満月の夜のパラノイア


スーパームーンの夜。

imgp1591.jpg


月明かりが一層強く水面を照らす凪の夜。

明るみをはばかる魚達は海底深く身を潜め、

夜の海は静寂の闇に覆われます。




・・・しかし。




そんな鉛のように重い海の中を、

集団で狂いうねり泳ぐ魚がいます。




その名は

imgp79ghgh9.jpg

ゴンズイ。

万物を狂わす力を秘める

スーパームーンの夜、

今回のお話は、

そんな夜に起こった、

少し怖い体験談です。





















ちりん・・・・ちりん・・・・
















『スーパームーンの夜、

   ゴンズイ達は

       悪魔を呼ぶ。』






(・・・馬鹿げた話だ。)

(悪魔?オカルト?)

(俺はそんな事を信じる人間ではない。)








そんな時だった・・・




  どこからか、



奇妙な
   呼び声
         聞こえた。






おおおい


遠く反響するような音。

船の警笛のようにも聞こえるが、

誰かが助けを呼ぶ声にも聞こえる。




おおおおいいいいいい


(もしかして、誰か海に転落したのか?)

水面を見渡す。

やはり誰も居ない。

海上には漁業用のウキが一つ浮かんでいるだけだった。




おおおい
鳴り止まない呼び声。

周囲を見渡しても誰も居ない。

どこから声がするのかわからない。

誰かそこに居るのか!?」

私は海に向かって大声で叫んだ。



・・・すると、

imgp0068.jpg

呼び声がピタリと止んだ。

海は再び静寂に包まれた。

(気のせいだったのか?)










ウキ?


そういえば、さっきまで


あんな場所にウキなんて浮いてたか?





なぜええええええええ  


 
私は突如、祖父から昔聞いた話を思い出した。

『深海からの呼び声には

 決して答えてはいけない。

 もし答えを返してしまうと、

 深い海の底に連れて行かれる。』



 全身に悪寒が走った。













めがあってしまった



足がすくみ動かない

imgp795dffdfd845



冷たい手が

私の足を掴んでいた。




mitehanaranai.jpg


 異形の顔が


 ギジギジと音を立てる。


   
 私の体は恐怖ですくみあがり


 指先一つ動かすことも出来ない。


 喉は緊張でつぶれ叫び声も揚げられない。


 もはや抗うすべは何もなかった。














ピンポロピン


突如、陽気な電子音が静寂を切り裂いた。







ぴんんこここここrtrtr81


気が付くと異形の手は消えていた。

足には深海のように冷たい触感が残っていた。





静寂を

ポケットをまさぐる。

音の正体は

彼女からの電話着信だった。

体に精気が戻る。

私は電話を取らず、

着信音を極力大きくし、

震える足で逃げるように

車に飛び乗った。




imgp8007.jpg

家に帰ると、恐怖心も収まってきた。

(アレは幻だったのだろうか・・・。)

いや、
全てが現実に起こったことだ。

私はあの姿、臭い、冷たさ、恐怖をまだ覚えている。


そして彼女からの一本の電話が私を救ったのだ。



(彼女に今日のお礼を言おう。)

私は携帯電話のリダイヤルを回した。



 




a2223edd.jpg






私は携帯電話を置いた。




パラノイア  


ようやく私は

その日起こった全ての事を

理解した。





ブログランキング・にほんブログ村へ
👉Next:夜のおともにゴンズイパイ
👉Prev:危険な奴だぜ!

👉オススメ:だいぶ、きがくるっとる


[ 2014/11/06 01:00 ] フィッシング 投げ釣り | TB(0) | CM(26)

朝から恐ろしいお話ありがとうございやす

普通に怖いじゃあないですか、、
悪魔というか、、人外の者
クリーチャーとエンカウントですね、コレ
[ 2014/11/06 06:26 ] [ 編集 ]

こぇ〜よ

こういうのはダメだょ

全部読んじゃったよ…

一人で夜釣りしてる俺はこういうのは読んじゃダメだったんだよ…

夜釣り行けなくなるよ…
[ 2014/11/06 12:47 ] [ 編集 ]

こわ・・・・

夜釣りやってる時に思い出しそうで怖い・・・・

一枚目の浮きの写真時点で顔のようなものが見えていた自分は怖がりすぎでしょうかw

サウンドノベルエボリューション第4弾として・・・チュンソフトに売り込みましょう!!

俺の下がったSUN値はゴンズイねーさんが回復させてくれました。
ゴンズイ釣ったことないから一度釣ってみたい気もしますw
[ 2014/11/06 18:15 ] [ 編集 ]

クトゥルフネタならSUN値じゃなくSAN値ですよー
Sanityの略らしいので
いらん突込み失礼しました
[ 2014/11/06 19:55 ] [ 編集 ]

こんにちは。
スーパームーン…奇妙な呼び声…異形の顔……とりあえずジビエさんに彼女がいないことを知り安心しました♪
・・・ではこのゴンズイをどう料理するか楽しみにしてます!ゴンズイ美味しいですよね…
[ 2014/11/06 21:46 ] [ 編集 ]

((((;゚Д゚)))))))

怖っ…

いつも読み逃げしてましたが
思わず初コメしちゃいましたww
((((;゚Д゚)))))))ガクブル

いや、本当リアルに怖い

夜釣りは普段行きませんが最近は
日が落ちるのが早いので暗くなって
きたらこれ思い出してガクブルして
しまいそうです…




[ 2014/11/06 23:24 ] [ 編集 ]

Re: マキさん

弁解させていただきますが全て『フィクション』ですw
今回のネタ、捕らえ方によっては今流行の『危険ドラッグ』中毒者
のように見えちゃいますからね~
一応銃所持者なので、弁明させていただきます。

・・・しかし私、
昔とある事故で一過性のパラノイアになったことがあるんですが、
その時の症状が今回のお話のマンマでした。

人間の脳って不思議ですなぁ~
[ 2014/11/06 23:33 ] [ 編集 ]

Re: しあん さん

今回のお話はフィクションですよwフィクションw

しかし夜の堤防に一人だと
例え深海に引きずり込まれても
誰にも気づかれること無く・・・

まぁ、水の悪魔は大体火が弱点なので、夜釣りをするときは
アギ系の魔法が使える仲魔を連れて行きましょう!
[ 2014/11/06 23:45 ] [ 編集 ]

Re: ドラさん

チュンソフトのノベルシリーズ第4弾は
『金八先生 伝説の教壇に立て』だと思っていましたが、
あれはサウンドノベルとは言わないんですね・・・そうか、残念。

お、ゴンズイさんに魅了されたのですね
次のあなたの行動はこうです。

「あなたが目にしたその女性は、

 突如無数の顔を持つ黒い触手の塊に変貌した。

 神話的生物を目の当たりにしたあなたの精神は崩壊する。」

では、1d100のSAN値チェックをどうぞッ!
[ 2014/11/07 00:06 ] [ 編集 ]

Re: 名無しさん

うおおおッ!御指摘ありがとうございます!!
誤字脱字だらけのブログですので、
突っ込んでいただけましたらうれしいですw

と、言うわけで、そんな神話的クソブログを開いてしまった
名無しさんは、SAN値減少「1d10/1d100」をどうぞ!
[ 2014/11/07 00:12 ] [ 編集 ]

・・・これ、夜釣り行けなくなりますよ。
僕もよく最後の一人になるのですが、
誰もいない夜の海は怖いですよね。
誰もいないと思ってたら魚突きの人が
いきなり上がってきたりするし・・・
[ 2014/11/07 00:14 ] [ 編集 ]

Re: 佐倉の山口さん

あ、今回のネタは『メガテン』やってて思いついた
フィクションなのであしからず~
もちろん、彼女が居ないのも『フィクション』で・・・

・・・あ、それはフィクションじゃなかった。

巷には街コンや電車コンなんてあるぐらいですから、
『釣りコン』ってないですかね~?
それか『狩猟コン』。

次回料理編をお楽しみに~w
[ 2014/11/07 00:20 ] [ 編集 ]

ひかちゃん さん

いつもご覧頂き誠にありがとうございます!

私はビビりなので夜釣りは毎回メチャ怖いです・・・
イヤホンで音楽聴きながらじゃないと夜道は歩けませんw
そういえば、関東は日が落ちるのが早いですよね。
この時期、17時に真っ暗になるのは九州人としてかなり違和感がありますw

これからもよろしくお願いします~
[ 2014/11/07 00:36 ] [ 編集 ]

ねぎ夫 さん

海は怖いです。
昔、海に転落したことがあるのですが、
服と靴の重みで浮かぶことが出来ず死にそうになりました。
学校で『服を着たまま泳ぐ授業』って、あったほうがいいのにな~。

夜の海で無灯火ダイバーがいきなり上がってきたら、僕なら失禁しますw
[ 2014/11/07 00:43 ] [ 編集 ]

猟期始まったぞぉぉぉぉぉぉ

[ 2014/11/07 22:01 ] [ 編集 ]

スーパームーンというタイトルに大潮の晩の釣りの話かと思ったらまさかのガチホラーじゃないですかw
特にオチが恐ろしすぎます! ボクモカノジョホスィ・・・

ゴンズイの料理って今まで聞いたことないので料理編が楽しみです^^
[ 2014/11/08 07:47 ] [ 編集 ]

字のフォントがいつもと違うから、おやっ?て思ったら。。。
海とか山って怪談話がよくありますよね。
友人が琵琶湖で夜釣りしていたら、とんでもなく重い物が掛って、「こりゃ、水死体でも釣り上げちまったか?(汗」
と思ってたら、強い力で轢かれてチビリそうになったそうです。
釣り上げたら琵琶湖オオナマズだったというオチですw
[ 2014/11/08 21:47 ] [ 編集 ]

怖いっ!(>_<)

暗闇に浮かび上がるナゾの目…超怖い!
トラウマになるじゃないですか(>_<)(笑)

私も夜通し釣りをします。
防波堤で一人で←(笑)
その時1番怖いのは、何と言っても生きてる人間ですかね〜
もしもここで通りすがりの知らない人に背中押されでもしたら終わりだなぁ
とか、ふと考えたりします(笑)

ジビエさん。
バーチャルではない、リアル彼女ができると良いですね(≧∇≦)(笑)



[ 2014/11/08 22:13 ] [ 編集 ]

ベネリ さん

そちらでは10月15日猟期開始でしたね!
聞いたお話では、なかなか渋いようですね・・・

こちらも11月15日の猟期に向けて準備万端!
今期は大物猟メインでいきますよ~!

・・・ただ、狩猟編は12月中旬ごろからスタート予定ですw
[ 2014/11/08 23:06 ] [ 編集 ]

Re: グンマー さん

毎年ハロウィンにはこんなネタなのですが、
今回はホラーと言うより『病的』な話になってしまいましたね。
料理編も毎年恒例、あの料理ですw

あ、僕に彼女いないなんて嘘ですよ!
ちゃんといますからw
さ、今日も3DSの電源を入れるとするか・・・
[ 2014/11/08 23:09 ] [ 編集 ]

Re: TAD さん

山も怪談が多いですよね~
海は妖怪に殺されそうになる話が多いですが、
山は迷ったところを人語を話す獣に助けられるような
イイ話が多かったりしますw
今度、ホラー話書くときは山のお話にしようかな?

ビワコオオナマズww
あれは1m越える化け物らしいですね~
僕なら昼間見てもビビりますねw
[ 2014/11/08 23:22 ] [ 編集 ]

黎明 さん

一番怖いのは生きてる人間。
これは正にその通りですね。

昔、テントを担いで自然歩道を歩いて旅したことがあるんですが、
野営で最も怖かったのは『人間』。
真夜中の山中でいきなり変な格好をしたオッサンに声を掛けられた時は
マジで死ぬかと思いましたw
まぁ、その人は山伏(密教)の方で非常にイイ人だったのですが、
コレが暴漢だったらと考えると・・・怖~ッ

ちゃんと僕にも彼女はいますよw
ただ欠点を挙げるとしたら画面から出てこないことですね・・・あれ?

[ 2014/11/08 23:37 ] [ 編集 ]

ガチ?ネタ?
焦りましたがネタだったようで…

夜釣り怖いですよね
僕のよく行くナマズポイントも雰囲気満点でいつもビビりなら釣りしてます

ゴンズイ料理楽しみです
[ 2014/11/09 11:06 ] [ 編集 ]

Re: モンタナ さん

もちろんネタですよwネタ、ネタですよ・・・
タシカニアレハユメナンダ・・・キノセイナンダ・・・

一人たたずむ夜の海は本当に怖いですよね~
余裕そうな顔をして夜釣りをしていますが、
急に後ろから「釣れますか?」なんて声を掛けられたときなんて
驚いて叫んじゃいますw

モンタナさんは夜の海に慣れていらっしゃいますが、
事故には十分に御注意下さい!
[ 2014/11/10 02:30 ] [ 編集 ]

なんでだろう?

めちゃめちゃ怖い話なのに、俺彼女いないじゃんの所でホッとした。
[ 2014/11/12 00:17 ] [ 編集 ]

Re: ハーマン さん

本当にそうでしょうか・・・
「休日は出会いも探さず外こもり、出世欲よりも釣果欲にあふれている三十路前」
ゥおおおおッ!怖えぇッ!(将来が)
[ 2014/11/14 08:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kodokunogibier.blog.fc2.com/tb.php/298-85c3b525