第一次カルガモ捕獲作戦!

11月末

1imgp5544.jpg

(・・・いない。)



2imgp5546.jpg

(ここにもいない・・・。)




4imgp5126.jpg
(ようやく『カモ』(コガモ)発見~!!)





3imgp5069vv.jpg
(と思ったら、ここは『禁猟区』。)


週末は地図を片手に地元の野池めぐり。

しかしどこにもカモが・・・居ないっ!!
いえ。居るのはいるんですが、だいたい鳥獣保護区に。
もしくは民家が近すぎて散弾銃が使いにくい場所です。


(やれやれ・・・今日も『ただのドライブ』か。)



imgp5486.jpg 


(あ。そういえばここらへん。去年
『マテガイ』を採取した干潟だったな。

狩猟のことばっかり考えていたけど、ドライブが続くようなら
いっそ潮干狩りでも・・・

・・・ん?





6aituha.jpg


(あそこに固まっている鳥。
海鳥かと思ったけど良く見てみると・・・・)






6imgp4995.jpg


(白い風切羽と、黄色いクチバシと足
・・・間違いない。あれは『カルガモ』だっ!!)





あれ?カルガモって『淡水ガモ』じゃなかったっけ?
なんで海に居るんだ?

・・・ま、まぁ、それはともかく、野池ばかりに気をとられていて盲点だったけど、
干潟も絶好の水鳥が集まるポイントなんだな。


ただ、遮蔽物の少ない干潟で、
どうやって近づけばいいのだろうか?)



8karugamohannto1.jpg

今の場所からカルガモまで約300m。
散弾銃の射程距離は約50m程度だから狙撃は不可能だ。)






imgp4630.jpg

(海岸には藪が茂っているから、
匍匐前進をすればなんとか近づけるだろうけど・・・)










13aseinosaboten

(なぜかここ、サボテンが自生してるんだよな。)


う~ん・・・では~・・・
この作戦で行こう!


11chizu23.jpg


①車で後方の土手に回りこみ、カルガモから見えない位置で降車する。

②カルガモの死角になるように土手の傾斜に沿って距離を詰める。

③土手の端まで着いたら土手を登り狙撃する。


ただ、この作戦で一つ気になるのは①。
裏に回りこむには、カルガモの横を通る他ない。
『車で近づいて逃げられないか』が一番心配だな。)




dordddaibu

(警戒心の強いカルガモ・・・
おそらく車が近づいて来たら一目散に逃げ出しそうだが・・・)






(おや?)



10imgp5472.jpg

全く気にしてないみたいだな。

動物って車のことをどういう風に見ているのだろうか。
無機物として認識しているのか。それとも動物としてみてるのか。
人間が操作していることを理解しているのか・・・







 img111p5073.jpg
 

(まぁ、ともかく無事に裏手に周ることが出来たな。
後は音を立てないように距離を詰め・・・・)


imgp5323.jpg
(音を立てないように土手を登り・・・

ゆっくりと顔を出して辺りを見渡して・・・)





imgp50rrfrf78.jpg

補足した!)
(カルガモの群れ、距離はおよそ30m!
しかも寝てるっ!!

4号散弾装填!セーフティーロック解除!!

この距離で止まっている相手だ!

絶対に外さないぞっ!







       \なっ!!/

nakareta.jpg


(なにっ!『アラートコール(警戒声)』!?)


okunimoita.jpg

アラートコールをしたのは、さらに奥に居たカモ(たぶんカルガモ)。
距離はおよそ300m!




imgp50jjjjij79.jpg


(まさかこの距離で、
仲間同士コミュニケーションを取れるとは・・・

てかこれって、この広い干潟で
カモ
一匹に見つかっただけでゲームオーバーって事だよな・・・

ちょっと無理ゲーじゃね?


しかし、この干潟以外にカモは居ないし、
それに何としてでもカルガモに勝ちたいっ!!

何かいい方法はないか・・・)



            \あ!/
5imgp5262.jpg



・・・・そうだ。
いい作戦・・・・思いついたぞ。



続く!

ブログランキング・にほんブログ村へ
本年も当ブログをよろしくお願いします!
・・・しかしネタはまだ去年の話ですw
ワンクリックいただけますと幸いです!




スポンサーサイト

え?まさかの続く?気になるー…。

それにしてもサボテンで思わず笑ってしまいます。Q州も魔窟ですね。
鳥が車のことをどう思っているのかは僕も気になるところです。
[ 2014/01/08 08:40 ] [ 編集 ]

カモって不思議ですよね~
禁猟区のカモには手で餌をあげたりと近づけるのに、猟区のカモには近づけない。。。

どうやったら至近距離まで近づけるのか知りたいです。
[ 2014/01/08 12:58 ] [ 編集 ]

Re: REDさん

もうちょっとだけ続くんじゃ。

この干潟一帯は植生が怪しく、野生のカモミールが生えていたりしますw
REDさんは確か獲物に忍び寄るのがものすごく上手でしたよね!
是非、その極意を教えていただきたいですw
[ 2014/01/08 22:10 ] [ 編集 ]

Re: やんまさん

動物はとにかく『目』を見てくるそうですね。
なので目に殺気がこもっていると警戒されるのだとか・・・
なら、笑顔で近づいたら逃げられないんでしょうかねw?
[ 2014/01/08 22:18 ] [ 編集 ]

おせっかいな鴨に居場所をばらされたと考えていいのですか?

それとも?今週は、パトロール隊とか係があるのか?

しっかし、獲物を狙うって難しいね。

ネズミ園では女子高生について行ってたよ。

ポップコーンもらえるの知ってるんだね。

[ 2014/01/08 22:38 ] [ 編集 ]

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
どうも12月中旬ぐらいから鴨猟が難しくなってきたように思います。居ないし警戒心強いし…。どんな作戦なのか、楽しみにしています。 ちなみに、私は時々こんなのも使ってます。http://item.rakuten.co.jp/shop-senjin/6468/

何気に「アホ」の字は加工が大変そう…。
[ 2014/01/08 22:57 ] [ 編集 ]

最近のFPSはリアルですね(違
地元の川沿いで狩猟鳥ウォッチしてるんです、海鴨だらけですが逃げないですわ全然
[ 2014/01/09 01:16 ] [ 編集 ]

やっぱり目を見てるんですか!!
そうだと思って殺気を出さないように、エロイこと考えて目を細めて近づいたり試してるんですけどなかなか・・・

殺気じゃなくてもエロいのもだめかな~?(笑)
[ 2014/01/09 02:54 ] [ 編集 ]

エロオーラをキャッチされているのかも・・・
[ 2014/01/09 11:02 ] [ 編集 ]

明けましておめでとうございます

うーん、やっぱり生き物相手、それも普段人間よりずっと隠れたり忍び寄ったりするのが上手い捕食者を相手にしてるのを狩るのって難しいんですねぇ

続きが今から気になりますw
もしかして最後の画像にその秘策のヒントが隠されてるとか?
[ 2014/01/09 12:18 ] [ 編集 ]

車だと、あまり逃げないみたいですね~
多分、ドアを開けて出た瞬間に逃げそうですが・・・
って、よく見たら鳥文字で「アホ」ですかw

作戦・・・何だろう??
写真の車種は分かったのですが。
[ 2014/01/09 21:28 ] [ 編集 ]

海や干潟周りが凪の時は、マガモやカルガモ、キンクロハジロ等食べて美味しい
鴨達は見晴らしが良いので我々から逃れる為に好んで潜んで居ます。

逆に、風が出たり海が荒れたり、いつもの干潟が満潮で潮の流れがある等、
環境が悪くなると、周囲4~5Mというめっちゃ小さい水溜り見たいな
池に5羽とか居たりします。
また、鴨は風に向かって飛びますから、海に近い池等だと海側を向いて浮かんで
居ることが多いので、散弾銃でしたらわざと海側から近づいて海側に飛ばせ、
飛んでいる所を撃つというのも良いですね^^

車に関しては、普通に通り過ぎる場合は鴨達はあまり気にしていない様です。
通り過ぎて車を止めるのは、とても良い作戦です。
[ 2014/01/09 21:49 ] [ 編集 ]

Re: れおんさん

まだ観察不足で正確なことはよくわかりませんが、
群れの中に数匹、監視役が居るみたいですね。
奴ら航空力学を理解して長距離を飛んだりしてますからね~・・・侮れません!

なるほど・・・ポップコーンを持った女子高生なら警戒されずに近づけるんですね・・・
は!!凄くイイアイデアが浮かびましたよ!!
[ 2014/01/09 23:30 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします!
時期がたつにつれ、猟区のカモは減っていきましたね~。
なので、1月からは別の獲物をメインに追っています。
白熱してますよ・・・『アイツ』を追うのに!

おおっ!丁度装備を見直そうと考えていたところでした!
参考にさせていただきます!

ネタ絵は写真に落書きをしているだけなので簡単ですよw
[ 2014/01/09 23:36 ] [ 編集 ]

Re: stさん

FPSみたいに『レティクル』が見えればいいのになぁw

調査段階ですが、カモによってかなり警戒心の強さは変わってきますね。
海ガモは飛ぶのが億劫なのか、ギリギリまで飛ぼうとしませんね~。
潜りはしますが、静かにしていると同じ場所に浮上してきたりします。
何を考えているんだか・・・
[ 2014/01/09 23:42 ] [ 編集 ]

Re: やんまさん

なるほど・・・エロいこと考えていてもダメですか・・・

お!そうだ!!ならば、カモと同じくらい警戒心が強いであろう女子高生の後ろを、
エロい目をして近づく練習をすれば、スニーキング能力を上げられるかもしれませんね!

・・・あ。警察には通報しないでくださいよ。
[ 2014/01/09 23:47 ] [ 編集 ]

Re: ベネリさん

エロオーラ!?
何をおっしゃいますか!私めは品行方正。誠にプラトニックな人間であります。
赤ん坊はキャベツ畑で獲れるのです。
[ 2014/01/10 00:00 ] [ 編集 ]

Re: 狩猟未満さん

あけましておめでとうございます!

僕も実際に狩猟を始めるまでは、
『散弾銃があれば鳥なんて簡単に取れるだろう』と思っていました。
しかしそれはとんだ思い上がりでした。
動物達は手ごわいです。
しかし、その動物達に興味を持ち、観察し、習性を見つけ戦略を考えるのはとても面白いですよ!

さて・・秘策とは!
・・・次回をお楽しみに~w
[ 2014/01/10 00:11 ] [ 編集 ]

Re: EYWさん

不思議に思うのは、なぜ野生動物のロードキルが多いのかなんですよね。
動物の微妙な足音はわかるくせに、遠くから来る車のエンジン音がわからないわけないのですが。
動物達は車を何と認識しているのでしょうね?

う!!ば、バレた!!さてはEYWさん、
車種を特定して僕にリア凸するつもりですね!!
恐ろしい!!ネット社会恐ろしい!!!

って、日産マーチなんて腐るほど走ってますがねw
[ 2014/01/10 00:17 ] [ 編集 ]

Re: ちょうかく さん

カモは猛禽類などから見つからないように、遮蔽物の多い場所に居ると思っていましたが、
逆に見晴らしのいい場所を好むんですね。
瀬戸内海側は海がしける事が少ないので、
干潟をどのように攻めるかを考えていかなければなりません。

鳥は風上に向かって飛ぶんですね!知りませんでした。
なぜかこちらに向かって飛んで来る事があったので疑問に思っていましたが、
風向きが関係してたんですね!!


あ・・・・!それはネタバレですw!
[ 2014/01/10 00:30 ] [ 編集 ]

あけましておめでとうございます!

その、、、そのサボテン!もしかして食えるやつじゃないですか!?^p^
テレビで見たのがすごく似ています…
食べたことないからわからないけど!!
[ 2014/01/10 01:53 ] [ 編集 ]

残念!

でも、今回もどうなるんだろうどうなるんだろうと
わくわくして読んじゃいました♪
カルガモ恐るべし!
[ 2014/01/10 16:07 ] [ 編集 ]

あけましておめでとうございます

その魔窟、私の実家のすぐ近くです。
私も狙っていましたが、釣り人がいつもいて、躊躇してました^^;

そこにカモはもう全く見当たらないので、来期でも一緒にやりましょう!
挟み撃ち作戦で!
[ 2014/01/10 19:14 ] [ 編集 ]

Re: あいきょさん

あけましておめでとうございます!

おそらく『ウチハサボテン』だと思います。
6月には黄色い花が咲きますよ~
http://blog-imgs-46.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/12imgp2673.jpg
食べられるんですね~w
今はしわくちゃですがチャレンジしてみたいですね!

この周辺はヤマブドウやナワシロイチゴなども発見できているので、
今年はキノコも期待できるかもしれません!!
[ 2014/01/10 22:33 ] [ 編集 ]

Re: ヒカルさん

楽しんでいただけましたら幸いですw

さすが野生動物!一筋縄には行きません・・・
でも釣りを初めたころも似たような状況でしたからね~
挑戦する ⇒ 打ちのめされる ⇒色々考える ⇒たまに成功する⇒ また挑戦する
こそが僕にとっての楽しみの方程式なのだと思います。
[ 2014/01/10 22:40 ] [ 編集 ]

Re: ぷかぷかさん

あけましておめでとうございます!

あら!そうなんですか!!
昔はこの海域は『カモ撃ちのメッカ』と呼ばれていたそうですが、
開発により埋め立てられたり、銃禁になったりしているそうですね。
来年この干潟があるかどうかも・・・
日本ではここら辺でしか見ることの出来ない『ツクシガモ』も居るんですけどね~

しかし来期は『デコイ猟』に挑戦しますよ!
その際は是非、一緒にカモ笛オーケストラと行きましょう!
[ 2014/01/10 22:47 ] [ 編集 ]

水場だと鉛玉で環境汚染とか大丈夫なのか?と思いましたが、ググってみたら、最近は狩猟用の散弾は鉛を使わないようになっているんですね。
[ 2014/01/11 22:23 ] [ 編集 ]

Re: TAD さん

いえ。鉄鋼製散弾もありますが主流は鉛ですよ。
しかし都道府県により『指定猟法使用禁止区域』というのが定められており、
そこでは鉛の使用が禁止されています。

[ 2014/01/11 23:11 ] [ 編集 ]

どういうわけか、鴨を注視した瞬間に一斉に逃げられます。
釣り人の場合は距離を取るだけなんですが?なるべく注視せずに視界の片隅に入れながらだと接近し易いんですかね?
[ 2014/01/14 10:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kodokunogibier.blog.fc2.com/tb.php/241-37d0c5c7