もう一つの密漁

  ~11月初旬~
秋の夜長はのんびり夜釣り。

このhrん
今回は『湾奥東部エリア』
日本産業界の大動脈、
京葉工業地帯での釣行です。


img_3484.jpg
ちなみに、沿岸部はほぼ工場なので釣りができるスペースは極僅かです


そんな狭っ苦し~い場所での夜釣り・・・
いや~・・・・正直言って~・・・






img_3694.jpg
最高ォですねッ!!

24時間動き続ける重機の奏でる排気音ッ!
夜間照明に照らされる幾何学的なパイプラインッ!
夜空を焦がすフレアスタックの炎ッ!
工場は
正に『近代社会の彫刻』ですよッ!!


imgp4458085
南房の静かな海での夜釣りも捨てがたいですが、
『工場萌え~』の私にとってこの夜景は
垂涎物の光景なんですッ!

よだれズビッ!!





cimg05っゆゆ46
「うおおおッ!ビックリしたッ!

(工場に見とれている場合じゃなかったッ!)


(なんだコイツッ!
・・・お、重いッ!!
しかし、一気に抜き上げるッ!!







「うん!?お前は・・・」







img_3711.jpg

アナゴじゃないか!久しぶりだねぇ。」


img_3713.jpg
「しかも
無茶苦茶デカイッ!
さすが『江戸前穴子』と言われるだけあって
東京湾には凄いのがいるんだな~・・・」



(あ、・・・そういえば。)



img_3334140
(アナゴと言えばカニカゴだよな。
夜に沈めておくだけで、朝には獲物が手に入るお手軽漁具ッ!)

「こりゃ、
東京湾でも使ってみる価値があるな!」



おい。



「ん?」




itteoここkkuga

「・・・
ああ、また漁業権の話だろ?
ふっふっふっ・・・しかし甘いッ!
そんな事はすでに調査済みなんだよッ!



ここらへんでもバス

「実は、京葉工業地帯には
漁業権が指定されていないんだよ~んッ!
だから、例えイセエビが入ったとしても
密漁にはならないんだよぉ~んッ!!」





・・・いやいや。
漁業権は関係無いぞ。



「・・・はッ!?」





密漁と言うと、よく漁業権の話だと思われているが、
実はもう一つ『漁業調整規則』と言う法律も関係している。



みるちょうrとは




この漁業調整規則には、
水生生物の保護種、漁期、漁法などが定められており、
漁業関係者はもちろん、
遊漁者にも適用される
法律だ。





こくないできょかされrて
 
この規則で遊漁者に認められている漁具・漁法は、
上図の8つに限られる。
カニカゴは漁具として認められていないため、
『漁業調整規則違反』で密漁となる。





img_4141.jpg

「ナアナアナアナアナアナアナアナア!!
カニカゴの類は普通に釣具屋で売ってるんだぜ?
しかも、パッケージに『アナゴが入る』って書いてあるじゃないか?
違法になる漁具を堂々と売って、メーカーや釣具屋は
問題にならないのか??


・・・まぁ、
『販売してはいけない』という法律は無いからな。

許可を得た漁業ならカニカゴは使用できるから、
漁業関係者向けの商品という口実なのだろう。





kodokunojibie.jpg

「う、う~ん・・・どうしよう・・・。
今まで結構、カニカゴを使った記事を書いてきたぞ・・・
警察に踏み込まれ「もうダメポ」になる前に、

自首するべきだろうか・・・。




漁業調整規制違反は刑法上最も軽い財産刑
1000円以上1万円以下の『科料』だ。
被害者がいない以上、
実質自首はできないし
犯罪事実を立証できないので
逮捕状が取られることも無いな。



「え・・・・な、な~んだ、
でも、カニカゴを取り締まる警察官なんて今まで見たことないし、
逮捕されることなんて絶対にないんじゃないか?



いや、現行犯であれば一般人による拘留、
いわゆる『私人逮捕』が可能だ。
漁業調整規則違反の事例は、ほぼ全て

漁業関係者に咎められ逮捕されるケースだ。


「う・・・ううむ。
いくら
犯行意識が無くても、犯罪は犯罪
今後からはカニカゴは使用しないようにするよ。


 でるりん33でるりんああで無題


ちなみに、違法となる漁具・漁法はカニカゴだけではないぞ。
漁具・漁法の認定は都道府県ごとに異なるからな。
千葉県では『トローリング』『船からの投網』、
『ヤス』『貝撒き・マンガ『照明器具』
『藻類以外の徒手採捕』が認可されていない。


 
ええっ!ヤスが禁止って事は、千葉県では
スピアーフィッシングが禁止!?

それに、藻類以外の採取ができないって、
実質『磯遊び禁止』ってことじゃないか!
いくらなんでも厳しすぎるッ!!


まぁ、この規制の意図は、イセエビ、アワビ、サザエなどの
漁業権の対象になっている生物を
遊漁者に採取させない
事が目的なんだろうが・・・



ただ、漁業調整法違反で一番問題になっているのは、
罪の意識の無い遊漁者と、
密漁者と決め付ける漁業関係者との間で口論になり、
暴行や恐喝事件
に発展するケースが多いという事だ。


「あ~・・・そう言えば
昔、スピアーフィッシングをしている人が
漁師のオッサンにいきなり殴られたり、
賠償金を要求されたりした話を聞いたことがあるな・・・。」


遊漁者は、
漁業関係者に咎められた場合は素直に従うこと。
ただし、示談や恐喝には決して応じない事が重要だぞ。



「折角レジャーで楽しんでいるのに、
嫌な思いをするのは御免だからね~。
『遊漁者にもルールがある』事を
しっかりと理解しておかなければならないわけだな。」



<アナゴ料理編につづく!>




ブログランキング・にほんブログ村へ



~参考文献~
都道府県ごとの漁業調整規則(漁具・漁法)は
こちらのサイトにまとめられています。
水産庁HP
http://www.jfa.maff.go.jp/j/yugyo/y_kisei/kisoku/todo_huken/



スポンサーサイト
[ 2014/12/15 00:00 ] フィッシング カゴ罠 | TB(0) | CM(13)

おはようございます

当方は朝から一年の殺生供養として、獲物の血を拭いつづけたバンダナを燃し、酒と塩を上げに御山へ行ってきます。
…しかし、漁業権が設定されてなくても漁業関係者に拘束される場合があるとは…
幼い頃からウニを拾い食いしていた地元の小さな浜に「入浜料5000円」とかいうワケのわからないシステムが出来たのもそれに近いんでしょうかね…(漁師は管理、放漁等一切してないのに!)
まあなんにせよレジャーでのトラブル位ヘコむものもないので「危うきに近づかず」が一番ですね。
勉強になりました!
[ 2014/12/15 03:20 ] [ 編集 ]

連投失礼。

御山に挨拶するついでに元締め(駆除班長)に挨拶すると討伐依頼発生。
林の中、鹿二匹(40、50kg♂)を一人「アポカリプト」(笑)
久々の鹿肉は嬉しいけど、供養しに行って殺生…因果也。
[ 2014/12/15 15:49 ] [ 編集 ]

こんにちは。
カニ籠とかお魚キラー系って実はダメなんですよねー。自分も何回か使っちゃったり…だって釣具屋で…


[ 2014/12/15 18:01 ] [ 編集 ]

こんばんは。
そういや東京湾にはモンスター・クロアナゴがいましたね。一時期話題になってましたが最近はどうなんでしょう。クロアナゴの成魚だとカニ網には入りませんから、漁業権・漁業調整規則も問題無しですなぁ。
[ 2014/12/15 18:55 ] [ 編集 ]

狩猟だと、とりもちが使用禁止みたいな感じですか
<かにかごの禁止

まぁ、TV番組でも画面の隅に小さく「関係機関の許可をとっています」って
テロップが出てますもんね・・・
[ 2014/12/15 21:21 ] [ 編集 ]

Re: 槍のナガサKI さん

狩猟をする土地やグループにはそれぞれ独特の供養法があるんですね~
以前の猟グループはサカキの枝と酒で供養していましたが、
槍のナガサKI さんのグループは山にまで入られて供養するとは・・・
是非、色々詳しく教えてください!

鹿2匹、お見事です!
アポカリプトと言うよりか天狗ですね~w

入漁料・・・う~ん、一応漁業権を販売する意図では筋が通っているのですが・・・
5000円が果たして適正かは何とも言えませんね。
[ 2014/12/16 06:29 ] [ 編集 ]

Re: 佐倉の山口さん

『理屈バカ』とも思えますが、公式見解でダメと言われている以上、仕方がないですね。
http://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/88/1170383624374.html

一応、過去の記事は消さずに、注釈をつける予定ですが・・・
だって釣り具屋が!釣り具屋が!!
[ 2014/12/16 06:36 ] [ 編集 ]

Re: 海流美丸 さん

東京湾のアナコンダ・クロアナゴですねw
遊漁船が出ているそうなのですが、岡っぱりからは釣れないのでしょうかね?
・・・というか、あのサイズは専用のタックルじゃないと絶対あげられませんがw
いつの日か捕獲したい相手です!
[ 2014/12/16 06:44 ] [ 編集 ]

Re: EYW さん

狩猟でいう違法猟具と同じですね。

違法漁具の使用は法律的なこと云々はもちろんですが、なによりも
『レジャーで楽しんでいるところに、冷や水をぶっ掛けられる可能性がある』
点で使用してはいけません。
楽しい気分を台無しにされるほど嫌なことはありませんからね~・・・
[ 2014/12/16 06:52 ] [ 編集 ]

勉強になります

使うのにそういう意味で注意しなければならない
ものが釣具屋で普通に売られているとは知りませんでした.
何も考えずに使って捕まってはつまらないですが,
勉強が必要なんですねぇ.

出来たら釣具屋さんにはそういう情報提供も
して欲しいものです.
[ 2014/12/16 15:23 ] [ 編集 ]

聖域の「沢」

当方は解体を山中のとある沢で行っています。(無理な場合はその場で解体)
その沢には獣の気配が濃厚なのですが、そこの獣達は解体した後の「御山に還られる」亡骸を迎えに来る御山の使いとして考え、罠は仕掛けないようにしています。
解体後も酒、塩を供え柏手を打ち感謝を捧げますが特に「神道」という訳でもなく、どちらかというと「自然信仰」という感じでしょうか。(北杜夫氏や水木しげる氏が言うような)
正しいかどうか解りませんがこれが当方の御山への礼儀としています。おかげで今年も事故無く、豊猟で終われそうです。
ジビエさんの一年の締めはいかがなものになるのでしょうか?また記事を楽しみにしています!
[ 2014/12/16 19:10 ] [ 編集 ]

Re: ともぞう さん

確かに、ちゃんとした説明や注釈があればいいのですが非常に難しいと思います。
パチンコ屋に併設されている小さな窓口は『古物商』ですし、
ドンキホーテなどの一角で売られているピンクのウニウニ動くやつは『ジョークグッツ』です。
カニカゴも『業者用』としてこれからも店頭に並ぶ事でしょう。

カニカゴ類の使用は違反なので使用してはいけません。
しかし、もし皆さんが『うっかり』使用する事があり、その事を漁業関係者に咎められた場合は、
非を認めて口論は決してしない事、
金銭を要求されても決して答えない事
を是非、思い出してください!
[ 2014/12/17 07:40 ] [ 編集 ]

Re: 槍のナガサKI さん

その山の獲物をその山の神に感謝する純粋なアミニズム文化は、
現在では狩猟の世界にしか見られない非常に貴重なものだと思います。
諏訪信仰とかは残っていますが、だいたいタケミナカタ様にのっとられていますからね~・・・

ちなみに私は現在長期出張中であります。
釣り編を1ヶ月引き伸ばしている分、ネタは十分に揃っていますので、
1月からの狩猟編もお楽しみに~w
[ 2014/12/17 08:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kodokunogibier.blog.fc2.com/tb.php/308-e0978f3a