最後の晩餐『イノシシちゃんぽん』

    
            Aパートはこちら!
aikyaccchi2.jpg








ブタは『鳴き声以外全て食べられる』と言われます。
イノシシもまたしかりなのですが、なかなか利用されない部位もあります。

その一つがコレ。

imgp5423.jpg

豚足もとい『猪足』です。




前回の『皮』と同じように80℃ほどのお湯に猪足をつけ、毛を毟っていきます。
毛皮に比べ足毛は針金のように硬く短いので抜くのが大変!

imgp5434.jpg 
その後直火で産毛を焼いていきます。
毛の処理は大変ですが妥協してはいけませんよ!
残っていると食べたときに口の中がチクチクしますからね。
このように猪足は1本処理するのにも、かなり時間がかかるんです。



さて、下処理した猪足を、醤油、酒、生姜、砂糖、ごま油少々で
とろとろになるまで炊いたのがこちら。

img_1120.jpg

『猪足テビチ』!!
一見肉厚に見えますが、ブタと違い猪の足には余分な肉がまったく付かないため、
食べられるのは皮とゼラチン成分、いわゆる『コラーゲン』


さて、なぜこの猪足があまり食べられないか。
それは上述したように手間がかかりすぎることと、
それに見合うだけの可食部が無いためです。


・・・しかし、
私は十分に価値がある食材だと思います。







指はベタベタ、口の周りはギトギト
骨をしゃぶり!関節を齧り!
つま先を舌で嬲るッ!!
普通の料理では決してまねのできない卑しい食べ方が
なんだか無性に楽しいッ!


なぜこのフリーダムが楽しいのか!?

それはかつてあらゆるタブーが許されていた時代を思い出すから・・・
そう、
テビチを一心不乱に食べていると、
『赤ん坊』の頃の記憶が呼び覚まされるのです!!


『美味しい』とは決して味だけの問題ではありません。
忘れ去った記憶を呼び覚まし、食に楽しさを提供するこのテビチーこそ
『美ンまいもん』
と言えるのですッ!!




余談ですが、下処理が難しいという意味で
今期食べ切れなかった部位も多くあります。


例えばこちら『胃』
ブタの胃袋は『ガツ』という名称で販売されており、
イノシシのも同様に食べられるのですが、


なんど洗っても臭いが取れないっ!
そのうえ胃壁から染み出る胃酸で手がヒリヒリッ!!

同様に『腸』も処理場の確保、処理方法が非常に難しく、

食材に加工するまでには至りませんでした。
この辺り、もっと勉強して来期は必ずチャレンジです!



さて、最後の食材はこちら!

骨?

いえいえ、その中身。



『脊髄』
です。
このまま食べることも出来ますが、今回は
『猪骨スープ』を作りましょう。



まず鍋に入りやすい大きさに切り分けます。
背骨の場合は、包丁を関節に入れれば簡単に断つことが出来ます。


imgp5305.jpg
大腿骨の骨髄、通称『ゲンコツ』も使用しますので骨を砕いておきます。

ところで。
人類の祖先が手に物(道具)を持ち始めたのは
『狩りをするため』と長らく考えられてきました。
しかし、近年の主流な学説では、
ライオンやハゲタカなどが食べる事の出来なかった
『硬い骨を割って脳や骨髄を食べるため』だったと言われています。


つまり人類の祖先は食べ残し中の食べ残しをあさるスカベンジャー
『石を手に脳みそをすすりに徘徊する人類の祖先。
う~む・・・イメージが悪く、とても受け入れがたい学説ですが・・・

私はこの説は正しいと思います!
なぜなら!!



「骨を砕いているとよぉぉぉ!
なんか無性に楽しくなって来るンだよなァァ!
先祖返りってヤツか!?ギャハハハハハ!!」




・・・閑話休題。

imgp5306.jpg
水をひたひたに入れて煮出していきます。
灰汁がもっさり出てきますので、適当に掬ってあげましょう。

ところで、
豚骨スープは『脊髄から旨みが出る』と言われますが、
あれは少し間違った表現で、正確には
『脊髄が溶けたもの』です。
なので、豚骨スープには
脊髄と同じ組成の『脳』も溶けています。


「中国じゃあブタの脳みそ喰うらしいぜ?気持ち悪りぃなぁ~」
と言っていた友人が
、豚骨スープこと
『ブタ脳脊髄汁』
をグビグビ飲む
姿をみて、
(現代社会の食は『ブラックボックス
されているよな~・・・。)
と感じたものです。



・・・・またまた閑話休題。

imgp5365.jpg

たびたび水を差しながら煮込むこと約10時間
脊髄・骨髄は全て溶け、骨はスカスカになりました。

これを濾します・・・・が、まだ終わりではありません。
スープを鍋に戻して、さらに煮詰めていきます。


imgp5377.jpg
こうして出来上がったのがイノシシ2頭分を濃縮した
『猪骨スープベース』!!

ただし、このままではタールのように粘度が高く使いにくいので、
一旦冷凍させて凍ったものを1cmキューブに切り分けて
『猪骨スープポーション』にします。

 ポーション一つで約200mlのスープに戻りますよ。

imgp5320.jpg
こ・れ・が・驚くべき万能調味料ッ!!

豚骨のような嫌な臭いが無いこのスープは

塩で味付けしてこのまま飲んでもよし!
ソースベースにするもよし!
万病によし!
お前によし!
俺によし!

ポーションにしておけば保存も効き場所をとらないので
『おすそ分け』によしッ!

さて、このスープが最も合っていると思う料理、

そしてこれまで出会った料理の中で私が
最も『美ンまい』と感動した料理がこちらッ!!






imgp52ddd99.jpg
『イノシシちゃんぽん』です!!
・・・え?

「なんで肝心の写真がないんだ!!」
ですって?


いや~、これには深い事情がありまして・・・
実は
私、4月から生活が大きく変化する事になりました。
そこで急遽、冷蔵庫にある大量の食材を処分する必要があったため、
野菜各種と、冷凍していた醤肉、炒めた皮、タン、心臓、ラード
で、文字通り『ちゃんぽん』を作ったのですが、

これが素晴らしい旨みッ!!


ううむむ何と表現したらよいか・・・

化学調味料中毒者(通称『赤パンダジャンキー』)
の私から言わせて貰いますと、これは
未来永劫人工的に
作成できる事の無い旨み、いうならば
『エリクサー的美味さ』だったと申しましょう!!


しかし!しかしですね!
これの・・・見た目が悪かったッ!!


img_1次郎750
『猪肉・ラードマシマシ・ニンニクチョモランマ』
、正に『次郎盛り』ッ!
これは
画像をブログに乗せるのはマズイッ!
と言うことで
写真は取らずじまいなのでした・・・。


しかし、あれは素晴らしかったなぁ~・・・
カネを払っても
決して食べることの出来ない(そもそも店に出せない)、
狩猟と言う大きな世界を封じ込めたような一皿・・・
過酷な新生活を乗り越える活力をくれた魂の料理!

間違いなく『美ンまいもん』ですッ!!




imgp5326.jpg
さて、長らく続けてきました
『ハンター・ルーキーイヤー編』も今回で終わりです。
(あと1ネタありますがそれはまた後日・・・)


総括として感じたことですが、
『実際にやってみないとわからない事ばかりだった』
と言う事です。


例えばイノシシ。
ブログ内では触れていませんでしたが、
実はハンターになるずっと前に一度、
イノシシ肉を頂いて食べた事があったのですが・・・



いののししs

その時の印象が最悪ッ!!
『硬い!臭い!旨みが無い!!』

ハンターを志す段階で、鳥撃ち一本に絞っていたのはこのためでした。



しかし、猟友会の皆様から良質な肉を得るための狩猟技術、解体技術のご指導を頂き、
また友人(アルテミスさんの中の人)のアドバイスを受けながら熟成の研究をしたことで、

rqerqdfsdf.jpg
私の中でのイノシシに対する印象が大きく変化!
『来期は自分の手でイノシシを仕留めたい!』
と思うに至りました。

このような心情の変化、知識・技術、感じた事は、やはり実際に経験しないと理解する事ができません。
本ブログでは上記のファクターを、できるだけ多彩な表現で記録していきたいと考えていますので、
これからも多くの皆様方にご高覧頂き、楽しんでいただけましたら幸いです。
最後に狩猟関係皆様方へ、この場で大変恐縮ではありますが厚く御礼申し上げます。

・・・さて、次回から4月以降のお話。
『新・孤独のジビエ』が始ります。





ブログランキング・にほんブログ村へ
👉Next:猪子ちゃん!MAX!!
👉Prev:
ぶっちゃけ脂が美味い
👉オススメ:性欲をもてあます
👉オススメ:獣もいいけど、マガモもいいよね

ニコライ

どうなっちゃうんだろう・・・期待・・・!
[ 2014/05/19 06:01 ] [ 編集 ]

総括

いや〜、ルーキーイヤーの素晴らしい総括ですね!

冷蔵庫処理に呼んでいただけたら実家の畑の野菜と青森の親戚から頂いたニンニクを持っていけたのですけど・・・
(アブラニクヤサイニンニクマシマシ)

新天地での狩猟は北Q州のようにはいかないでしょうが、新たな展開を期待しております!



[ 2014/05/19 18:04 ] [ 編集 ]

一風堂より美味しいラーメンが食べたーい

色々勉強になりました(*^^*)
[ 2014/05/19 18:38 ] [ 編集 ]

さうび

今回もすごく美味しそうですね。なんかお腹が空いてきました。
ちなみにどうでもいいことですが、おそらく脊髄と骨髄を混同されてるとおもわれます。骨髄は造血器官、脳と脊髄が同じ神経系です
[ 2014/05/19 19:41 ] [ 編集 ]

Re: ニコライさん

新・孤独のジビエ・・・
今のところ
『クジラ一本釣り』、『ナウマンゾウハンティング』
『ラフレシア踊り食い』などを予定しております!!

お楽しみに・・・しないで下さいね!!
[ 2014/05/19 23:12 ] [ 編集 ]

Re: ぷかぷか さん

ありがとうございます!
ルーキーイヤー、右も左もわからない状態でしたが、
なんとか自分なりの形でブログに記録していくことが出来ました。
本当に関係者様方の御尽力があればこそだと思っています!


ぬあーッ!ただでさえニンニクが余ってチョモランマになってたのに、
これ以上追加されたら大変なことにww

[ 2014/05/19 23:17 ] [ 編集 ]

Re: やんまさん

『一風堂』!美味しいですね~
『一蘭』なんかも有名ですね。
こってりがお好きなら『海龍』がありますね。

さらにヤバイのが食べたいのでしたら
北九州の遠賀川沿いにある『がんこもんラーメン』というお店が・・・

ちなみに私、豚骨よりは醤油派です。
[ 2014/05/19 23:25 ] [ 編集 ]

Re: さうびさん

おおおっ!誠にありがとうございます!!
おっしゃる通り混同しておりました!すぐに訂正させていただきました!

このように間違いを御指摘いただいたり、アドバイス、要求をいただけることが、
このブログを運営するフィードバックになります!
これからもまた御意見頂けましたら幸いです!
[ 2014/05/19 23:28 ] [ 編集 ]

いよいよイノシシ猟に進出ですか。
スラッグを撃てる銃を買い増しされるのですか?

そして生活の変化とは?
孤独のジビエが孤独ではなくなったとか...。

新・孤独のジビエで明らかに?
楽しみにしています。
[ 2014/05/20 00:17 ] [ 編集 ]

おひさしぶりです

前回からどれも美味しそうで堪らんなぁ~!と思いながら拝見しておりました(チャーハンがお気に入り)

そして今回のラストがちゃんぽん!
想像しただけで腹が鳴りよだれが…

わくわくしながら読み進めるとまさかの画像なしとは!
でも旨かったんでしょうね
十分に伝わりましたよ
[ 2014/05/20 17:56 ] [ 編集 ]

またしてもウーマーソー!!(´Д`*)
しかし、煮込み10時間となると休日丸々潰して鍋の番する根気は必要ですねぇ

このスープストックを使って鍋やっても美味しそうですねぇ
白菜やモヤシてんこ盛りでw
[ 2014/05/20 21:26 ] [ 編集 ]

Re: 海流美丸 さん

銃は・・・買いませんッ!(予定)
後日談ですがM12フルチョークでもスラグは撃てるみたいなんですよね。
まだどうするかは考えていませんが、わけあって2挺持ちは難しそうです・・・

お!孤独じゃなくなる!!その線も考えられますよ~
『新婚ほやほや☆ラブラブのジビエ』
・・・いや、絶対にありえませんねぇ~
[ 2014/05/21 08:21 ] [ 編集 ]

Re: モンタナさん

お久しぶりです!
釣りの記事が無くて申し訳ありません!

調理風景だけは取っていたはずなんですが、写真がなかったんですよね・・・
余談ですが、ちゃんぽんとラーメンの大きな違いは
麺をスープで茹でるか茹でないかです♪
[ 2014/05/21 08:23 ] [ 編集 ]

Re: グンマーさん

10時間!確かに長いですがその価値は十分にありますよ!

おお!鍋!!
豚骨スープ鍋!!それはよさそうですね!
まずモヤシは入れますね!白菜よりキャベツが合いそうです。
肉を入れて、麺は太麺にしてじっくり煮込むと~・・・・
て、これ『ちゃんぽん』だッ!?
[ 2014/05/21 08:30 ] [ 編集 ]

3日考えたけど、どうコメントしていいものか。。。

すごいいい経験しましたね。

モノがありふれたこの時代、

この体験はすべて財産になりますね。

出来る人にしか与えられない機会だと言えると思います。

選ばれた人だということを誇りに思って欲しいです^^

(はよ、4月分upしなさい!)
[ 2014/05/21 21:50 ] [ 編集 ]

Re: れおん さん

いえ~!御忙しい中コメントを頂けただけでもうれしいですw!

狩猟はとてもいい経験になりました!
しかし、それ以上にこのブログで自分の考えをまとめ、
それを表現する事は、ものすごい勉強になりました。

4月以降のお話もすぐに・・・
でも来月からなんですよ・・・ぬへへ
[ 2014/05/22 00:35 ] [ 編集 ]

なかなかこれなくって

ごめんなさい。
今日はじっくり読んでない記事もぜ~んぶ読ませてもらいました♪
ジャンプの
H×Hくらい面白いのにタダで読めるなんて申し訳ないような(笑)
東京に転勤大変ですが栄転ということですか?
出世ということかな☆
しし肉といったらヒカル的には牡丹鍋でっす!
食べたいな~。
山奥の料亭みたいなところで食べるとすごくお高いので食べられないモンね。
猟をやってた知り合いのおじいちゃんが死んでからは
まったく食べていません(涙)
これからも孤独のジビエ楽しみにしていますね~♪
[ 2014/06/16 19:23 ] [ 編集 ]

ヒカル さん

いえいえ、たまにご覧頂くだけでもとてもうれしいです!
このブログ内では、旬の情報は載せていませんので、
どうぞお暇なときにまとめてご覧下さいw

栄転!?まさかw
しばらくの研修の後は戦地に送られる予定ですよ~
・・・それはどこかって?・・・きっと海の外。

美味しいシシ肉を食べられていたんですね!
それは間違いなく、そのおじいさんの狩猟の腕と、肉を作る(熟成)技術が
素晴らしかったのでしょうね!
僕もドンドン、勉強していきたいです!

HxH、そろそろ『虫偏』の連載開始したのかしら?
[ 2014/06/16 22:34 ] [ 編集 ]

何言ってるんですか!

キメラアントの話なんかとっくに終わってますよ(笑)
[ 2014/06/18 16:17 ] [ 編集 ]

Re: ヒカル さん

マジッすかッ!!
『突入まであと10分!』から8年待たされましたよ・・・
[ 2014/06/18 23:23 ] [ 編集 ]

非常に面白かったです!
色々ととびとびに読んでしまっているようなので、じっくりと読んでみたいと思います。
それにしても(๑╹ڡ╹๑)おいしそ~
[ 2014/10/04 00:24 ] [ 編集 ]

Re: エルトロン さん

誠にありがとうございます!
過去の記事はバラバラで読みづらいかと思いますが、
楽しんでいただけましたら幸いです!
シシ肉は・・・ウンマィですぞぉ~(*´﹃`*)
[ 2014/10/05 18:03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kodokunogibier.blog.fc2.com/tb.php/259-db068834