生き残る唯一の方法は、何もせず神に祈る



RIMG0914.jpg

(本日も透明度が高く視界良好。
・・・でもスピアーフィッシングでは少し濁りがある方が、
魚の警戒心も低くなっていいんだけどなぁ~。)




(・・・んっ!?)


aakkkk15.jpg  
(なんだあの魚の群れ・・・
高速でこっちに近づいてくる!!)



kkkk16.jpg

(青物!?結構大きいぞ!?)



kkkk17.jpg

(あわわわっ!?どれを撃つ!?どれを撃つ!?
ええい!適当に撃ってしまえッ!!)




kkkk18.jpg

kkkk19.jpg

(・・・・あ、あ~あ。
なんで手からヤスを離してるんだ、俺。)




かんぱち22








DD4.jpg

(やれやれ、気を取り直して行こう。
しかし今日はやけに魚影が薄いなぁ・・・・。
そういえば、こういう時は岩の隙間に隠れてることが多い


ちょっと潜って様子を見てみよう)


RIMG0917.jpg

(ううむ、海底にも何もいないようだが・・・・。





お・・・・・?今、石が少し動いたぞ!?)



あああ3
 

(いや、あれは石じゃない!魚だ!!
近づいても全く逃げる気配はない。

銛先が魚に付くぐらい近づけて~・・・・・


DD10.jpg

(楽々HIT!!)


あああ2  

(って、うわッ!
こいつ『ハリセンボン』じゃないか!!
どうりでまったく逃げないわけだ。

まぁ、このままだと銛先から外せないから、
とりあえず陸地に上がってから処理しよう。)



terterte44566.jpg


(・・・・・ん!?


zusosososo1.jpg

え?体が・・・・海底に引きずりこまれるッ!?


terterte4456678.jpg

う¨ッ!!や、やばいッ!
いつの間にか俺の後ろに縦渦が巻いてるっ!!
やバッ!これはマジで死ぬッ!!)











http://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru4.jpgここで、溺死の危険が最も高い自然現象、
水の底に引きずり込む悪魔の手、
縦渦(リサーキュレーション)について解説しよう。



https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/2017100123102444d.jpg縦渦は水面の緩やかな流れが急に速くなった時に
障害物にぶつかると発生する流体現象だ。
一番イメージしやすいのが『滝壺』だが、
海においては、狭まりのある磯に向けて急激な流れが入った時
に発生しやすいといわれている。


seeeee.jpg


http://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru4.jpg縦渦の恐ろしさは海底に向かう潮流だけではない。
潮流が障害物にぶつかって発生する白い泡(ホワイトウォーター)は、
大量の空気を含んでいるので渦の中で体は浮ばない
さらに、渦に揉まれて三半規管を激しく揺さぶられた状態で、
真っ白な泡により視界が奪われると・・・


真っ白だ2221


https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/2017100123102444d.jpg水中で浮力と平衡感覚を失うと、もはやどっちが水上かわからなく
なってしまう。

自分では浮上しようともがいても、実際は海中深く潜っている・・・
なんていうこともありえるのだ。


https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru39.jpg・・・では、
万が一、縦渦に巻き込まれた時はどうするか?
助かる方法はただ一つ。





真っ白だ2202


http://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru4.jpgこれはオカルト的な話ではないぞ。
渦には必ず吐き出す流れがある。
よって、渦から抜け出すには、その流れに乗るように
じっとしているしか方法はない。
もちろん、運悪くいつまでも抜け出せないかもしれないが、

もがいて酸素を消費するよりも生存率ははるかに高くなる。


https://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/d/kodokunogibier/arieru39.jpgスピアーフィッシングに限らず、アウトドアをする人が絶対に
心得ておかないといけないのは、
『自然の摂理には逆らわないこと。』だ。
どんな生物も自然の持つ力に対抗することは絶対にできない。
特に人間は水中では無力な存在だということを十分理解して
おくように。

















terterte445667.jpg

「ガ・アハ・ゲホ・ゲホ・がぅ・ぐ・あ、ふは、は、は、
ほ、はっはっはっ・・・

RIMG0763.jpg

「はぁ、はぁ・・・な、なんとか助かった・・・。
かなり浅かったこともあり、渦に飲み込まれていたのは、
おそらく3秒ぐらい・・・・でも、恐ろしく長く感じた・・。

もう1秒浮上が遅ければ、
気を失って溺死してただろう
。」


👉Next:チクチク、ひょろひょろ、果たしてその味は?
👉オススメ:海の夜、魔物が潜む



海怖いね。

恐ろしき海の体験お疲れ様です。
ちょこちょこと、ブログの方を見させてもらっています。
そろそろ猟期が始まりますね。
自分も猟をやらしてもらっていますので狩猟回の内容はとても勉強になります。
今年もお互いに怪我無く頑張って獲物をとりましょう!
[ 2017/10/27 21:14 ] [ 編集 ]

Re: jagw さん

はじめまして!
海は怖いですよね・・・しかし、山も恐ろしいですよねw
去年、友人が滑落して足に枝がぶっ刺さってました。
自然の中は恐ろしい・・・お互い気を付けて今年の狩猟を
楽しみましょう~!
[ 2017/10/29 20:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する