としての効果が高いんだよ。



「・・・イマイチ信用できないけど、まぁ、
折角内蔵を貰ってきたんだし、色々食べてみようかな・・・」







~~~~~~~~肝臓(レバー)~~~~~~~~~~



imgp4758.jpg

筋と胆嚢を取った肝臓を薄くスライスし、酒に浸します。

酒につける事で、レバー独特の苦味を軽減することができますが、
同時に旨みも逃げてしまうので注意が必要です!


imgp4796.jpg

長く漬け続けていると、上のように血が抜け切ってスカスカになります。
好みによりますが、5分~10分ぐらいで丁度いいと思います。



血抜きだけを気をつけたら、あとは 油でサッと炒めたら完成!
『イノシシレバーソテー』!!
・・・・いただきます!!



imgp4800.jpg

「・・・・・んっ!?

豚のレバーと言えば、小学校の給食に出ていた
苦くてデロッとした食感最悪の料理が
トラウマになっていたのだが、

このレバー・・・

すっっごく密な噛みごたえっ!
その上臭みも無く、旨みが強いっ!!」




肝臓は『エネルギー生産工場』だ!
ビタミンAによる、皮膚、粘膜の再生!
各種ビタミンBの、脂質・糖質の代謝!
鉄分の、疲労回復、造血作用!




「ううむ!そう言われてみると、なんだか

ぼやけていた視界がクリアーになり、
四肢の末端まで熱を帯びてきた!!」

町工場

「おおおおっ!
さっきまで『町工場』レベルだった肝機能が・・・・!!」





製鉄所

『石油精製プラント』
レベルアップした気分だぜっ!!」










~~~~~~~~~~腎臓(マメ)~~~~~~~~~~

imgp4720.jpg

ソラマメの形に似た腎臓は、まず表面の薄皮を剥ぎ半分に割ります。



imgp4740.jpg

白い筋は切り取り、中の赤い部分は丁寧に洗い流します。




imgp4743.jpg

サイコロ状に切って、ニンニク、モヤシ、ニラと炒め、
塩胡椒で味付けをしたら完成っ!

『ニラマメ(腎臓)』!!いただきます!


imgp4756.jpg


「おっ。非常に歯切れがよく、少し硬めに炊いた大豆のようだ。

あっさりとした旨みは、鶏のハツ(心臓)によく似ているな。

血液中の老廃物を濾す器官だから、
尿臭いのかと思いきや
、そんなことは全く無い!




腎臓は『毒素抽出フィルター』だ!
良質なコレステロールは
老廃物を除去する
細胞や生体膜の活性を高めるよ!






「ううむ!そう言われてみると、なんだか

老廃物がダダ流れしていた血液が、
デトックスされていく!!」

musitoriami.jpg

「おおおおっ!さっきまで
『むしとりあみ』
レベルだった腎機能が・・・・!!」









売る派フィルタ

『ULPAフィルター』にレベルアップした気分だ!!」





~~~~~~~~~~肺(フワ)~~~~~~~~~~


imgp4760.jpg

大きさの割には、非常に軽い肺。
真ん中に大きな気管が通り、左右の肺に主気管支が伸びています。



imgp4761.jpg  

肺の中に入り組んだ気管支。
触った感じ、塩ビのホースのような硬さですが・・・・
付けたまま料理してみましょう。



サラダ油で表面を焼いたら、醤油、みりん、酒、砂糖、鷹の爪を少し加えて、
軽く煮詰めて完成!
『フワのピリから煮』!!いただきます!


imgp4777.jpg


「弾力のある歯ごたえは、固い『こんにゃく』のようだ。

気管支は良く火を通せばナンコツのように食べられ、

噛むごとに肉汁が染み出てくる・・・

味は・・・・う~ん・・・

・・・・『牛肉』。

ってお前、だろうがっ!なんで牛味なんだよ!!」




肺臓の強さは『排気量』だ!
傷つきやすい肺を修復するには、
フワの高たんぱく質が
有効だよ!





「ううむ!そう言われてみれば、なんだか

青色吐息だった呼吸が、全身の細胞に燃焼ガスを
送り込むように強靭になってきたぜ!!」

リトルカブ

「おおおおっ!さっきまで
『リトルカブ』レベルだった肺機能が・・・・!!」






ゼファー1100


『漢・カワサキ・ゼファー1100』
レベルアップした気分だ!!」








~~~~~~~~~~睾丸(タマ)~~~~~~~~~~


imgp4721.jpg

さぁ・・・いよいよ、『睾丸』です。

睾丸は3層の皮で包まれているので、薄皮をむけば中身が・・・

・・・・うっ!!




こ、これはちょっとグロテスクですね。








imgp4765.jpg

割ってみると・・・・
ん~・・・・ヒレ肉もこんな色と形です



imgp4767.jpg

とりあえず、薄くスライスした睾丸。
少量の油で、焼き過ぎないように表面をサッと火を通します。
刺身でも食べられるそうですが・・・
生食はリスクが高いので止めておきましょう。

完成!『シシタマソテー』!!
・・・い、いただきます!!


imgp4773.jpg

「・・・・おおおおっ!!




と、と・・・・・


とろ~りんっと甘く滑らか!!

味は『魚の白子』とほぼ同じ!!

臭みは全っく無い!!





睾丸は・・・・
タンパク質のヌクレオプロテインやプロタミン、
核酸のデオキシリボ核酸(DNA)が豊富に含まれているから・・・
一応、精の付く食材だね・・・。




「ううむ!そう言われてみれば、なんだか
リビドーが溢れ出すぜ!」

えのき


「おおおおっ!さっきまで
『えのき』レベルだった、俺のナニが・・・・!!」






しめじ


『シメジ』に・・・


い、いや、ちょっと待て!!
まだだっ!

これなら、きっとイイ出汁がでるはずだ!」


imgp4782.jpg

「睾丸にしょうが、ニンニク、ニラのきれっぱしを入れて
出汁を取り、酒少々と塩、白髪ネギを浮かべて完成っ!!」


『シシタマ薬膳スープ』っ!!
・・・いただきます!!


imgp4792.jpg


「こ




こ、




こ、、、



これは!




なんという豊かな『魚介風味』!!
まるで高級白身魚のアラから取ったようだ!

煮出したタマはカマボコみたいな味になってしまうが、

スープは高級感の溢れる
生命力の溶け出したスープだっ!






・・・!!

病気


さっきまで、
精気の無い顔をしていた男が!!








umemiya.jpg



梅宮辰夫にっ!!






ブログランキング・にほんブログ村へ
次回、もう一つの猟期、始ります。
ワンクリックいただけますと幸いです!





イノシシ裏








スポンサーサイト

ナイスなタマ料理編ですね!タマへの愛情がすごく伝わります
御曹司のはシメジクラスなんですか?
本当は羽賀研二クラスでしょう!ご謙遜を

多分、女性視聴者はドン引きしてますよ笑
[ 2013/11/25 10:20 ] [ 編集 ]

うおおおお!
どれも旨そうです!

これぞ猟師の特権ですね!
釣りも良いけど猟師さんも良いなぁ…

今回もオチが見事です
[ 2013/11/25 17:22 ] [ 編集 ]

キンタマ美味しんですね~
どうしても自分のイカ臭いのを想像してまう(爆)
[ 2013/11/25 19:29 ] [ 編集 ]

 お体の方は大丈夫でしょうか? お大事に。

 タマは…なんか本能的に抵抗が…。命を頂く行為なのに、切ない気持ちになる。。。
[ 2013/11/25 22:00 ] [ 編集 ]

Re: コバ さん

い、いや~・・・謙遜だなんて~・・・
実を言うと私のは、先が八つ又に分かれていて火を吐きます。

しまったぁぁ!全国10億人の女子高生ファンの皆さんには
今回のネタは刺激が強すぎましたかね・・・
[ 2013/11/25 22:27 ] [ 編集 ]

Re: モンタナさん

高級な魚や脂の乗った肉なんて、お金を払えばいくらでも買えますからね。
やはり、流通には絶対乗らないような『雑魚料理』や野生鳥獣の『内臓料理』
を楽しめる事が、釣りやハンティングをする者の最大の特権だと思います。

いかがですか?散弾銃は難しくてもエアライフルなら
比較的簡単に鳥猟が楽しめますよ♪
[ 2013/11/25 22:43 ] [ 編集 ]

Re: やんま さん

な、何をおっしゃいますか!
柔らかい香りがする質のいい『タマ汁』・・・

ん~・・・語呂が最悪ですね。
[ 2013/11/25 22:45 ] [ 編集 ]

Re: マルさん

ありがとうございます。おかげさまで体調は回復しています・・・
が、気を抜くとすぐにぶり返すので、一冬はマスクマンですね。

卵巣や子宮、精巣、稚魚を食べるのは、心情的にきついと思われる方も多いですね。
しかし食べなければ生ゴミです。
感謝していただくのが一番だと思います。
[ 2013/11/25 22:50 ] [ 編集 ]

れおん

エノキの次に期待したが。。。
http://www.youtube.com/watch?v=cSWDaCM1K2E
このエリンギと期待して、シメジのノリなら、
最後は要潤にして欲しかったぜ。
ママ、残念。

風邪治りそうだね。これだけ食べたら〜^s^

チェリーちゃん、スリッパ似合ってるね。
れおんくんのはあんなのじゃなかったよ〜
[ 2013/11/25 23:12 ] [ 編集 ]

た、辰にいぃぃぃぃぃぃ!!!

そんなに元気になるのでしたら、私もタマタマを頂いてくればよかったです。


タンは頂いてきたのですが、表面のコケみたいなやつは除去しなくても食べられるのでしょうか?
[ 2013/11/26 22:21 ] [ 編集 ]

Re: れおんさん

残念ですが、僕をどうレベルアップさせても要潤にはなれませんね~w
・・・・立派なキノコでもありませんし。

ちぇりーちゃんは、僕のなかですっかり理系女子ですね。
れおんくんの睾丸の診察結果はまだでしたよね・・・
何も無ければよいのですが・・・。
[ 2013/11/26 23:32 ] [ 編集 ]

Re: 海流美丸 さん

睾丸のあの感じは刺身が一番いいと思いますが・・・
何か報告があるわけではありませんが、生食はやはり避けたほうがいいですよね~

僕もタンを貰いますよ。
舌の汚れは臭いますからね~。
僕は塩を振ってまな板にこすり付けて落としていますよ。
表面の皮は食感が硬いので、包丁で皮ごと削ぎとってもいいと思います。
[ 2013/11/26 23:41 ] [ 編集 ]

おおっ・・玉食ったのね

いやーすごいね・・自分はさすがに玉食ったことないからねww
美味そうでもねぇ・・共食いみたいでね・・・白子は好きなんだけどね・・
次は、鴨葱登場かな?
[ 2013/11/26 23:52 ] [ 編集 ]

ベネリさん

珍味ですよ~。先週はあんなとこやこんなところを頂いたので、
次は『アソコ』を頂きたいですねぇ~・・・ウフフ。

その予定だったんですが、ちゃんと写真が撮れてなかったんですよね・・・
次回は日曜(予定)です♪
[ 2013/11/28 00:16 ] [ 編集 ]

レバーが特に美味しそうでした!
タマを食べるのにはちょっと勇気がいりそうですけど^^;
[ 2013/11/30 14:56 ] [ 編集 ]

レバ刺しが禁止になって1年・・・
ここまで美味しそうな料理を見せられ焼肉屋に走ってしまいました。
もちろん内臓1択!
カルビ?何それ?って感じでした。

寒くなってますのでお身体に気を付けて下さい。
[ 2013/12/01 10:32 ] [ 編集 ]

Re: TAD さん

狩猟なんて魚よりも獲っていい種類が少ないので、
すぐにネタ切れになると思っていましたが、
そんな事はなかったですね~w

バライティーミートの名にふさわしい内臓の食味、
オスやメス、年齢によっても又、食味は変わりますからね~

ジビエの世界に終わりなしです!
[ 2013/12/02 03:06 ] [ 編集 ]

Re: キツネさん

内臓系は美味しいです・・・けど、
質のいいのはビックリするぐらい高いんですよね~

レバ刺しは旨いですよね~w
ただしイノシシには肺吸虫にE型肝炎が恐いので、絶対に生食はダメポです・・・

キツネさんもどうかご自愛下さい。
[ 2013/12/02 03:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kodokunogibier.blog.fc2.com/tb.php/236-944776f2