轟けッ!ウィンチェスターM12!

2月15日(土)
 鳥類狩猟最終日


imgp5484.jpg

(居ない・・・。)




imgp5589.jpg

(ここにも居ないか・・・・?)




imgp6199.jpg
(・・・あっ!
居たッ!!)






imgp6198.jpg
(・・・けど、こりゃ遠すぎるわな。)

(やれやれ、ルーキーイヤーの狩猟もこれで終いかな~。)






 
imgp5261.jpg
(それにしても、猟期の終わりはカモの警戒心も強くなるのか、
射程距離に入ってこないよな・・・
やっぱりこういう時は、射程の長い『エアライフル』が欲しくなるな・・・。)






(今、若いハンターの間では大人気のエアライフル。)


urubarinnrainstorjim.jpg

(散弾銃より10倍以上射程距離が長く
軽量かつ射撃音が静か、
さらに更新に実技試験も要らず、
最近のプレチャージ式エアライフルは技術改良が進み、
鹿が狩れるほど強力ときたもんだ。
はっきり言って、ここまで長所がそろったら、
次世代の狩猟はエアライフルがメインだわッ!



(いやいや!もちろん散弾銃が悪いわけではない。)
 img_085dfdfd9
(風当たりは強くなる一方だけど、
やっぱり魅力的な散弾銃
たち。
知れば知るほど興味深いその歴史と
先人達語る愛銃とのエピソード。
ん~・・・『ロマン』が詰まっているよなぁ~





(・・・が、しかし。)


imgp5ddfd061.jpg

(そんなロマンの塊の『ウィンチェスターM12』も、
実際使ってみると、設計が100年前と言うこともあって、
重量もあるし、替えパーツも無いから故障したら一巻の終わり。

まぁ、無理やり譲ってもらった手前、
本当はこんな事言っちゃ悪いんだけど・・・





vvv44.jpg

(こいつを選んだのは間違いだったかなぁ~。













img_1578.jpg
(ん!?)





img_11dfdf97.jpg
(あのテトラポットの上に居るのって、もしかして・・・)




img_1199www.jpg

・・・『カルガモ』だ!!ざっと20羽は居るぞ!?)




(しかもっ!!)


omahcsdsfdf.jpg

(あの場所、ものすごく攻めやすいッ!!
テトラポットの陰に隠れて進んでいけば、
かなりの近距離まで近づけそうだ!






aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa847.jpg

(これは最後の大チャンスッ!!

波が荒いから足音も消せるッ!
群れに近づけさえすれば、エアライフルや
他の散弾銃にはマネの出来ない、
M12の真価の一撃を・・・











        \うぉっ!!/

chouabune.jpg  

(あ、危ねぇッ!
M12が海水を浴びてしまう
ところだったッ!!)

(このM12に使用されている『モリブデン鋼』

『スチール』や最近の『クロムモリブデン鋼』とは違い
重たい上には腐蝕にめっぽう弱く、
雨水や手汗でさえも錆の原因になるぐらいだッ!
海水なんか浴びたらひとたまりも無い!



img_3023.jpg

(まぁ、そんなデリケートな性格上、M12からは
『整備の大切さ』を見に染みて教えてもらったんだけどね。
やっぱりこういう事は、教科書ではなく『身を以って感じる』事が
重要だよな・・・本当に。)









(さぁ・・・・)


imgp5asd848.jpg

(ようやくテトラポッドの先端だ。
この先にカルガモが群れているはず・・・。
飛ばれていないという事はこちらに気が付かれていない・・・





落ち着け・・・落ち着け・・・








ふぅ・・・・







すぅ・・・・・







ふぅ・・・・・・・・










・・・・・行・く・ぜッ!)

imgp5841236.jpg

(捕らえたッ!距離、およそ3mッ!


「行けッM12ッ!!
お前の『スラムファイア』で、
奴らを一網打尽にしろぉぉぉーーーッ!!」

スラムファイア








imgp5846 (2)






『スラムファイア』とは!
それはM12に秘められた超高速連射機能であるッ!

※実を言うと古い銃すぎて、安全装置が付いていないから可能な暴発撃ちである。







imgp5ddf846.jpg
(奇襲成功!?何羽仕留めたッ!?)





imgp5845.jpg

(1、2、)



imgp5844.jpg

(3・・・・)



img_1175.jpg

(4・・・・・)


imgp5844.jpg

(5ッ!)




img_1174.jpg

(やったぜっ!M12ッ!
これぞ、散弾銃の底力ッ!

猟期最終日に初『満射』ッ!!)


(続く!)

※カルガモの料理編はこちら





ブログランキング・にほんブログ村へ
100歳過ぎても現役バリバリッ!
がんばれウィンチェスターM12ッ!!
ワンクリック頂けましたら幸いです!




スポンサーサイト
[ 2014/08/11 00:44 ] ハンティング 猟銃 | TB(0) | CM(14)

更新キターーー

私も狩猟を目指し、免許取得のため動き出しますが
ちょうど散弾銃とエアライフルで悩んでいたんですよねぇ。。
思わずコメントしちゃいました。
[ 2014/08/11 10:55 ] [ 編集 ]

ご、五羽?五羽のカルガモが?10秒もたたずにか?
ひ、百年前の散弾銃にカルガモが五羽も?ば、化け物か...
[ 2014/08/11 20:00 ] [ 編集 ]

Re: ロイターさん

始めまして!コメントをありがとうございます!

散弾銃はいかに獲物に近づくか、寄せるか、動く獲物に当てるかなどの『動的』な猟です。
対してエアライフルは、銃とスコープの精度追求、引き金を下ろすタイミングなどの『静的』な猟です。

『獲物を捕獲する事』だけが目的ならエアライフルの方が(お金は掛かかるそうですが)
簡単かも知れません。
しかし『狩猟の楽しみ』と言う点ではどちらも全く異なる楽しみがあると思います!

もともこもありませんが、どちらも挑戦されてみる事をオススメしますw
[ 2014/08/11 23:09 ] [ 編集 ]

Re: 海流美丸 さん

本来であればM12には、12機のスカート付きをわずか3分で全滅させるほどの力がありますよ!
本当は止まっているよりも、飛んでいる獲物を撃ち落せたらいいんですけどね~・・・腕がありません。
[ 2014/08/11 23:15 ] [ 編集 ]

そんな古いの〜( ゚д゚ )
ロマンや思い入れのある鉄砲なんですね

僕なんて山歩きでも楽な軽さで選びました
ベレッタ304
[ 2014/08/12 11:59 ] [ 編集 ]

定数オーバー

落ちたのが6羽以上じゃなくてよかったですね(笑)♪
[ 2014/08/13 10:11 ] [ 編集 ]

速射なら、うちのM3もSMGなみに早いぞぉ!
しかぁし、カモはなかなか出会えないし、猪でそんなことしたら、みんなから、怒られるからねぇ・・
[ 2014/08/13 16:55 ] [ 編集 ]

Re: やんまさん

カモ撃ちの場合は基本持って歩かないので
重くても一癖ある銃を好む人が多いですね~
水平二連を好む人もいますw

シシや鹿の場合は銃の故障率も高くなるので
替えパーツ・銃身があるか否かが非常に重要なファクターになりますね!
[ 2014/08/13 21:17 ] [ 編集 ]

Re: じゃんさん

話の構成するためあえて触れていませんが、実はこの時は先輩ハンターとの『共猟』です。
http://blog-imgs-63.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/img_1172.jpg
当ブログでは誇張した編集をかなり使用しているため、
矛盾点等ありましたらコメント頂けましたら補足説明いたします!
[ 2014/08/13 21:32 ] [ 編集 ]

Re: べねりさん

べねりさんなら、あの防波堤の形状で場所がどこかお分かりですよねw
余談ですが、この堤防の近くにある『あの池』に居るカモたちですが、
驚かすと大抵海方向に飛んでいきます。
堤防にデコイを仕掛けて置けば、かなりの確率で寄ってくると思いますよ!
本当は今年チャレンジする予定で、温めていた作戦でしたが・・・ううう

イノシシ猟で連射なんかしてたら
「いったい何匹でたんだーーー!」と大騒ぎになりますねw
[ 2014/08/13 21:57 ] [ 編集 ]

お久しぶりですw

満射おめでとうございます♪
鳥猟も行ってみたいと思いつつも、良い場所が無かったり、行く人が居なかったりで
結局、前の期は4つ足猟のみで、鳥猟は1回も行かないままでしたね~
銃も、ミロクの上下のみで次の許可申請がまだ出せない状況です。
グループで4つ足猟を行いましたが、数人がライフルの自動銃なので、
12番より大きな発射音が4連発とか響くこともありましたね~
3頭に対しての発砲で、その時は2頭倒しておられました。

とりあえず、猟用にスライド銃が1丁ほしいです。
[ 2014/08/13 23:58 ] [ 編集 ]

Re: EYW さん

実際は先輩との共猟で、射線が十字砲火だったため、
「本当に5羽自分で仕留めたの?」と聞かれると・・・うへへwお茶を濁させて頂きますw
ま、まぁ、『散弾銃猟も面白いよ!』と言うのが今回のテーマであります!

ライフル。
あるベテランさんに聞いた話ですが、
「ライフルは散弾銃とは全くの別物だから、『散弾銃所持10年』なんて制度ではなく、
新しく所持許可制度を作った方がいい。もしくは『空気銃』から派生させた方がいい。」
とおっしゃってました。

『ライフル』って散弾銃と比べてそんなに違うものなのでしょうかね~・・・
ううむむ、気になります。
[ 2014/08/14 22:28 ] [ 編集 ]

待ってました!

更新待ってました!

おお!
あそこでそんなに獲れましたか!
散歩する人も多いので、ちょっと躊躇していましたが・・・

しかし、その後の解体は大変だったのでは?
[ 2014/08/15 14:41 ] [ 編集 ]

Re: ぷかぷかさん

お待たせしましたw

昼ごろになると人通りも多くなる場所ですね。
この時は朝方で人通りも少なかったですが、
一応近くの方に一声かけて狩猟を行いました。

この時のカルガモはすぐに全部解体するのでは無く、
フザンタージュ(熟成)の実験を色々やってました。
血を抜かなかったり、内臓を付けたまま熟成させたりと。
http://blog-imgs-63.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/imgp5953.jpg
こんな冷蔵庫への入れ方、一人身だからこんなことができる事ですねw
[ 2014/08/17 03:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kodokunogibier.blog.fc2.com/tb.php/278-84b6ac51