カワハギとキスのマース煮(塩煮)

CIMG0794_convert_20111003094334.jpg

キスは天ぷらが一番ですが、2匹のために油料理をするのは億劫です。
煮料理にしたことはありませんが、ここはカワハギと一緒にマース煮にして賞味しましょう。



キスは内臓と鱗を取り、
カワハギはくちばし、ヒレ、内臓と角を取って皮を剥ぎます。

カワハギは貝類を食べることが多いので、内臓はかなり臭います。
釣れたら肛門部をはさみで切り、内臓を引き出してしまいましょう。肝は残ります。

肝は水でざっと洗いましょう。
柔らかいので流水は避けたほうがいいでしょう。



CIMG0802_convert_20111003085942.jpg

たて塩をして20分ほど寝かせ、水、酒大匙1杯で煮ていきます。
砂糖は入れませんが、たまねぎやネギといった野菜を一緒に煮ることで、
野菜の甘みが溶け出します。
醤油をちょこっと加え、野菜に火が通れば完成!




<いただきます!>
CIMG0807_convert_20111003094417.jpg
簡単シンプル!美味しそう~

まずはキスから・・・・・














う~ん!おいしい!

身の繊維質がきめ細かく、舌の上でサラサラと広がります。
骨が細いため少々歩留まりがわるいですが、天ぷらにはないしっとりとした味わいは格別です!



さて、カワハギちゃんは・・・・・














うっほほ!

文句なしのうまさですね!

カワハギの身はそれほど旨みがないのですが、
味を受け入れるキャパシティーが広いです。
つまり、どんな味付けにも合う万能キャラ。


いや、どちらかというと


「おれ・・・・かわはぎ・・・・・ここ肉・・・・ここ骨・・・・・」
「おれ・・・・あじつけの・・・・めいれい・・・・したがう。」

みたいなパワー型の単純なお馬鹿キャラといった感じでしょうか?
img78d113722zikezj.jpeg



しかし、身に旨みが少ない分肝にはとろけるような旨みがあふれています!
そして、肝と一緒に煮た野菜!
うまうま!うま塩煮ーーー!!

<ごちそうさまでした!>


にほんブログ村 釣りブログ 釣魚料理へ



スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kodokunogibier.blog.fc2.com/tb.php/49-009fedd1