真鯛とフエフキダイのポアレ・ラタトゥイユもどき沿え

CIMG0980_convert_20111015191510.jpg

天ぷらがイマイチだったフエフキダイ。

油をよく吸うってことは、いい油を使えばそれなりにいけるのではないかと思います。
小鯛も使いたいので、ここはポアレにして賞味してみましょう。






CIMG0982_convert_20111015191540.jpg


まずはにんにく1欠片をつぶして、オリーブオイルに浸してじっくりと温めていきます。
焦がさないように、ゆっくり時間をかけてオリーブオイルに香りを移していきましょう。
今回はエキストラヴァージンオイルを用いています。


フエフキダイと小鯛のフィレは、血合い骨を抜いておきます。
地味な作業ですが、念入りに行いましょう。
下味に塩、白胡椒とタイムを加えて皮目から焼き上げましょう。

CIMG0984_convert_20111015191632.jpg

付け合せにラタトゥイユを作ります。
ナス、ズッキーニ、赤ピーマン、ローリエなどのハーブを、トマトベースで煮込む料理ですが、
今回は冷蔵庫に余っていた
玉ねぎと赤ピーマン
そしてシメジ無塩トマトジュースで煮込んでいます。

もどきもいいとこですね。
ベーコンを加えないので、バターを一欠け入れました。
まろやかさが出て、なかなかいい感じです!




<いただきます!>
CIMG0988_convert_20111015191813.jpg

魚を焼いたオリーブオイルにレモン汁と塩を一つまみ入れたら、立派なレモンソースになります。
ラタトゥイユにはバジルがあれば、もうちょっと見栄えがよくなるかもしれませんね・・・



まぁ、ともかく・・・
まずは鯛のポアレを・・・



うん!美味しい!








では、フエフキダイは・・・・




うん!これも美味しい!






ラタトゥイユは・・・



うん!これもまた美味しい!!













・・・・え?
さっきから美味しいとしか言ってないって・・・?





















・・・・・・




















201101251asdff.png
(典型的な日本人舌が)
(普通のオリーブオイルと、エキストラヴァージンオイルの違いなんかわからないぃ!!)
(味噌か醤油の味しか基準がないぞ!!)
(普通はワインの話なんかするのか?魚に合うのは何ワインだっけ??)
(日がな安いポン酒か、ラム酒ばっかり飲んでいるんで、ワインなんか飲んだことほとんどないぞ!)
(あ!確か白ワインだ!)
(白ワインの・・・名前は・・・・・・)
(あ!「シャトーマルゴー」って名前聞いたことがあるし有名だから、それでいいや!)












え~・・・・
真鯛のポアレは言わずもがな、
白身の中では最も旨みが強い真鯛は、味付けに関わらずどんな料理法でも美味しいです!
小さくても、真鯛は真鯛。刺身には向きませんが、油を使った料理にも答えてくれます。

フエフキダイの身はしっとりとして柔らかく、真鯛とは全く違う旨みがあります。
身はやはり油を吸いやすく、オリーブオイルの香りが身にいっぱい含まれ、
非常に香り高く上品な味になっています!

そうですねぇ・・・・



この味なら、
私もよく飲んでいるシャトーマルゴー(白)に、よく合うと思います。

























あsdふぁsdふぁsf題

<ご馳走様でした!>



にほんブログ村 釣りブログ 釣魚料理へ
ブログランキングに参加しています。上のバナーをワンクリックいただければ幸いです!



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kodokunogibier.blog.fc2.com/tb.php/57-dd834381