焦り禁物ッ!『射撃の呼吸ゥ!』


前回からの続き



verwwwwks.jpg


「クレーに当たらなくなった原因・・・
一体それはなんなのですか?





それは
視線が先行して、体が動いていないんだ!










「視線が先行?
それって照準がずれているってことですか?
でも、1、2ラウンド目までは当たっていたので、
照準のつけ方は間違ってないはずですが?」




じゃあ、まずは
普段どんな感じで照準を定めているかやってみてくれる?





「え~っと・・・・

hal1

「まず、銃を上げ頬付けをします。」






 



veter3

「次に銃身の先に付いている『照星』と『中間照星』が一直線になるように構えます。
中間照星が付いていない銃の場合は、リブ(銃の背中)が水平になるようにします。」







werw443


「最後に照星からピントを外して、標的に視線を合わせます。」






うん。それが照準合わせの基本だね。
では、
クレーのように動いている標的に対しては
どのように照準をとる?





「標的が動いている場合でも、照準の付けかたは変わりません。」




照準


「ただし、視線と銃身の位置関係が崩れないように、
『腰』から体をひねって(スウェー)標的を追います。」





imgp5843.jpg


「これって
教習射撃で習いましたし、教本にも書いてあることですよね。
何もおかしくないと思うんですが?」





何もおかしくないよ!
でも、頭ではわかっているからこそ
癖が付いていることに気が付きにくいんだ。



「どういう意味ですか?」



クレーがランダムで出た3ラウンド目だけど、ジビエ君は
クレーに対して、かなり後方を撃ってたのに気付いてた?




「え?そうですか?
僕はちゃんとクレーを追い抜いて撃ったと思いましたが・・・




vv44443244.jpg
 




その意識と実際の差、これは動体に対して無意識に目が
反応する癖
から照準がずれてしまっていることが原因なんだ。






12 間違った射撃  


「自分では照準がずれているって意識は全くありませんでした・・・」




まぁ、この癖は射撃初心者には仕方の無いことなんだよ。
普段の生活で、動くものを目で追うことはあっても、
『動くものを目と体(腰)で追う』なんて習慣は無いからね。








特に、ランダム性のあるトラップ競技ではどっちに飛ぶかわからない
という『焦り』から、体を意識に同期させるのが難しいんだよ。






(そう言えば・・・・)



imgp563v21  

(あの時も、こっちに向かって飛んできて、かなり焦ったよな。
自分では照準をつけていたと思い込んでいたけど、
実際は目だけが反応して体が動いていなかったのかもしれないな。





「なるほど・・・
ところでこの癖を直すにはどうしたらいいのですか?





う~ん・・・まぁ、慣れるしかないってのは元も子もないからね。
手始めに射撃時の『呼吸』を気をつけてみよう。
これまでクレーを撃つとき、どんな呼吸をしていた?







え?呼吸は止めてますよ?
だって、手が震えないように息は止めておくんでしょ?





いや。息は止めてはいけないよ。
呼吸を止めると筋肉は硬直してしまうからね。
射撃で息を止めるのはライフルなどで静的射撃をする場合だ。
体の柔軟な反応が必要になるクレー射撃では、
『ゆっくりと息を吐く』事を心がけよう。






これはゴルフのスイングや野球のバッティングなどでも共通しているね。
また合図の掛け声を、息が途切れてしまう『ハイ!』ではなく、
「ハー!」、「フォー!」など、吐きながら発声できる言葉を使ってみるといい。





「わかりました!
では、呼吸を意識して撃ってみますね!」







  \おいおい。力が入りすぎだよ。もっとリラックスして。/

chikaragahaitteiru.jpg










      \もうちょっと肩の力を抜いてみようか。/
chikaragahaitteiru333.jpg









    \よし。そんな感じで撃ってみよう
。/
pukapuka.jpg










qin1.jpg

スゥ・・・・・・・ハァ・・・・・・・スゥ








               \『フォーーー』・・・/
qin2.jpg


(スゥ・・・・)





qin3.jpg

(ハァ・・・・・・)


     \ドォゥン!/
qin4.jpg

(スゥ・・・・)


「お!当たった!!」







どうだい?呼吸が安定してくると、
クレーを追うのに余裕が出来たんじゃないかな?





「ええ。今までクレーの動きは一瞬だと感じてましたが、
落ち着いて当てに行くことが出来た気がします。」






猟でも今ぐらい落ち着くことが出来れば、猟果がグンと上がるよ。
ただし、猟にはハプニングが非常に多いからね。
常に落ち着いた射撃が出来るように、クレーでの練習が重要なんだね。







確かに野生動物の動きは全く読めないからな。
どんなシチュエーションでも緊張しないように、よく練習しておかないといけないな・・・。



・・・でも、



ハプニングなんて無い
クレー射撃って、
慣れてくれば案外楽勝かもっ!








あの~?よろしいですか?





「へ?」







ojyouzudesusne







今日初めてトラップされたんですよね?
実は私も始めてなんですが、コツがよくわからなくて・・・
今、
どんな感じで撃たれたか教えていただけませんか?





「え、えええ・・・い、いいですよ~!


まずは体の力を抜いて・・・・




\おーい!何か変な力が入りまくってんぞっ!/

zerachinasu.jpg






ブログランキング・にほんブログ村へ
女性が射撃場に入ると、
おじさん達のスコアが下がるそうです。
是非、ワンクリックをお願いします~



クレー射撃  



~参考URL~
四十の手習い 様
射撃塾の様子
http://miroku5000t.blog136.fc2.com/blog-entry-127.html
射撃に興味のある方は見学などいかがでしょうか?


スポンサーサイト
[ 2014/02/10 02:00 ] ハンティング クレー射撃 | TB(0) | CM(14)

呼吸なんて考えたことも無かったっす☆

こんどは
意識してやってみます

明日、行こうかな〜
[ 2014/02/10 06:53 ] [ 編集 ]

へ〜呼吸か〜
確かに、体幹を意識するには呼吸やらんとね〜
いつも息止めたままして、上手くいかない。(バレエね)

ちょっとうちのベランダにくる鳥、なんとかして欲しいんだけど。。。
みかんを運んできて、ベランダで喰い散らかし、
レタスなんかの新芽全部食べちゃうの。。。
くちばしが黄色いやつ。
[ 2014/02/10 21:06 ] [ 編集 ]

Re: やんま さん

緊張しなくなったら呼吸が自然に出来るようになるという逆説的な考えですけどね~
呼吸を止めてしまうと、やはり体が硬くなっているように見えるみたいですよ。

うう~・・・冬の射撃場は寒~いですから、お体にはお気をつけ下さい!
[ 2014/02/10 23:33 ] [ 編集 ]

Re: れおん さん

スポーツにおける呼吸は非常に重要だそうですね~
ヨーガなどでも体をコントロールするのは『呼吸だ』と言われてますね!

むむむ・・・その鳥はおそらく『ムクドリ』ですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%82%AF%E3%83%89%E3%83%AA

トコトコトコと走って逃げる姿が可愛いのですが、
夕方の路樹に大量に集まって騒音と糞を撒き散らす憎いヤツです。
狩猟鳥獣なので、今度とっ捕まえて食べてみましょう!
[ 2014/02/10 23:41 ] [ 編集 ]

ムクドリ被害はコチラ、市がいろいろ対策してるのですが、
いたちごっこ状態です。
駅前はムクドリだらけで、信号待ちの時、信号機から離れてないと、
糞にやられます。
そいつらが、最近、徒歩15分圏(うちの並び)に進出してきたのだ〜〜〜
全部やっちゃってくれたら、市から表彰されるよ!
うちのベランダからだったら、至近距離だし、練習にもいいよね。
(4階なので、目の前が電線です)
[ 2014/02/11 08:27 ] [ 編集 ]

Re: れおん さん

実は『駆除』や『威嚇』という方法は逆効果になる場合があるんですよ。

ムクドリなどの小鳥はお馬鹿なので、いくら仲間を撃ち落してもすぐに忘れて元の場所に戻って来ます。
対してムクドリの捕食者であるカラスや猛禽類は頭がいいので、
駆除を実施している場所には危険を感じて戻ってきません。
結果、ムクドリは天敵を排除してくれる人間のおかげで繁栄してしまうんですね~

これまで人間は武力を持って自然を押さえ込もうとしていましたが
これからは『調和』の方向に考えていかないと状況は改善しないと思います。
野良猫が公務員になる日も近いかも知れませんね。
[ 2014/02/11 23:03 ] [ 編集 ]

ハイッ!

そうだったんですね!
私は元々ライフル専門(標的射撃)なので、ガッツリ息止めてました。
掛け声もハイッって元気良く声出していました。

射撃場に行くと皆さん撃ち方を教えてくださるのですが、内容は十人十色なので毎回わからないままになってしまうんですよね〜

基礎から見直した方がいいかもしれませんね!
[ 2014/02/13 14:17 ] [ 編集 ]

Re: ぷかぷか さん

射撃と言うと息を止めるイメージが強いですよね。
しかし、撃ち方は人それぞれですので、
楽しみながら射撃されるのが一番かと思います。

今年の猟期、御一緒できなくて大変申し訳ございませんでした。
今期はルーキーイヤーと言うこともあり、わからない事だらけでしたので
お誘いできる機会を見つけることができませんでした・・・

是非、来期は御一緒しましょう!
[ 2014/02/13 20:56 ] [ 編集 ]

こちらこそ!

こちらこそ来期はよろしくお願いします!

実は先日、魔窟近くに住んでいた祖母が亡くなって、親から「49日まで殺生はやめて」と懇願されてしまい、早々と私の猟期は終わってしまいました・・・

来期よろしくお願いします!
それまで下見しておきますね!
[ 2014/02/13 22:01 ] [ 編集 ]

色々な方から、話を聞きつつクレー射撃もやってますが、
呼吸の話は、初めて聞きました。
と、言う事は「コ~ル!」と呼んでる方も多く見かけますが、
これも吐きながら発声できそうなので、良いのかも??
[ 2014/02/14 22:22 ] [ 編集 ]

今度、一緒にクレーしません?久々に、皿打ちたくなりましたww
[ 2014/02/15 11:43 ] [ 編集 ]

Re: ぷかぷかさん

それはそれは・・・
お悔やみ申し上げます。

実はカモ撃ちのいい~場所見つけたんですよ!
記事にするのはだいぶ先になる予定ですが、
ぷかぷかさんなら写真を見られたら一発で場所がわかりますよw
おたのしみに~!
[ 2014/02/15 21:27 ] [ 編集 ]

Re: EYW さん

呼吸の話は初心者に対する気休めの助言なのかもしれませんね。
慣れてくれば自然と体は付いてくるはずですので。

射撃場では色々な発生方法がありますね~
やはり慣れている人は『ポーぅ!』や『ハーぁ!』など呼吸が止まらない発生をされているようです。
『ヴぉガーーーー!!』など時々凄い声を出されている方もいらっしゃいますがw
[ 2014/02/15 21:30 ] [ 編集 ]

Re: benelli さん

御無沙汰しております!是非御一緒させて下さい!
鳥撃ちばかりしていたのでなかなか顔を出せずに申し訳ございません。
イヌちゃんにパンをあげに寄ったりしてたんですがねw
[ 2014/02/15 21:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kodokunogibier.blog.fc2.com/tb.php/246-f81ed5a4