教えてスピアーフィッシング ~装備編~

<スピア編はこちら>


RIMG0763.jpg


http://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru4.jpgさて、今回はスピアフィッシングにおける装備の説明だ。
装備は人によっても変わってくるが、
おおむね次のような道具があればいい。
参考にしてくれ。

びーまいべいべいー



●マスク


IMG_5923.jpg



http://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru4.jpgまずは水中で視界を確保するためのマスクだ。
マスクは水泳で使うゴーグルとは異なり鼻を塞ぐようにできており、
水中で上向きになったり頭を真下に向けて潜ることができる。



マスクって安い物なら1500円、高いものだと5000円
ぐらいするよな。
値段によって良し悪しがあるのか?
http://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/201708220138033f2.jpg


https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru39.jpg高い物は肌に当たる部分がシリコンでできており
密着性が良くなるが、大きな違いがあるわけではない。
ただ、安い物を買う時は必ず店頭で顔に合わせてみて、
隙間が無いことを確認するように。




私、目が悪いんですが、
コンタクトでもいいですよね?
https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/201708220138048f0.jpg


https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru39.jpg度入りのマスクも売られているが値段は高い。
しょっちゅう潜るわけではないのなら、
ワンデーのコンタクトを使用するのがオススメだ。





DSC_5811.jpg


http://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru4.jpg海中ではマスクは曇るので曇り止めを塗っておこう。
曇り止めは米粒ぐらいをマスクに垂らしてレンズに塗りこみ、
軽く水でゆすげばOKだ。






●シュノーケル
IMG_5924.jpg
http://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru4.jpg水中で呼吸を確保するために必要な道具がシュノーケルだ。
単純なシュノーケルはマウスピースの付いたJ字型の筒なのだが、
最近の物は入った水を噴き出す
排水弁が付いている。


 
ぶきうぶくぶくb

https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru39.jpg排水口の付いたシュノーケルは、強く息を吹くことで
溜まった水を吐き出すことができる。
便利な仕組みなのだが、弁に異物が挟まると
水が入ってくるトラブルが起こるので、
ベテランダイバーの中にはシンプルなタイプを好む人も多い。





(そういえばずいぶん昔にそんなトラブルがあったな・・・。)




●ウエットスーツ

DSC_5894222.jpg

http://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru4.jpgウエットスーツ保温の目的だけでなく、
岩場や有害生物から体を守るためや
いざというとき浮輪の代わりになるなど利点が多い。
ウエットスーツの素材は目的に応じて色々と種類がある。


 
あゆちょん



http://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru4.jpgウエットスーツの素材は大きくジャージスキンに分けられる。
それぞれ長所と短所があるが、スピア―フィッシングにおいて
オススメなのは擦り傷に強いジャージタイプだ。

もしオーダーメイド品を作るのであれば
『表面ジャージ、裏面スキン』が良いだろう。




IMG_5930VVV.jpg

「僕のオーダーメイドしたウエットスーツは
表はジャージで、裏はリペルサーモですね。」




https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru39.jpgリペルサーモはスキンにチタンをコーティングして
着脱しやすいように改良した生地だ。
ウエットスーツを着たり脱いだりする人は
少々高くなるがこの生地にするのもいいだろう。
ただし、経年劣化によってコーディングは剥がれていくからな。




ウエットスーツってオーダーメイドだと
いくらぐらいするの?
https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/2017082201380607a.jpg


http://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru4.jpg生地の厚さやタイプによって様々だが、
スピア―フィッシング向けのベーシックなタイプで
表ジャージ・裏スキン5mm厚、ジャケット型で
5,6万円ってとこだな。

既製品なら2,3万円、安物だと1万円で買える。


安物は1年でボロボロになるからやめといた方がいいぜ。
沖縄はウエットスーツの需要が高いから、相場の1万円ぐらい安いぞ。
http://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/201708220138033f2.jpg



あの~・・・
https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/201708220138048f0.jpg


DSC_5872c

https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru39.jpgラッシュガードだな。
今日は水温も高いから、その恰好でも大丈夫だ。
ただ、ウエットスーツよりも防御力は弱いから
岩場には近寄らんようにな。


 

●フィン

DSC_5895.jpg

https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru39.jpgスピア―フィッシングにおいては早く泳ぎまわることは
ほとんどないが、潮流に逆らって泳がないといけないシーンも
多いので、必ずフィンを付けておこう。




フィンのタイプ

http://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru4.jpgフィンには、ブレードの長いロングと短いショートの2タイプがある。
また、足を入れる部分が靴状になっている物とストラップになっている
2タイプある。



ロングフィンの方が早く泳げそうで良さそうだね。
https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/2017082201380607a.jpg


https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru39.jpg確かにロングフィンの方が泳ぐのは楽だが、
10m程度しか潜らないのであれば
陸上での取り回しも楽なショートの方がオススメだ。
なによりロングフィンはブレードが割れやすく
値段も2,3万するからな・・・ショートタイプの倍以上だ。





DSC_5753.jpg

http://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru4.jpgそうそう、フィンを買う時は
手持ちのマリンブーツがちゃんと入る物を選ぼう。
海底は危険な生物も多いから、素足でフィンを履いたりしないように!





●ウエイトベルト


IMG_5920.jpg

http://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru4.jpgウエットスーツを着ている場合は、
ウエットスーツの浮力を打ち消すために
鉛などの金属でできたウエイトを巻かなければならない。




ウエイトってどのくらいの重さを巻くんですか?
https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/201708220138048f0.jpg


浮力調整


https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru39.jpgウエットスーツと体格によって変わってくるが、
『体重の10分の1+1㎏』が目安だ。
ウエットスーツは新品なほど浮力は高くなっている。


スキューバーと同じで、とりあえずゼロ浮力になるように
ウエイトを調整すればいいんだな?
http://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/201708220138033f2.jpg


http://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru4.jpgいや、スピア―フィッシングの場合は、
少しオーバーウエイトにした方が良い。
これについてはまた後で説明しよう。



cvIMG_5934

https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru39.jpgそうそう、ウエイトを巻くベルトには
小物を入れるポケットを付けておいてくれ。
マスクの曇り止めや、替えの銛先、ペットボトルや
ウエイトを微調整する小石を入れたりできる。




●スカリ・エラ通し
DSC_5885xxxx


http://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru4.jpgウエイトベルトには魚を係留するための道具を取り付けておく。
一般的な物ではストリンガーだが、『エラ通し』と呼ばれる
簡単な物でも十分だ。



エラ通し
https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru39.jpgエラ通しは、ホームセンターに売っているステンレスの棒と、
ステンレスのワイヤー、スリーブがあれば自作できる。


ストリンガーをフローターに係留する方法はどうですか?
https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/201708220138048f0.jpg


DSC_5919.jpg

http://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru4.jpgフローターは海上で休憩もできるから使う人も多い・・・が、
スピア―フィッシングはなるべく身軽な方が良い。
それにフローターをけん引するロープが体に巻き付くと危険だ。
オススメはしないが初心者のころは保険用に持っておいても良いだろう。




●ダイバーウォッチ

IMG_5927.jpg


http://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru4.jpg最後に、スピア―フィッシングにおいて最重要の装備が、
このダイバーズウォッチだ。



「時計?・・・これってただのアクセサリーじゃないんですか?」


https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru39.jpgいいや、必須アイテムだ。
水中では仲間と行動していても見失うケースが非常に多い。
そのためエントリー(入水)の前には必ずブリーフィングを行い、
「何時に○○にエキジット(出水)する」と決めておく。



DSC_5682.jpg


http://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru4.jpgそして、もしこの時間を過ぎてもエキジットしてこない場合は
仲間が捜索に向かわなけらばならない。
よって、身の安全を守るためにも、
また周囲に迷惑をかけないためにも
水中で正確に時間を測るダイバーズウォッチは必要なのだ。




(実技編に続く!)




待ってました!

こんな記事を待ってました!
本屋で探しても、スピアフィッシングの書籍ってぜんぜんないのです。
絵もわかりやすいので、これは是非、書籍化をお願いします‼︎
[ 2017/09/15 20:42 ] [ 編集 ]

Re: ぷかぷか さん

スピアフィッシングは狩猟と同じぐらい面白いので
是非本を書きたい!書きたい・・・けど、企画が通らない~・・・
[ 2017/09/17 19:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する