呼吸はできても体が湿っていないとCO2の排出ができない。

仕事が終わり、いそいそ帰宅。
以前活かしているナマズを死なせているため非常に心配です・・・
今回はエアポンプを固定し水量も多めにしているため、たぶん大丈夫だと思うのですが・・
玄関を開け、急いで風呂場に。
ナマズ!元気か!?










ナマズ・・・元気に泳いでる!





が!雷魚がいない!!

走って逃げたか!!!





らいぎょっと


んなわけない。





CIMG0387_convert_20110908210511.jpg
どうやら、跳ねて30cmほどの壁を飛び越えたようです。
いや~・・まさかこの壁を越えるなんて・・・
いくらなんでもパワーがありすぎだ!


散らばっているうろこ。
床と壁には乾いた粘膜がべっとりと。
そして風呂場に転がっている雷魚は、からからに乾いている・・・
見た感じ、飛び出して5時間以上は陸上に上がっていたみたいです・・・・
しっかり蓋閉めとかないとだめだったな・・・・ごめんね・・・・雷魚・・・・















だがね。どっこい生きてる雷魚です!
CIMG0388_convert_20110908212433.jpg
実は雷魚は陸上で呼吸のできる魚です。
それは知っていたとはいえ、
いくらなんでも生命力強すぎでしょ!


しかし、長時間の陸上で致命傷を受けているようです。
泡を吹き、横になり、意識が朦朧といった状態です。
うーん・・・今日はナマズを捌く予定だったのですが、この状態では長くは持たないでしょう。
楽にしてあげましょう。


致命傷を受けて弱っているとはいえ、網で掬うと大暴れします!
クーラーボックスにいれ、氷責めにしてもまだ暴れる!
最終手段!
ハンマーで頭を滅多打ち!気絶したところで一気に頭を落とす!!


CIMG0394_convert_20110908210434.jpg
弱っていてこの体力。
フルパワーの雷魚に勝てる気がしない!
CIMG0397_convert_20110908210637.jpg

なんとか三枚におろすことができました・・・


今回は・・・うーん。
とりあえず半身をムニエルにして、アラで澄まし汁を作ります。



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kodokunogibier.blog.fc2.com/tb.php/30-9b953ccb