お詫び


平素ブログをご覧頂誠にありがとうございます。
孤独のジビエです。


前回の記事におけるトラップ公式セットの解説に
大間違いがありましたので修正いたします。

公式ルfール

トラップ競技は1射台に3機の射出機
が設置されており、
それぞれの射出機は図に示す角度と高度内に収まるように設定されています。
つまり公式セットでは5射台×3機 =15の飛翔パターンがセットされます。

良く調べずに適当な記載をしてしまい大変申し訳ありませんでした。



まちがっとりました
👉Next:射撃場でジビエBBQはじめよう!
👉Prev:あつまれ!Twitterシューターズ!
👉オススメ:
ガン娘たちもたくさん登場しています。



[ 2015/07/14 21:48 ] ハンティング クレー射撃 | TB(-) | CM(2)

右が全くあたらない・・・

トラップは射出方向がランダムに見えても、各方向に出る個数は決まっているんでしたっけ?
現在はジャパンルールで練習中ですが、右方向のクレーが全くあたりません。
(´;ω;`)
右方向だけを練習することができればいいんですけどね(>_<)
[ 2015/07/14 22:51 ] [ 編集 ]

Re: 鯨の唐揚げ さん

トラップの射出数は右、左が10枚ずつ、中央が5枚となっています。

右方向、僕も苦手なんですよね~・・・
左に飛ぶクレーには落ち着いて反応できるのですが、
なぜか右から出ると焦ってしまいます・・・。


ただ、右ばかりを練習してても中央が当たらなくなったりと
なかなか難しいスポーツですよねw

[ 2015/07/14 23:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する