第五回:3年目誕生日の2ヶ月前から1ヶ月前の間だよ

  
                                                            \ 第五回!はじまるよ~/
始まるよ1









第五回は、銃所持許可の更新について説明するぞ。
さて、いきなりだが問題だ!
取消し等無い場合、猟銃を所持することができる期間は、
所持許可証が満期になる3年間である。○か×か。









ふふ~ん!
そんな簡単なことはすでに勉強済みですよ!
答えはもちろん○!!

  







ふふふ・・・・さては、教科書をよく読みこんでないな!?
初心者の陥りやすいミスだな!不正解!!








あれれ!?
教科書には3回目の誕生日まで有効って書いてあるじゃないですか!?

  





更新期間3




上の図に更新についてまとめたから、もう一度おさらいだ。
この図は5月21日が誕生日の者が、3月21日に所持許可を得た時の例だ。

 






所持許可の有効期限は、3回目の誕生日までだから3年間であってるじゃないですか・・・?

  







確かに3回目の誕生日までが有効期限である・・・
しかしこの人の場合は、所持許可を受けた3月21日から1回目の誕生日5月21日までは、2ヶ月しかない。
つまり、2年2ヶ月間が所持許可の有効期限になる。

 







あ~。
誕生日前日に銃所持許可を受ければ、最短2年1日間が有効期限であり、
誕生日に銃所持許可を受ければ、最長3年間が有効期限になるわけですね?
だから、問題が「有効期限は最大3年間」でなければ○じゃないんですね。

  






試験でも出やすい問題だからな。よく理解しておいてくれ。
さて、所持許可の有効期限がわかったところで、更新期間について説明するぞ。

 







上の図で示しているように、3回目の誕生日の2ヶ月から1ヶ月前が更新期間になるんですね?

  






その通りだ・・・・・が。
更新期間の1年前までにやっておかなければならないことが2つある。
1つ目が猟銃等講習会の修了証明書を所得しておくこと。
2つ目が技能講習修了証明書を所得しておくことだ。

 








えーー!?
猟銃等講習会って、初めて銃を取るときに受けるものでしょ!?

  





銃の更新


いや。それは猟銃等講習会の初心者講習だ。
この時参加しなければならないのは、猟銃等講習会の経験者講習と呼ばれるものだ。
また、経験者講習は筆記テストが無いので安心してくれ。


 






車の免許で考えてみると、更新のために実車試験が要求されているようなものですね!
・・・・・って、あれ?
猟銃等講習会って、どの県でも1ヶ月に一度しかありませんよね!?
技能講習も含めて、更新期間が1ヶ月しかないのは時間が足り無すぎでは!?

  






だから更新期間の事前に経験者講習と、技能講習を受けておかなければならない。
更新期間になって「あ!まだ受けに行ってない!」となると、ほぼ100%間に合わない。
これで銃所持許可を失効する人は、非常~に多い!!要注意だ!










待ってください!!
図の中に特例期間ってあるじゃないですか!
それでどうにかならないんですか?

  





特例期間122





特例期間というのはやむをえない理由により更新期限に申請ができなかった場合に利用できる。
具体的なやむをえない理由とは、
 ①海外旅行、海外出張をしていたため。
 ②地震、積雪、洪水等により交通機関が麻痺していたため。
 ③病気、または負傷していたため。
 ④法令の規制で拘束されていたため。
 ⑤その他社会の慣習・業務の遂行上、緊急の用務が生じたため。

とされている。








上の図でみると、このような事情の場合にのみ3回目の誕生日の1ヶ月から前日までは更新ができるんですね?

  






うむ。
また、やむをえない理由が特例期間を過ぎた場合、その理由が終わって1ヶ月以内なら
銃の取直し申請が可能だ。
取直し申請は、再所得に必要な教習射撃修了証明書が免除され、引き続き当該の銃を所持することができる。










ふ~ん・・・あら?
更新に必要なのは経験者講習と技能講習の修了証明書・・・
再所得に必要なのは教習射撃の修了証明書・・・
再所得にしたほうが楽じゃないですか?

  






当然、再所得にも有効な講習会修了証明書が必要だ。
新規になるので、更新や取直しよりもお金と時間がずっとかかるぞ。
また、ライフル銃を所持するためには散弾銃を10年間所持していなければならないのだが、
一度でも欠格すると、銃所持年数がリセットされるので、ライフル銃を持つことが難しくなる。








ライフル銃所持には、最短でも10年かかるんですか!?

  







そうだな。
所持できる銃に関しては、いろいろと決まりごとがある。
よって次回は、所持のできる銃について解説しよう。








は~い!
お疲れ様でした~

  



                          ・
                          ・
                          ・




思っていた以上に狂気を感じるな。
甘味屋のおっさんがゲシュタルト崩壊を起こしてきたぞ。








初めから止めとけよ。

  




~つづく~

スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kodokunogibier.blog.fc2.com/tb.php/94-e56268f5