失敗魚料理のエレジー

4567894126.jpg 











hasinaganisi456.jpg 
20150914_141742037_iOS.jpg 
深海漁業が盛んな東洋町。
そこに住んでいると、何かと怪しいおすそ分けがある。
その中でも特異だったのが、この『ソフトクリーム貝』


もともとはウチワエビやアンコウを捕獲する底引き網に
混獲される雑魚なので、正式な調理法なんてものはない。



20150914_145313184_iOS.jpg 
そこで、ひとまず塩茹でに。
余談ではあるが、サザエなどの巻貝を茹でる時は塩水からゆるやかに
温度を上げていき、
一気に過熱するのがセオリーだ。
じわじわと過熱すると「海水温が上昇した」と勘違いして身が飛び
出してくる。
そのタイミングで急激に熱して茹で殺すことで、身を取り出しやすく
なるのである。



20150914_145632323_iOS.jpg 
ソフトクリーム貝はカニのような旨味があって美味い。
色もカニかまぼこみたいなので、酢味噌でヌタにして食べても
抜群であった。


・・・しかし、

食後2時間で猛烈な吐き気が。


20150914_152003662_iOS.jpg 
後で調べたところ、この貝の正式名は『ハシナガニシ』。
実は内臓に毒があるらしく、食べる時は
毒抜きのために
何度か茹でこぼさないといけないのだとか。


貝はコワイ。
よくわからない貝を食べる時は、必ず下調べをしよう。









mejikacno.jpg 

 DSC_2240.jpg 
魚介類の宝庫である高知県。
市場に行くと、多彩な魚が
アホみたいな安値で売られている。
中でも初夏から秋にかけてよく見るのがメジカ』
お値段なんと、まるまる1匹で100円。
正式名称はソウダガツオ。
この魚は、とにかく足が速いことで有名で、通常はソウダ節(鰹節)
に加工される。
よって一般に鮮魚で流通することはなく、鮮魚を見られるのは
太平洋沿岸の港町ぐらいだ。


20160526_072912346_iOS.jpg 
抜群の安さなので、生節(茹でカツオ)などで常食していたが、
ある時、知り合いから

「メジカの刺身はうんまいぞぉ!でも、
絶対腹壊すから食べたらだめだぞぉ!」
という面白い情報を入手。


というわけで、
刺身にして食べてみた。


20160526_114905155_iOS.jpg 
結論として最高である。
身はなめらかでカツオの旨味が凝縮されている。
およそ都心で食べるカツオのたたきが
しぼりカス
思えてしまうほどの美味さだ。
「こんなに美味い刺身が100円で食えるなんて、
高知ってのはなんて恵まれた土地なんだッ!」
と、思った。心の底から。

しかしその後、案の定
2日間ひどい下痢に悩まされた。
「ダメだ」と言われるものは、やっぱりダメ。
人の忠告はちゃんと聞くべきである。

ちなみに、高知県で8月から9月ごろに獲れるメジカの新子は
当たらずに美味しく食べられるらしい。
是非、一度は賞味したいものである。





utubonokaabaya.jpg 
20160402_085754161_iOS.jpg 
磯で穴釣りをしているとウツボが釣れた。
一般的にはリリースされる魚だが、高知県ではよく食べられるのだそうだ。
そこで満を持して料理してみることに。
とりあえずウナギのように目打ちにしてみた





・・・が、



20160402_091618723_iOS.jpg 
この魚、生命力が強すぎて一行に作業が進まない。
陸に上げて数時間はたつのに、まだ歯をガツガツ
言わせて威嚇し体を捩じらせる。



20160402_100117966_iOS.jpg 
にっちもさっちもいかないので
冷凍庫に1時間ほど突っ込んで凍死させる。
これでようやく調理ができるッ!


・・・と思ったが、甘かった。

20160402_101906022_iOS.jpg 
この魚、
とんでもなく皮が強力だ。
良く研いだ包丁で、全力で突きあげても破れない。
結局、1匹のウツボをかば焼きにできたのは3時間後。
もはや捌くというよりか戦闘である。



20160402_100653033_iOS.jpg
どうにこうにか捌いて、かば焼きに。
結論から言うと、
ウツボは魚の中で一番美味い。

特に皮が美味い。
あれほど固くて生臭かった皮は、
焼くと香ばしさが出て
脂が染み出し、
ネッとりとした濃い旨味が溢れだす。
言葉にするのは難しいが、
この世の『旨味』を具現化した
ような存在だ。


ただ、いかんせん捌くのが難しい。
その上ウツボの骨はタイのように硬い。
しかもウナギやアナゴのように多数の小骨が存在する。
まだまだ研究の余地が多いため、ネタとしてはお蔵入りに。



聞いた話によると、高知のどこかにはウツボの骨を
上手に捌く名人が
いるらしい。
いつかはウツボ捌きをマスターして、記事にしたいものだ。


[ 2017/06/26 00:00 ] 釣魚料理メニュー | TB(-) | CM(8)

こんばんは~。
久びさのジビエさんの魚介類話はおもろいです。本もジビエさんの味が出てたらなぁ~。一冊目は御祝儀で購入させて頂き、狩猟生活でもジビエさんの名前があったけど、味が全然出てないしエアライフル本は見送ってます。ジビエさんの味が充分に出ている本なら買いますから、次はよろしくです。
[ 2017/06/26 22:43 ] [ 編集 ]

これ。
・・・手抜きでしょ(笑)
でも「旨いけど腹壊す」なんて情報、確信犯ですよね。
貝は死んじゃう奴あるから気をつけて下さいねー。
食べると死んじゃいそうになる魚介の本は出さないんですか?
[ 2017/06/27 01:22 ] [ 編集 ]

女「いざと言う時に助けてくれる男性が良いッ!」 いざとなったら筋肉よりも鉄砲の方が君を守るって!

いざとなったら鉄砲を狩猟以外の用途に向けると言う事ですか……

闇肉の時は散々法律を盾にマウントしておいてよくこんな発想がでて来るな

自分が気持ちいい方向にだけ法律を利用するんだから質が悪い
バカの壁を実践するなよ…


[ 2017/06/28 18:14 ] [ 編集 ]

Re: 海流美丸 さん

お世話になっておりますw
まだ執筆の世界ではゴミカス三下扱いなので、それなりに売れる目算がある
本じゃないと書かせてもらえないんですよw

将来、文豪になれましたら、孤独のジビエ色をMAX出した
本を書きたいものです
[ 2017/06/28 22:22 ] [ 編集 ]

Re: ねぎ夫 さん

手抜き・・・風です。

キノコの世界でも「毒があるけどうまい」って多いんですよ。
マジ罠です。
ねぎ夫さんも、メジカの刺身はおなかを壊すので、絶対に
生で食べてはいけませんよ?
いいですね?絶対いけませんよ?

食べると死んじゃう魚の本って、遺作になりますよw
[ 2017/06/28 22:24 ] [ 編集 ]

Re: 名無しのアンチ君

v(^^)vいえーいw
いつもツイッターをみてくれてありがとう!
[ 2017/06/28 22:28 ] [ 編集 ]

ソウダはあたると、きついですよねw
僕も一度ヒラソウダとマルソウダ判別間違えてあたったことがありますw
美味しかったですけど「なんとかなるだろ」で食べたらだめですねw
[ 2017/07/05 22:17 ] [ 編集 ]

Re: すまいそん さん

とにかく下痢がひどかった・・・!
メジカの刺身は究極に美味いッ!
でも辛いッ!
でも食べたいッ!!
ああっ~!!
[ 2017/07/06 06:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する