楽園へ・・・

1月初旬

imgp5557.jpg

(なんだ・・・ここは!?)


2014年の初撃。
しかしどこにもカモの姿が見えず肩を落として帰路につく途中、

ふと目にした雑木林に・・・





imgp5605.jpg
なんとッ、鳥・鳥・鳥ッ!!

『キジバト』と『ヒヨドリ』の群れッ!!
狩猟鳥ではないが『メジロ』、『ヒバリ』・・・
その他『わからん鳥』が木々を覆いつくしているッ!!



(こんなに鳥が居る光景を・・・
今まで見たことが無い!)






(・・・ってココ、『サンクチュアリ』
(自然保護区)じゃないよな!?)

GPSで現在の情報を確認し、地図と比較してみるが・・・


imgp6193.jpg

(鳥獣保護区ではない。)


(そういえばこの辺は最近、新住宅地建設が盛んだと聞いたことがある。

おそらく、開発により山が切り開かれて行き場を失った鳥たちが、
たった500 m2ほどしかない、この雑木林に集まってきたのだろう。




344.jpg

(我々は自然から一方的に消費財を搾取している。
木々を切り、山を開き、海から恵みをもぎ取り埋める・・・
行き過ぎに見えるそのような行為も、
我々が豊かな文明社会を享受し続けるには仕方の無い事なのかもしれない。

しかし・・・せめて守って行こうではないか!!
この鳥たちに残された『小さな楽園』をッ!!)




とは言うものの。




tohaiumonono.jpg

(グェヘヘヘ・・・・ここは『可猟区』
こんなに沢山の獲物、みすみす逃す手は無いでしょうよ。)

(この小さな楽園は、おそらくこれまでハンターに
気付かれる事の無かった
『黄金郷』
そして俺は獲物と言う黄金を略奪しようとする・・・)


侵略者

(キジバトとヒヨドリは一日にどれだけ獲ってもいいからな。
この楽園の黄金を奪いつくしてやるぜ!



(ん!あの木から飛んだのは!!)


vlqlw2bdd8.jpg

(キジバトだっ!)







 

ijcbddd8eqwerb.jpg
(逃すかッ!!)







4t51msdfsfsoq8.jpg  

(・・・む。)



(キジバトの飛ぶスピードは決して速くない。
しかし、キジバトの方がこちらに気が付くのが早い!!
これでは、照準を付ける前に遠くに飛ばれてしまう。)


(ま、まぁ・・
今のを逃したところで
獲物は沢山いるんだし・・


imgp5560.jpg
(ぐっ!!)






arubaru.jpg
(待て!!)




sokumenntotugeki.jpg


(はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・疲れた!
か、かれこれ2時間近く、キジバトとヒヨドリを追い掛け回しているが・・・
一向に近づけない!!






imgp5614.jpg

(相手の警戒距離はおよそ300m
どちらも視力が優れており、
少しでもこちらの姿が見えると逃げられてしまう。
その上キジバトの羽音とヒヨドリの甲高い警戒声が、
この楽園にいる他の鳥達の警戒心を高めているようだ。)


カルガモは警戒心が強いだけだったが、
キジバトやヒヨドリは索敵能力が高い!!

それもそのはず、木の上に居るって事は
『物見やぐら』から監視しているようなものだ。






 monomiyaguv2ra.jpg

(キジバトやヒヨドリは森の番人だと聞いたことがあるが、
正にこの楽園の『監視兵』




imgp5562.jpg
(たかが小鳥と軽んじていたが、奴等決して
侵略を甘んじる『か弱い動物』では無かった!!


真剣に作戦を考えなければ、
100年追いかけまわしても捕まえられないだろう。


・・・撤退だ。)


~その帰り道~


imgp5dsfs559.jpg

(・・・ん!?何だこの音!?後ろから!?




(ぬぉ!)


 baddrubarubaru
(き、『キジ』だ!!
すごいッ!初めて見た!!
な、何て美しいんだ・・・


・・・って、

見とれてる場合じゃない!!
撃て!撃てぇ!!


ewwweqq12345.jpg

(うわ!とんでもないところを撃っちゃった!!
焦るな!落ち着け!呼吸を整えて・・・
2発目で仕留めるッ!!










ガチャッ!


(!?)


・・・・ガチャ!ガチャッ!!



(・・・・あれ?)



jamingusita-.jpg

(うおぉぉぉぉっ!!『ジャム』った!!
(弾詰まり)
よりにもよってこんな重要な場面で!!
てか、リピートアクションでジャムらせてんじゃねぇよ俺!!)


(く・・・しかし、この楽園には『王』が居ることもわかったぜ・・・。
必ずまた、俺はこの楽園に戻ってくるぞ!!





ブログランキング・にほんブログ村へ
「ヒャッハー!略奪だぁ!!」 と言ったが
農民にボコボコにされた。そんな気分です。
ワンクリックいただけますとヒャッハー!です。


スポンサーサイト

なんか臨場感あふれる物語で楽しかったっす★
せっかくでたキジでジャムるのは運が悪いっすね~

でも、どんなカメラで撮影してるんですか?
[ 2014/03/03 08:07 ] [ 編集 ]

楽園♫

私もウチの近くで楽園を発見しましたが、留まり木が多すぎて、行くとこ行くとこヒヨちゃんと追いかけっこでした。
結局、「待ち」が確実だとしばらくグルグル回って気が付きましたが・・・

猟期過ぎたから、「楽園探し」しかできませんが、鉄砲持ってないから余計怪しいですよね〜

来期一緒にまわれるところもっと探しておきますね!
[ 2014/03/03 19:00 ] [ 編集 ]

残念!

でしたね~。
またまたドキドキさせられてしまいました(笑)

今夜は感謝の気持ちをこめてコメントします。
いつもありがとうございます♪
日本ブログ村で2位になれました。

感謝の気持ちをこめて動画を作りました。
また、暇な時にでも見てやってください。

これからもヒカルと仲良くしてください v-410
[ 2014/03/03 23:02 ] [ 編集 ]

残念でしたね。先台の引きが不十分で排莢が不完全だったとか? でもこの経験が次に活きるでしょうし。猪に突進されてる時にジャムらなくてラッキーだったと思えば…。

池の縁で頭上に英軍枯葉偽装網、前面に陸自迷彩のメッシュを張って潜んでたら、射程内にカモが飛んできてエサを摂り始めた事あります。カモの名前ド忘れして撃てませんでしたが(笑) ぷかぷかさんが書いてありますが、私も待ちの方が良さそうに思います。

…ところで、500㎡って狭くないですか?
[ 2014/03/04 21:38 ] [ 編集 ]

Re: やんま さん

以前、やんまさんもご紹介されていた『GoPro』で動画を取り写真に加工しています。

本来は動画を投稿したくてカメラを買ったのですが、
ヘッドマウントではブレが激しく、また環境音ノイズが酷いため、
指向性マイクなどが必要になりました。
しかし予算の都合から今年は断念です・・・
[ 2014/03/04 23:59 ] [ 編集 ]

Re: ぷかぷか さん

キジバトとヒヨドリはわかっているのかいないのか、
銃を持っていないと、ものすごく近くまで来るときがありますね。
ハンターの殺気を読んでいるのかも知れませんねw。

猟期以外は心優しいバードウォッチャーと言うことで行きましょう!
[ 2014/03/05 00:02 ] [ 編集 ]

ヒカル さん

おお!!素晴らしい!!おめでとうございます!
しかしあのカテゴリー、激戦区ですね~w

今後とも応援させて下さい!
[ 2014/03/05 00:04 ] [ 編集 ]

Re: マル さん

ジャムの原因は油切れによるもので、
今期は整備不良により猟場で暴発を2回も起こしています。
この辺の『整備の重要性』の話も書きたかったのですが、
ネタ十分に煮詰まらなかったので保留にしました。

今回の猟場は非常に狭いですよ。
あまり細かいことは申し上げられませんが、2面は撃っても安全になっているので
射撃の向きにさえ気をつけていれば問題はありません。

一応、今回のお話は続きがありますよ~
果たしてキジバトとヒヨドリにリベンジは出来るのか!?
乞うご期待です!

[ 2014/03/05 00:15 ] [ 編集 ]

雉の飛び立つ瞬間ってなんどか近くで見たことはありますけど、あれに咄嗟に反応して照準するのってかなり難しそうですねぇ( ̄∀ ̄;)

雉やキジバトって、山にいるイメージとは裏腹に、家のすぐ脇の草が伸びた空き地なんかに結構潜んでたりしますよね
[ 2014/03/05 00:44 ] [ 編集 ]

こういった時、ジャムは焦りますね~
将来、銃を増やした時は注意しよ・・・
[ 2014/03/05 11:25 ] [ 編集 ]

Re: 狩猟未満 さん

このとき生まれて初めてキジを見ましたが、
飛び立つ音が凄いですよね~w
『ドルゥ!ドルゥ!ボボボボッ!!』って、
まるでハーレーのエンジン音のようでした!!

今期狩猟をして思ったのですが『猟犬』は偉大ですよ!
レトリバーにせよ、ポインターにせよ、
居ると居ないのでは全く狩猟の楽しさに違いがあると思います。
僕もいつか自分の犬と一緒に狩猟がしたいです・・・
[ 2014/03/05 23:01 ] [ 編集 ]

Re: EYW さん

ガスオートの場合は運が悪いとジャムる事があるそうですが、
レピーターでのジャムは完全に整備不良によるものです。
この日、すぐに銃用オイルを買いに銃砲店へ行きましたw
ド素人の無茶苦茶な扱いにも耐えてくれるのが、M12の頼もしいところです。
[ 2014/03/05 23:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kodokunogibier.blog.fc2.com/tb.php/249-44ff1623