ウミタナゴの塩焼き+メバル、カサゴ、カワハギのホイル酒蒸し

CIMG0888_convert_20111010192206.jpg

帰宅しインターネットで調べてみると、やはりクラムボン(仮名)はウミタナゴによく似ています。


CIMG0892_convert_20111010192411.jpg
腹を割いてみたところ、腹骨が細かいですね。
ちょっと黒味が増したウミタナゴ(マタナゴ)ということで確定でしょう!

いや~・・・本物のクラムボンじゃなくてよかったよかった!





ウミタナゴは遠い昔(去年)、まだ私が釣りを始めて間もない頃に出会った思い出深い魚です。
そして、なれない包丁で生ゴミにしてしまった辛い思い出の魚でもあります。
今回は塩焼きにして賞味することにします。


CIMG0901_convert_20111010192516.jpg
次に、カワハギ、メバル、カサゴを下処理し、塩を擦りこみ15分ほど寝かせます。
よく水気を拭いたら、アルミホイルに包み料理酒をふりかけ蒸し焼きにします。


簡単なホイル焼きですが、
しばらく火にかけていると、酷いにおいがしてきました・・・
















な、なんて酷い!
酷すぎる!!















こんな旨そうな匂いは酷すぎる!!


今まで嗅いだことがある匂いの中でも、群を抜いて旨そうなかほりだ!








<いただきます!>

CIMG0897_convert_20111010195430.jpg

まずはウミタナゴの塩焼きから・・・・











ん・・・・!











非常にふっくらとしていますね!
しっとりとした身には、確かな旨さがあります。
割と磯臭いのが欠点ですが、から揚げなんかを試してみたいところです。




CIMG0909_convert_20111010192609.jpg
さて、メインディッシュ!
素敵な香りにうつつを抜かしていたため、汁気が飛んで少々焦げてしまいました・・・

まぁ、それでも焦げの香りが加わり、さらに凶悪に旨そうな匂いを発しています!
まずは、カサゴを・・・・
























ほぉ!


















旨さが抜けてる・・・・


火にかけすぎたかぁ~!
身の汁気と共に旨みが抜けてしまった感があります・・・
しまったなぁ・・・こいつの旨み、どこにいっちゃったの~??

メバルを一口。











うん。
こいつは旨みを保持してる。
メジナに非常に近い食感でふっくらとしています。
臭みが無いため、やはり煮付けに向く味ですね!

う~ん・・・でもカサゴの味わいではないなぁ・・・
カワハギを一口・・・・





















お、おまえか!!
カサゴさんの旨みを吸っちゃったのは!!
カサゴの旨み、料理酒の旨み、一緒に煮た肝の旨みを全部吸い込んで、
超濃厚クリーミーな身に、複雑なハーモニーが出来上がっちゃってる!!

セルか!お前は!
吸収して強くなりすぎだろ!!



う~む・・・!
今回はテーマとしてカサゴを取り上げたかったのに・・・・

完全にカサゴが人造人間17号の立ち位置だ・・・





しかたがない・・・





<カワハギ、お前がNO1だ!>



にほんブログ村 釣りブログ 釣魚料理へ
ブログランキングに参加しています。上のバナーをワンクリックいただければ幸いです!


スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kodokunogibier.blog.fc2.com/tb.php/54-e40f0d96