足跡の時間推定は猟師の『勘』で?



~見切り中~


imgp8676.jpg





ところでジビエ君、
足跡を読むのは慣れてきたでやんすか?





「そうだね~。
まぁ、シカとイノシシの足跡はわかるようになってきたよ。」






chokichokidesssuwa  


「爪先の形でもわかるけど、
一番のチェックポイントは『蹴爪』の向いてる方向だね。

あと最近は、足跡がいつ付いたか
『時間推定』も出来るようになって来たよ!」



 

ほほぉ~、レベルアップしてきたでやんすね!
・・・じゃあ
このシカの足跡
『新しい』
『古い』かわかるでやんすか?



img_4449.jpg

「む。この足跡は・・・・

・・・新しい
!!




・・・・・どうしてそう思ったでやんすか?





「ふふふ・・・それはね。






・・・・猟師の『勘』ってヤツかな!」





おげぇぇl

















「な、何をするだァーーーッ!」




ちゃんとした理由を答えるでやんす!
『勘』なんて答えは何もわかってないのと同じでやんすよ!!




猟師の苅田
 

「ま、まぁ確かに、結果論で何とでも言い逃れができちゃうよね・・・。
でも野生動物の話なんだし、ちゃんとした理由なんて
付けられないような気がするけどなぁ~。」




野生動物の事だから、論理的な説明が出来ないなんて
間違った認識でやんす!

日本ではあまり知られていない分野でやんすが、
野生動物の分布、生態、食性や行動範囲などを研究する
『野生動物管理学』という学問があるでやんす!





reddeedede.jpg



その中でも追跡法(ストーキング)の研究は
非常に重要なテーマとして、特に欧米では活発に
研究されているでやんす。





「へ~、じゃあ、僕らハンターもその野生動物管理学の追跡法を
勉強すれば役に立ちそうだね!」





・・・いやそれが、日本における野生動物の追跡法は
ほとんど研究が進んでいない
のでやんす。





「えっ?どうして?!」




昔の猟師は、野生動物に関する技術は
一子相伝!門外不出!と考える人が多かったでやんす。
結果、早くから狩猟の専門家(ゲームキーパー)を整備して
知識を蓄積していった欧米に対し、日本では知識の集約が進まず、
動物保護管理体制が大きく出遅れたのでやんす。




だ・か・ら・こ・そッ!
新しい世代のハンターは、理論的に学び、研究し、
発表できる能力が必要なのでやんすッ!!



「わ、わかったよ!ごめんごめん!

でも、足跡から時間を推定するってどうすればいいのかな・・・?」




img_4449.jpg


足跡を見るといっても、
足跡の形ばかりを気にしていたらダメでやんす。
例えば今この地面をシカが踏みつけたとしたら
足元にある小枝はどうなるでやんすか?


「そりゃ小枝を踏みつけたら折れる





・・・あ。」



img_4412345649.jpg



ピンときたでやんすか?
この足跡に重なっている小枝が折れていないという事は、
小枝が落ちる前には、既に足跡が付いていたという事でやんす。
また足跡の
周辺に散らばっている
モミの枯れ葉が踏みつぶされていない

という事は、足跡が付いたのは少なくとも晩秋より前、
『1ヶ月以上前の古い足跡』だと推測できるでやんす!



「なるほど・・・

踏み付けられた物で、大体の時間がわかるんだね。」





img_4523.jpg


じゃあ次、
この足跡はどうでやんすか?





「ええ~っと・・・・。」






img_45dffdf23



ほらほら!
注目するのはココでやんすよ!



「この踏みつけられている葉っぱ・・・まだ青くて、みずみずしいね。

・・・ん?踏み潰されている葉っぱが、まだみずみずしいって事は、
潰されてからまだほとんど時間が経ってないって事だよね?」



そのとおりでやんす!
足跡から時間推定する大体のプロセスはそんな感じでやんす!
踏み潰された草の状態、足跡の上に積もった枯れ葉の多さなど
でも推定の材料になるでやんす!!





ぴょんぴょんぴ1ょん



ちなみに、足跡の形状からも時間推定は可能でやんす!
①踏まれている物
②足跡の劣化具合

この2つに着目して
続いている足跡を確認して行き、
総合的に推理するでやんすよ!




「・・・・あ、でもさ。
雨が降ったり風が強かったりしたら
踏まれている物や足跡の形って変わっていくよね?

その場合ってちゃんと時間推定できるの?」





声を掛けましょう



確かに気象で足跡の状態は大きく変化するでやんす。
だからこそ見切りの前には、地元の人から最近の天気や
天候の情報を集める事が重要
なんでやんす!







imgp8387.jpg

「ふむふむ・・・
理解して足跡を読んでいくと楽しいね!」



理屈がわかれば後は読むスピードでやんす!
出来るだけ沢山の足跡を読んで、
最新の『通し』を見つけ出すでやんす!!







~~~~~~~~~~~~~~~~~~





imgp8664.jpg



(う~・・・・寒ッ・・・。
ってか、今日は全く獲物が出ないなぁ~・・・
勢子は大変だけど、シガキは獲物が出ないと暇で辛いよなぁ~。)




ザザザ・・・
1番!勢子、聞こえるか?







「ン?随分と慌ててるな・・・。」







・・・ジー・・・
はい勢子です。
どうしました?






「・・・・。」




猟は中止しよう!
クロが怪我している!
イノシシに反撃されたみたいだ!




(!?)


<つづく>



ブログランキング・にほんブログ村へ
足跡を読むのは推理ゲームっぽくて楽しいですね。
ワンクリックいただけますとうれしいです!




スポンサーサイト
[ 2015/06/01 02:20 ] ハンティング 巻き狩り(大物猟) | TB(-) | CM(4)

追跡術=「トラッキング」かと思ってました。

日常我々が知らずに使っている「勘」という言葉。
表層意識ではなく潜在意識上にて長年培ってきた経験・知識で意識せずに判断している事も含めて「勘」という言葉が用いられる為、ベテランの方が使われる「勘」は概ね正しい事もありますよね(^-^)
日本の場合は欧米と違い熟練者の「勘」と言う言葉で片付けられてしまい、細かい検証がされず口伝のみでの狩猟が続けられてきた為、未発展の状態を続けてきたという事なんでしょうか…

それはそうとクロ!
大丈夫なんでしょうか!?若干あざとい「引き」を少しズルいなとか思いつつ、(笑)次回記事を待ってます!
[ 2015/06/01 10:17 ] [ 編集 ]

Re: 槍のナガサKI さん

もちろん知識や技術と言うのは全て言葉で表現できるものではありません。
『職人技』というやつですね。
しかしそのような匠の技の中には、継承されずロストテクノロジー化して
行ったものがごまんとあります。
工芸品レベルならまだしも、狩猟・野生動物に関する知識や技術は、
日本の未来になくてはならないものです。
やはり、知識を集積・研究し、水平展開できるような『アカデミー』が必要
になってくると思います。

次回、猟犬編後編、
はたしてクロの運命はッ!?
・・・悲しい話ではありませんのでご安心下さい。
[ 2015/06/02 15:46 ] [ 編集 ]

奥が深い

こんにちは。
空気銃を持って山に入ると、たまに野生動物の糞を見つけます(シカ以外の)。
もし猪や熊だと「エースハンター」では太刀打ちできないので、フンを見た瞬間ビビりながら急いでその場を離れてました。
足跡を見ることで、新旧がわかるんですねぇ。参考になります。今度はよく観察してみよう。
ていうかまずは、フンを見ただけで何の動物か分かるようにならないとダメですね^^;
勉強します。
[ 2015/06/04 19:17 ] [ 編集 ]

Re: ぴよ さん

フンの観察は最も時間測定の簡単な方法ですね~
見て・潰して・臭って、色々な情報を得る事ができますw

エースハンターでは、大物が出現したとき恐ろしいですね~。
ここはウルヴァリンを所持・・・いえ、なんでもありません。
[ 2015/06/05 21:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する