内臓には要注意 『アオブダイのみぞれ揚げ』

<突き編はこちら>


DSC_6117.jpg

『アオブダイ』

磯やサンゴ礁帯に生息する代表的な魚種のブダイ、その中でも頭のコブと
大型ペンチのようなくちばしが特徴的なのがこのアオブダイです。
スピアーフィッシングでは警戒心もさほど高くなく、群れて泳ぐ習性もあることから
比較的簡単に突くことができます。

さらに、迫力ある大型魚なので、
突いた姿をインスタに乗っけると魚に詳しくないパンピーに
自慢できる
という、まさに初心者にはうってつけの獲物です。



http://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru4.jpgん?アオブダイなんか突いてきたのか。
スピアー初心者でもあるまいし、もっと美味しい
魚を突いた方が良かったのではないか?




「え、ええ・・・・ちょっとリハビリを兼ねて・・・
そ、それに、アオブダイって沖縄の
『イラブチャー』ですよね?
昔食べたとき、以外とオイシイ魚だったので。」



https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/2017100123102444d.jpgいや、「イラブチャー」はブダイの総称で
アオブダイ単体を指す言葉ではないぞ。
それに沖縄でよく食べられているブダイは
ゲンナー(ナンヨウブダイ)やアーガイ(ヒブダイ)だ。


「え?そうなんですか?
ブダイってそんなにたくさんいるんですか?」



https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru39.jpgああ、ブダイ科の魚は種類が多い。
しかも雄雌で色が大きく変わるので厄介だ。
例えば
アオブダイのメスは赤みがかった色をしており、
別種のアカブダイのオスはアオブダイに似た青色をしている。
ブダイの世界は専門家でも混乱するぐらい非常~に複雑なのだ。




「ううむ・・・ブダイの世界、おそるべし・・・。」



あの~・・・・
https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/201708220138048f0.jpg

 

RIMG086312345.jpg


うお!アオブダイ2匹かよ。
こりゃ今日はアオブダイ料理祭りだな。
https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/201710012315512e8.jpg


ところでそのアオブダイ、
目玉が飛び出しているけど、
頭にヤスが刺さったのかい?
https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/20171001231552147.jpg



いえ~、これは鮮度を保つために『神経〆』をやろうと思いまして、
脳みそをぐるぐるかき回してたら、こんな風になっちゃいました~
https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/20171001231531fdd.jpg


https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru39.jpgい、いや、神経〆は魚の脊柱を抜くのであって、
脳を取り出すわけではないぞ・・・?





yabadaba.jpg















RIMG0860.jpg
「いや~それにしても、大判のウロコが鎧みたいに生えていて、
剥ぎ落すのも一仕事ですね。」


https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru39.jpgブダイは皮に独特のクセがあるから、
気になるなら三枚におろしてからウロコを皮ごと引いてもいいぞ。
ウロコが巨大だから、身に着く心配もないしな。




「まぁ、
今回はそのクセも味わってみたいので、皮付きで処理しましょう。」





ウロコの次は腹を裂いて内臓を出しますね。
https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/20171001231531fdd.jpg




ちょっと待てよ・・・そういえばアオブダイって
内臓に超強力な毒をもってるんじゃなかったっけ?
https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/201708220138033f2.jpg



https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/2017100123102444d.jpgうむ、肝臓に含まれる『パリトキシン』だな。
パリトキシンは
フグ毒のテトロドトキシンよりも十数倍以上強い
いわれている毒だ。
しかも、軽い中毒なら後遺症が残らないテトロドトキシンに対して
パリトキシンは何日も酷い筋肉痛や呼吸困難で苦しむことになる。


ええ~ッ!!
そんな毒、超危ないじゃないか!!

https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/20171001231552147.jpg



https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/2017100123102444d.jpgまぁ、アオブダイの毒は地域性が強いから、このあたりであれば
肝臓を食べなければ大丈夫だろう。
ただ、パリトキシンは水溶性だから肝臓を傷つけないように
気を付けてくれ。




RIMG0871RR.jpg

 

https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru39.jpgまた料理する時は必ず三枚に下すように。
ブツ切りで料理すると、骨との隙間に内臓が残ってしまう
危険性がある。
まぁ、どちらにせよ気になるようなら食べない方が良いだろう。





「ではさっそく、皮に熱湯をかけたあとすぐに冷やして作った
松皮造りで食べてみましょう!」

IMG_61953.jpg


う~ん、身は水っぽさがあるけど、
なかなか旨味があるな。
https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/201710012315512e8.jpg



でもやっぱり、皮目に海藻っぽい変な臭いがあるね・・・
あまり食べなれてない風味だから、ちょっと気になるなぁ。
https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/20171001231552147.jpg


「赤身と白身の中間、『ロゼ身』の色合いから、
身の味はボラによく似ている感じですね。
皮目のクセは別に臭いわけじゃないけど、
海臭さと言うか・・・確かに気になる風味ではありますね。」


私が作ってみました、味噌汁はどうでしょう?
https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/20171001231531fdd.jpg

DSC_6244.jpg


おおっ!?これはなかなかイケるぞ!
https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/201708220138033f2.jpg


味噌の風味がアオブダイのクセを見事に打ち消している。
水っぽい身質も汁物にすると気にならない!」


DSC_62401


この、揚げたアオブダイを夏野菜と一緒に
中華風に炒めたのも、なかなか良いんじゃない?
もともと脂が乗っていないから、
油を使って濃いめの味付けが合うね!

https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/20171001231552147.jpg



https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/2017100123102444d.jpgよし、では
アオブダイを凄く美味しく食べられる料理

私からご紹介しよう。


IMG_5587RRRR.jpg


https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru39.jpgまず、三枚に下したアオブダイを適当にぶつ切りにする。
これを片栗粉の入った袋に入れて、まんべんなく衣をつける。




IMG_558912345.jpg


https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru39.jpgこれを高温の油でザっと揚げて、
お椀に素麺つゆと、たっぷりの大根おろし&小葱を入れたら、
『みぞれ揚げ』の完成だ!


DSC_6349d

うわぁ!美味しい!!
大根おろしの効果で、クセもあまり感じないですね。

https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/201708220138048f0.jpg


「中には淡泊なアオブダイの身!
それを纏う油を吸った衣!
そしてすべてを包み込む清涼な大根おろし!
腹に溜まる重さを感じさせない、
真夏にはピッタリの揚げ物料理だッ!!」


http://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru4.jpg刺身のツマに大根が使われるように、
魚と大根おろしは相性抜群だ!
中でもみぞれ揚げはどんな魚にでも美味しく食べられるぞ。





👉Next:ほうれん草で釣れたりする!?
👉オススメ:頭にコブができるこちらの魚はベラの仲間

[ 2017/10/02 03:20 ] ブダイ | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する