ダイアナ ダイアナM54



ブログランキング・にほんブログ村へ
旧年あけましておめでとうございます(ギリギリ松の内)。
ワンクリック頂けますとうれしいです!
[ 2017/01/14 01:26 ] ハンティング エアライフル | TB(-) | CM(0)

マガモ



ブログランキング・にほんブログ村へ
それではみなさま良いお年を。
ワンクリック頂けますとうれしいです!
[ 2016/12/26 00:00 ] ジビエ料理メニュー マガモ | TB(-) | CM(4)

”マ”はダテじゃない!『マガモのつみれ汁』

<狩猟編はこちら>

1DSC_0048.jpg
数あるカモ類の中でも、とりわけ味が良いことから鴨の王とも呼ばれるマガモ
もちろん食味だけではなく、きらめく青いストライプの翼鏡や黄褐色に縁取られた羽毛など、
その美しい姿も大きな魅力です。


2DSC_0057.jpg

もし、ハンターが肉を食べるためだけに動物を仕留めるのであれば
マガモの肉と家禽であるアヒルの肉には大差はないでしょう。
しかしその獲物の美しさを思い出しながらその味を楽しむことは、
ただの食事ではない、芸術的な輝きを持つ楽しみだと僕は思っています。





4DSC_0079.jpg
「そんな考え理解できない!」
と、よく反論を受けますが・・・・
まぁ、芸術というのは万人に理解されるものではありませんしね。



[ 2016/12/19 01:19 ] ジビエ料理メニュー マガモ | TB(-) | CM(2)

鴨は風上に向かって飛ぶ


11月15日


DSC_0009.jpg

高い山脈と広い海岸線を保有する高知県。
一見、池など無さそうな土地柄ですが、農業用の池があちこちに掘られており、
鴨場を探すのは意外と苦労しません。





DSC_0013.jpg

「高知に来てから初めての鴨撃ち。
でも、まだ温かいからなのか鴨の姿が見えないなぁ・・・。

・・・おや?




DSC_0038.jpg

(あの姿は・・・・カルガモ?
いや・・・・マガモの♀だな。)



かるがもさんまがも








マエソ



ブログランキング・にほんブログ村へ
"worst"な魚なんていません。
ワンクリック頂けますとうれしいです!
[ 2016/12/05 00:00 ] 釣魚料理メニュー マエソ | TB(-) | CM(0)

ミスター鯵っ子 『アジフライ』

<釣り編はこちら>

RIMG0378.jpg

マアジ
6年前、何の気なしに始めた釣りで、初めて釣ったのがこの魚。
不慣れな包丁で作った刺身は骨が残り、身はグチャグチャで
とても「美味しい」とは言えない出来栄えでしたが、生まれて初めて
自分の手で動物を殺して『食』を得た
ことの感動は、
今でも忘れずに覚えています。




RIMG0380.jpg

そもそも、このブログを立ち上げたのも、
獲物との数奇な出会いと食の楽しみ
を多くの方に知っていただきたいと思ったため。

タイトルである『孤独のジビエ』も、
偶然立ち寄るお店で出会う食の感動を淡々と物語る
かの名作漫画『孤独のグルメ』にあやかって付けたものでした。



ここ最近xxxxは
それが、ンマァーどうしたことでしょうか?
今のこのブログは騒々しい挿絵に、大げさな食味レビュー。
これではとても
『孤独のグルメ』のオマージュとは言えません!





DSC_2311.jpg

と、言うわけで。
今回は初心に帰るべく、ご紹介する料理はごく普通の『アジフライ』
あらかじめ言っておきますが、今回は派手な描写や展開は一切ありません。





[ 2016/11/28 00:00 ] 釣魚料理メニュー マアジ | TB(-) | CM(4)

週間少年 『マエソのさつまあげ』

<釣り編はこちら>

RIMG0360.jpg
鯛ラバなどの船釣りでは定番の外道マエソ
その悪党面ゆえか釣り上げても持ち帰る人は少なく、
「えそ」という言葉も、古語で「醜悪な」という意味を持っていたほど
の嫌われっぷりです。



RIMG0344.jpg
でかい口を開いて獲物に襲いかかる姿は海のギャング
こいつを見る度に思うのですが、
こんな顔の悪役キャラってマンガにいますよね~。

掲載誌は・・・
間違いなく『少年チャンピオン』でしょう。



まえそうい




[ 2016/11/21 00:00 ] 釣魚料理メニュー マエソ | TB(-) | CM(4)

シロサバフグ



ブログランキング・にほんブログ村へ
『しらす』の回収は過敏すぎだと思います・・・
ワンクリック頂けますとうれしいです!
[ 2016/11/14 00:00 ] 釣魚料理メニュー シロサバフグ | TB(-) | CM(0)

火加減は40℃ 『シロサバフグのコンフィ』


<釣り編はこちら>


RIMG0355.jpg

シロサバフグ
光を当てると「ピィン」っと光沢を放つシロサバフグ。
福岡・山口県では「キンフグ」と呼ばれますが、
徳島・高知県では「ギンフグ」と呼ばれます。
この色彩を『金』と見るか『銀』と見るかは、ひとそれぞれ
なのでしょう。


ちなみに、「フグの調理は免許が必要じゃないの?」
と思われる方もいるかと思いますが、
フグ調理師の免許は『販売を目的とした調理』に必要な資格であって、
自宅調理は自由です。

ただし、キノコ狩りには毒キノコを選別する知識が必要なように、
フグの調理にも毒の部位を判別する知識が必要です。



[ 2016/11/07 00:00 ] 釣魚料理メニュー シロサバフグ | TB(-) | CM(4)

アジモンGO!


(2015年11月某日)

IMG_2090.jpg

日に日に秋の深まりを感じる今日このごろ、
磯釣りによし、波止場によしの季節ですが、
仕留めたいのははやり土佐のビッグゲーム


というわけで・・・・





IMG_2091.jpg
アジモン』、ゲットだぜ!



[ 2016/10/31 00:00 ] フィッシング 泳がせ釣り | TB(-) | CM(2)