ハゼの刺身

CIMG0322_convert_20120206204438.jpg
うわ!でっかいな!君は!

2ヶ月ほど海水に漬けて忘れていた人工物臭を取り除いていたカゴ罠を引き上げると入っていたハゼ。
23cm・・・・こんなサイズを見たのは初めてです。




ブログランキング・にほんブログ村へ





本日は気温こそ高くは無いものの、風も波も穏やかな釣り日和です。
(これは若松運河へチヌリベンジだな・・・・)
・・・と思っていたのですが、今日は大潮。

大潮の運河は流れが速すぎて、撒き餌がすぐに流されてしまいます。
さんざん、大潮の運河で痛い目に合っているので行く決心がつきません・・・



速く流れる潮でも
うつべしうつべし
とは、ポイ太郎師のお言葉。
う~ん・・・潮を見るってのは、思った以上に難しいんですよねぇ・・・
そろそろ初心者釣り師から脱却するような技術習得しないとなぁ・・・


なんやかんや考えていると午後を周っており、結局この日は冒頭のカゴ罠回収だけと相成りました。











CIMG0329_convert_20120206204615.jpg
ん~・・・・・ん??



なんだか君。頭でかすぎじゃないか??
あ・・・・、頭がでかいんじゃなくて、痩せてるのか・・・・




しまったなぁ・・・・長く籠の中に閉じ込めちゃってたのか・・・・
餌がないから、なにも入らないと思ってたよ・・・ごめんね・・・・。




しかし、このサイズなら、念願のハゼの刺身にできそうです。
CIMG0330_convert_20120206204654.jpg
三枚におろしてみましたが・・・・・やはり取れる身が少ないですね。





<いただきます!>
CIMG0334_convert_20120206204720.jpg
血合い骨を抜こうと試みましたが、案外硬くて抜けず。
皮も引いたら可食部が少ないので付けたままです。

とりあえず、いただきます!











ん~・・・・










皮はコリコリ。身はくにゃくにゃっと柔らかいですね。
身には臭みは無く、メジナの刺身よりも肉質が柔らかで甘みがあります。


ハゼは釣り上げたときに独特の「ハゼ臭」があるのですが、皮にはその臭いがありません。
おそらく表面の粘膜が臭うのでしょうね。
荒塩でよくもみ洗いをしたのが良かったのだと思います。


ただ・・・・・これは歩留まりが悪すぎですね・・・。
マゴチのようなハゼが釣れれば刺身もいいかと思いますが、20cm越えといえど扁平魚は・・・。

せごし!・・・・・・・う~ん・・・・・
太っていたらまた違う感想かも・・・・う~ん・・・・・・
やっぱり天ぷらが一番・・・・・・・う~ん・・・・・



<ご馳走様でした!>

スポンサーサイト
[ 2012/02/06 21:25 ] 釣魚料理メニュー マハゼ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kodokunogibier.blog.fc2.com/tb.php/86-250dd55f