ミスター鯵っ子 『アジフライ』

<釣り編はこちら>

RIMG0378.jpg

マアジ
6年前、何の気なしに始めた釣りで、初めて釣ったのがこの魚。
不慣れな包丁で作った刺身は骨が残り、身はグチャグチャで
とても「美味しい」とは言えない出来栄えでしたが、生まれて初めて
自分の手で動物を殺して『食』を得た
ことの感動は、
今でも忘れずに覚えています。




RIMG0380.jpg

そもそも、このブログを立ち上げたのも、
獲物との数奇な出会いと食の楽しみ
を多くの方に知っていただきたいと思ったため。

タイトルである『孤独のジビエ』も、
偶然立ち寄るお店で出会う食の感動を淡々と物語る
かの名作漫画『孤独のグルメ』にあやかって付けたものでした。



ここ最近xxxxは
それが、ンマァーどうしたことでしょうか?
今のこのブログは騒々しい挿絵に、大げさな食味レビュー。
これではとても
『孤独のグルメ』のオマージュとは言えません!





DSC_2311.jpg

と、言うわけで。
今回は初心に帰るべく、ご紹介する料理はごく普通の『アジフライ』
あらかじめ言っておきますが、今回は派手な描写や展開は一切ありません。







DSC_2263.jpg

子アジはまず『ゼンゴ』を取り除きましょう。
豆アジ(10cm程度)の場合はそれほど気になりませんが、
子アジ(20cm程度)になるとフライでも口の中に違和感があります。



DSC_2249.jpg

頭を落としたら背側から包丁を入れて、尾の付け根のギリギリまで刃を入れます。




DSC_2254.jpg
次に、背骨の下に包丁を入れて尻尾ギリギリまで刃をすべらせて
背骨をすき取りましょう。



DSC_2259.jpg
最後に、腹骨をVの字型に切り離して『松葉おろし』の完成です。





DSC_2269.jpg

自惚れるわけではありませんが、5年も魚をさばいていると
料理の腕はかなり上達します。
そんな私から、初心者のころの自分にひとつアドバイスをするとしたら
「料理をする前に必ず包丁を研げ」ですね。
もちろん、荒研ぎから始める必要はありません。
仕上げ砥やシャープナーでも構わないので、包丁は必ず研いであげましょう。
これだけで料理は格段にしやすくなります。



DSC_2293.jpg

さて、松葉におろしたアジの身は小麦粉→卵→衣と付けて揚げましょう。



DSC_2297.jpg

揚げ料理の基本は、始めは低温(160℃前後)からゆっくり揚げ始め、
引き上げる前に高温にして油切れを良くすることです。
初心者のころは油の温度を上げすぎて、中は生焼け外は真っ黒にしがち。
まぁ、それもまた経験ですね。




というわけで、『アジフライ』の完成です!
DSC_2315.jpg
ほー、いいじゃないか。
こういうのでいいんだよ。
こういうので。

じゃ、いただきます~・・・・・。







味王時
「なッ!なんだこのアジフライはぁッ!!
衣はサクッ!中はフワッ!
アジの旨みが閉じ込められているッ!
それだけではないッ!
この香ばしさはなんだッ!?

このフライに、

一体、どんな秘密が隠されているんだッ!?」







その材料は


DSC_2270.jpg

こ、これは、アーモンドッ!?」




http://blog-imgs-98.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/2016112721533186e.jpgそう!
衣にアーモンドを混ぜておいたのさ!




DSC_2280.jpg

http://blog-imgs-98.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/2016112721533186e.jpgアーモンドはフードプロセッサーで砕いてパン粉と混ぜる!
すると、アーモンドの香ばしさを持った衣に仕上がるんだ!




「ムムムッ・・・
しかしこのサクサクとした衣の食感は
アーモンドだけが秘密ではないなッ!?
他にどんな工夫をしているのだ!?」




DSC_2286.jpg

http://blog-imgs-98.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/2016112721533186e.jpgそれは、パン粉に『酒』を混ぜてるのさ!
パン粉に料理酒を振りかけておくと、
揚げた際に水分が飛びやすくなり、
油が低温でもサクサクの衣に仕上がるってわけさ!



「たかがアジフライ、されどアジフライ。
自分で仕留めた獲物だからこそ、
最大級の『こだわり』を持って料理に打ち込む。

そう、これこそがジビエ道の・・・


tuu.jpg





三つ子の魂百まで
ワンクリックいただけますと幸いです!

※[注意] 当ブログに登場するキャラクターは実在の人物とは一切関係はありません。

スポンサーサイト
[ 2016/11/28 00:00 ] 釣魚料理メニュー マアジ | TB(-) | CM(4)

美味しそう…

結局、最後は我慢できず、「騒々しい挿絵に、大げさな食味レビュー」になるわけですな ( ^ω^ )
[ 2016/12/02 23:10 ] [ 編集 ]

Re: ぷかぷか さん

いえいえ!
来週からは、趣深い狩猟の世界を淡々とした口調でつづる
狩猟編ですよw
[ 2016/12/04 20:46 ] [ 編集 ]

包丁を研いですぐに魚をおろすと、身に鉄臭さが移っちゃいますヨ!
前日に研いでおくのが一番おいしく魚を食べられますヨ!
[ 2016/12/05 20:19 ] [ 編集 ]

Re: ななしさん

ありがとうございます
美味しんぼで海原雄山も言ってましたねw
[ 2016/12/07 20:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する